元会員ら、私たち元会員の総意としてブログをアップするサル


ワールドメイトのプロ市民アンチである、雌鳥ブラスバンド(通称:サル)氏は、「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」というブログに、ウソばかりを書いて発信を続けてます。

病気が完治したのに、「病魔に負けた」と書いたり、「震度10の地震が来るとお告げをした」などと言ってもないことを言ったことにしてウソを書き続けているのです。

ところで、サル氏は、一人でブログを書いてるわけではなく、「元会員ら」集団がかかわっています。

(サルでもわかるブログより引用)

2012/05/12 – しかしこれらの祈願は、ワールドメイト元会員らの間で「逆証」と呼ばれる現象を発生させます。

2013/10/02- このメルマガがリンクされるや否や、元会員らに衝撃が走りました。

2013/10/11 – 私たち元会員はもしも「どうして・・・」

サル氏は、元会員らの間で常に連絡をとりあっており、ニューライスブログのコメント欄にメルマガがリンクされるや否や、元会員らで衝撃を感じたそうです。そして、元会員らの総意として「どうして・・・」などとブログに書いたのです。

「メルマガがリンクされるや否や、元会員らに衝撃」を実現させるには、以下の方法があると考えられます。

・元会員らが集まっている個室で、ブログを監視しており、コメント欄の書き込みを見つけたとたん、「見てみて」と促し、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、その場で、「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログに更新する

・誰か、一人がブログを監視しており、メルマガがリンクされるや否や、電話もしくはメールで「見て」と促し、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、電話もしくはメールで「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログを更新する

・スパイ会員としてワールドメイトに入会してる人物が、メルマガリンクをコメント欄に書いたことを、仲間に、電話もしくはメールで知らせ、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、電話もしくはメールで「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログを更新する

いずれにせよ、真っ昼間にたいして目立ってもないブログのコメント欄に、メルマガのリンクが貼り付けられるや否や驚くためには、誰かが監視役として張り付き監視をするか、コメント欄に書き込んだ本人から連絡をもらうしか方法はないでしょう。

そして、その結果、「私たち元会員は」と書くには、複数の元会員の間で、「どうして・・・」などと集団で意見交換をする必要があります。

真っ昼間から、電話やメールなどで、「メルマガ見た?」といちいち意見交換をしたり、プロアンチの事務所で「メルマガ見た?」などとわいわい話し合ってるのです。

サル氏は、ウソばかり書くことで有名ですが、それは、サル氏単独の行動ではなく、元会員「ら」によるものであり「私たち元会員」の総意としてブログを更新してるのです。

ワールドメイトのプロアンチ活動を行う人間は、3人とかほんの数名ですが、秘密裏に連絡を取り合ったり、事務所でともにプロアンチ活動を行ってるのですね。

だから、世の中に数多く存在する危険な宗教団体のことには、一切、触れずに、ワールドメイトのことばかり、最近では、既に完治した他人の痔のことばかりブログにアップするのです。

それにしても、ワールドメイトは批判するところもないからといって、既に完治した他人の痔の話題で、5つも6つも7つもブログを更新するなんて、非常に悪趣味だとしかいいようがありません。

どこぞの宗教団体の教祖などは、入院してるそうですが、そっちのほうがもっと深刻な話題ではないでしょうか。しかし、どこぞの宗教団体の話題はタブーなようですね。資金源であるスポンサーの機嫌を損なうことなど、出来ませんものね。(ニッコリ)

【敗北確定】ワールドメイト元・会員のブログ【違法】


「ワールドメイト元・会員のブログ」という、数々の違法性が指摘されてるブログがあります。

多方面から、批難が相次ぎ、問題視されていましたが、最近は更新することも出来なくなったようです。

この、「ワールドメイト元・会員のブログ」は

開設当初から、ワールドメイトのことを批判する度に、

批判してる内容が滑稽であると看破されることが相次ぎ、

そのたびに、管理人である、(自称)元・会員はやる気をなくして弱気になる

・・・ということを繰り返してました。

最近では、ワールドメイトのことを批判出来なくなったために

なんの罪もない、ワールドメイト会員200人のTwitterや数十人のFacebookを監視し、

ネットストーカーを続けていたようです。

ワールドメイト会員200人のTwitterを読んで、馬鹿にして、あざけ笑うことにより

自己のアイデンティティーを確立し、なんとか、ほそぼそと活動を続けてたようですが

さすがに、もう、自分が違法行為を重ねていたことを実感し始めたのだろうと思います。

これまで、多数の嘘記事を配信し、その後、都合が悪い記事を削除するなど

不安定な精神状態を思わせる不思議な行為を続けていましたが、

もう、批判するネタも見つからなくなったようですね。

「ワールドメイト元・会員のブログ」を読んで、ワールドメイトを退会する人など

聞いたこともないし、一人もいないとは思います。

会員が読んだら、嘘だとすぐにわかりますからね。

もう、嘘がばれて、違法性も指摘されてるのだから、さっさと撤退したほうが身のためでしょう。

そういえば、ニュースで、FC2ブログでも、開示命令に基づき、情報が開示されることが明らかとなったようですね。

違法行為を続けていれば、いずれ、取り返しのつかないことになるのではないでしょうか?

そうなってからでは、あなたのスポンサーである某団体も、(自称)元・会員を守ることはできないだろうと思います。

ワールドメイトや多数団体を、嘘に基づき批判していながら、某学会だけは批判しない姿勢はぶれることはありませんが、

なにかあってからでは、もう無駄だとしかいいようがないですね。

【違法ブログ】ワールドメイト元・会員のブログ【要注意】


ワールドメイト元・会員のブログというブログにて、いつもの通り、違法行為が行われているようです。

どうやら、キャノングローバル戦略研究所のホームページの画像を、勝手に貼り付けるという権利侵害行為を行っているようなのです。

ワールドメイト元・会員のブログが、著作者の許諾なしに、勝手に貼り付けているに違いありません。

キャノングローバル戦略研究所が、こんな、暴言だらけの品のないブログの作者に、許諾など出すはずもありませんからね。

しかも、ネットから削除した後に、勝手に貼り付けているのは、まさしく確信犯です。

もともと掲載していた内容に、間違いがあることは、ワールドメイト会員なら誰でもわかることですが、やっと、キャノングローバル戦略研究所側のほうでも、それに気づいたから、削除したのでしょうね。

それなのに、勝手に他人の著作物を貼り付けて、揶揄するとは、どういう神経の持ち主なのでしょうか?

こんなに、他人の権利を無断で踏みにじる行為を続けるのは、いったい、なぜでしょうか?

本人の性格の問題(他人の権利を侵害することを、なんとも思わない)である可能性も高いですが、だとしたら、すぐに、自らの過ちを知って、行動を変えるべきです。

ワールドメイト元・会員のブログの違法行為によって、キャノングローバル戦略研究所はじめ、多くの人々や組織が、権利を侵害されています。それは、人間として、許されない行為なのではないでしょうか。

ただし、そうはいってもやめられない事情もあるのかもしれません。

ワールドメイト元・会員のブログの、管理人「元・会員」は、ブログに関わることによって、お金をもらっているプロアンチである可能性も濃厚なのです。

生活のためには、違法行為をするしかない、ということなのかもしれません。

しかし、違法行為をしないで、一生懸命働いて生きていくのが、人間としてあるべき姿です。

もし、違法行為をしてしまっでも、それ相応の保障があると思って安心しているのかもしれませんが、そんな人間として惨めな生き方を選択するのは、いかがなものでしょうか?

(自称)元・会員は、ただちに、違法行為を停止し、全ての違法記事(つまり、ブログの前記事)を削除するべきです。

ワールドメイト(自称)元・会員は公明以外を蹴落とすはず


「ワールドメイト元・会員のブログ」という、自称元・会員(旧名:馬=ゆきちゃん)と名乗る人物が書いてる、中傷ブログでは、選挙が近づくと、なにやらおかしな動きを始めるようです。

前回の選挙の際、自民党、民主党、新党大地、国民新党、その他ほとんどの政党に所属する政治家を、罵倒する書き込みをしていました。

しかし、公明党を罵倒する書き込みだけは、いつも、一つもないのです。

最近も、政治家を蹴落とす意図としか思えない罵倒を繰り広げているようですが、やはり、公明党の政治家だけは、外されています。

ワールドメイトに政治家が来たことはありませんし、ワールドメイトの顧問には政治家はいないはずです。

深見東州(半田晴久)と交流のある政治家さんは、何人もいらっしゃるようですが、それは、当然のことです。

深見東州先生は、菱法律経済政治研究所で、法律や経済や政治について、研究するというライフワークもされているわけです。

最近では、テレビなどの討論番組でも、国際政治、国際経済などについて発言を求められる場も増えていますよね。

深見東州先生は、在福岡カンボジア王国特別領事であり、国際交流の柱ともいえる人物です。

ですから、日本の名だたる方とさまざまな交流をもたれる機会も、数多くあって当たり前だと思います。

「ワールドメイト元・会員ブログ」では、深見東州先生と交流のある政治家の方が、あたかも、なにかワールドメイトと関連があるようなことを匂わせ、必至で無理矢理の中傷を書き、政治家や政党とイメージダウンをはかろうとしています。

しかし、そんなことは無駄ですし、どうせ、書くのなら、公明党と「(自称)元・会員」さんと懇意のあの学会さんのつながりについて書いたほうが、世間の人の注目を浴びることでしょう。

深見東州先生と交流のある政治家の方は、それこそ、幅広い政党に所属しています。

ワールドメイトは、どの政治家の人の選挙運動も一切したこともありませんし、選挙よりも、お祀りが優先です。

神祭りをもはらとする、神道のまじめで善良なグループなのです。

ワールドメイトと政治家さんのつながりなるものは、最初からとくにないので、どこをどう探しても、なにも出てこないでしょう。

それにしても、「元・会員」さんは、長いこと、ワールドメイトと、ワールドメイト会員を中傷するためだけに、ブログを書いてるようですが、一度も、公明党やなんとか学会だけは、中傷しないのは、なぜなのでしょうか?

それどころか、なんとか学会の池田なんとか氏の肩書きを絶賛する発言まで、過去にしています。

あらゆる宗教は悪であり、邪教であるようなことを書いていながら、一方で、池田なんとか氏の偉業を絶賛する書きぶり・・・。

また、あらゆる政党の政治家をくそみそにけなしているかと思いきや、一方で、公明党だけは決して中傷しないというアンバランスさ・・・。

あらゆる宗教や政治家について論じたいのであれば、日本で最大の宗教団体であるなんとか学会の記事を、多数書くくらいで、バランス的にもちょうといいと思いますが、なぜ、それが、できないのでしょうか?

なんとか学会や公明党の政治家について、一つも、記事を書かないのは、それが出来ない事情があるからに違いありません。きっと、非常に、都 合 が 悪 い のでしょうね。

選挙が近づくにつれ、きっと、公明党以外の政党や政治家を蹴落としにかかるはずです。それがいつものパターンですから。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」が、サイゾーの内部情報に精通、裁判傍聴を暴露。


ワールドメイト元・会員ブログの自称元・会員コトゆきちゃんコト馬さんは、雑誌「サイゾー」の内部情報に精通しており、裁判を傍聴していたと暴露をされています。馬さんは「ワールドメイト救済ネット」「創価学会」の内部情報に精通していることもわかってきております。ひょっとして、「サイゾー」「ワールドメイト救済ネット」には、なんらかのからくりがあるのでしょうか。

(馬さんの嘘コメント)

最高幹部25人組に(嫁を含めて)何人もいる姓であり、辞めた幹部にも宮崎姓はいて(WMを辞めて天敵のサイゾー誌に駆け込んでw、過去に霊的な 問題が解決したことはないwと言ったあの人です)、末端会員さんもご存知の宮崎俊彦夫妻もいます。とにかく上部は宮崎姓だらけで裁判中に被告さんが混乱し たくらいです。

  1. 2010/06/16(水) 23:40:34 |
  2. URL |
  3. 元・会員 #-

「最高幹部25人組」などと言っていますが、そんなものは、ワールドメイトには全く存在しません。当初、植松先生のご自宅に集まった初期のご神業のお弟子さんが25人おられたことを指しているそうですが、もう、そんな初期のお弟子さんは、現役で活動されていません。深見先生が青年だったときに、ご年配の方もおられましたから、もうお亡くなりになったり、現役を引退されたりしている方がほとんどです。

当初の25人の方は、昼は働き、夜は御神業をされる毎日を送られており、手探りでされていたと思います。なんとか御玉串を捻出して、全国の神社に御神業に出かけたりして、ワールドメイトがまだできる前に、御神業の礎を作られた方たちです。

当初のお弟子さんの25人の中に、深見先生と同い年くらいで、御神業の道に来られた方が、今もお弟子さんとしてされていると思います。ただし、ワールドメイトのスタッフに、当初の25人のお弟子さんといえる方は、一人もおりません。話題に出ている宮崎俊彦夫妻さんは、まだお若い方たちですから、当初の御神業が始まったときには、まだ小学生かそこらの年齢だったでしょう。

また、当初のお弟子さん25人が全員が幹部であるというのも真っ赤な嘘です。まず、ワールドメイトの幹部には、当初のお弟子さんはおられません。また、「WMをやめて、サイゾー誌に駆け込んだ」などという宮崎姓の辞めた幹部、などという方もおられません。どこまで事実無根の記事を書くおつもりなのでしょうか。

それにしても、「サイゾー」誌に、「ワールドメイトを辞めた宮崎姓の幹部が、過去に霊的な問題が解決したことはないと言った」などと掲載されていたという記憶が全くありません。馬さんのコメントを見ると、「WMを辞めて天敵のサイゾー誌に駆け込んでw、過去に霊的な 問題が解決したことはないwと言った」とありますから、どうやら、記事になったということではなく、たんに天敵のサイゾーに駆け込んだ、ということだったのでしょうか。となると、馬さんは、「サイゾー」誌の関係者から「WMを辞めて天敵のサイゾー誌に駆け込んでw、過去に霊的な 問題が解決したことはないwと言った」という内部情報を聞いたということであるとしか考えられません。

そして、さらに興味深いのは、馬さんが「裁判中に被告さんが混乱し た」と激白されていることです。裁判は、平日に行われますから、ふつうに仕事をしている人が、なかなか傍聴に行けるものではありません。

一日中、パソコンの前に座っているか、裁判の傍聴に行くかという生活を送り、さらに、生活に困っていないということは、やはり、ワールドメイトの中傷を書き続けることにより、収入を得ているとしか考えられません。

創価学会と池田大作博士を賞賛し、「ワールドメイト救済ネット」「サイゾー」誌の内部情報に精通され、ワールドメイト関連の裁判を傍聴されている馬さんは、いったい、どこから収入を得ているのでしょうか。そして、最近、お仲間を動員し、必死で、事実無根の中傷を書き続けられる目的はいったいなんなのでしょうか。よほど、都合が悪いことがあって、どこからか圧力がかかったのでしょうか?

ワールドメイト自称元・会員プロアンチ「馬」が靖国神社を愚弄


ワールドメイトの自称元・会員を名乗る、旧名「ゆきちゃん」こと「馬」という匿名人物が、靖国神社を愚弄する発言をしています。

靖国神社のことを、「人霊を祀っている神社」呼ばわりし、ワールドメイトリーダーである深見東州半田晴久)先生が、靖国神社に参拝することに関し、あたかも問題があるかのような書きぶりなのです。

英霊に感謝し英霊に恥じないような生き様をするぞと発願し、靖国神社に参拝することは、日本人として当然のことではないでしょうか。

国家のために殉難した人の霊である「英霊」を祀ってる神社のことを、「人霊を祀ってる神社」などと貶め、靖国神社参拝を問題視するのは、いったいなぜでしょうか?

ところで、自称元・会員コトゆきちゃんコト馬は、以前から、「日本はもっと韓国を大事にしなければならない」などと主張する人物が教祖である教団と、深い関係性が指摘されてきました。

一つのホームページに、某学会のシンパブログのタイトルと自称元・会員コトゆきちゃんコト馬の「ワールドメイト元・会員のブログ」のタイトルが、一覧にされて並んでいる、不自然なサイトも見つかっています。

しかも、当ブログで指摘したあと、なぜか、至急、某学会シンパブログとワールドメイトアンチブログのタイトルがクリックできるサイトが削除されるなど、不審な動きも確認済みです。

また、選挙前に、公明党支持にまわり、自民、民主を貶める発言をした記録も保管済みです。最近でも、国民新党、立ち上がれ日本などの所属する議員や、石原都知事と親交のある議員などを愚弄する発言をしています。

深見東州先生は、公明党以外の議員さんとは、まんべんなくお付き合いがありますし、深見東州先生と交流のある議員を叩くことで公明党を擁護したい意図が見え見えです。(深見東州先生は公明党を嫌っているわけではないそうですが、公明党の議員さんとまだ縁がないだけのようです。)

ワールドメイトリーダーの深見東州(半田晴久)先生が、ご両親から相続した、とうてい住めないような古い一軒家のことを、豪邸などと呼び続けるウソはもううんざりです。ちなみに、深見東州(半田晴久)先生は、一人暮らし用の住まいを賃貸してるそうですし、食事は自炊でつくられるそうです。

ワールドメイトのスタッフが豪邸を所有してるというウソも、耳にタコができました。100回ウソをついて真実にしてしまう作戦は、もう勘弁してください。知り合いのスタッフさんに聞いたら、豪邸などすんでる人は一人もいないし、真っ赤なウソだと言ってましたよ。

ワールドメイトのスタッフさんは、賃貸に住んでる人ばかりだそうです。また、以前、坂井さんというスタッフの方が、本人曰く「両親が長年貯蓄していた貯金により、相場からみて格安の中古の矮小住宅を購入して住んでた」旨の話がありましたが、もう狭くて住めないから、賃貸住宅に移ってるそうです。

ワールドメイトの職員ではない、古くからの深見東州(半田晴久)先生のお弟子さんが、一軒家のマイホームをもっていることについて問題視するのは、見当違いもはなはなしいです。ワールドメイトの職員でない人は、ワールドメイトからお給料をもらうことはありません。所属する組織からしか、お給料をもらわないわけですから、ワールドメイトの玉串などと関連性は一切ありません。

また、深見東州先生のお弟子さんが住む家は、一つも豪邸などないことは明らかです。だれも、億単位の住宅などに住んでいる人はいないのに、億以上の家、などとウソを書くのはやめてください。

謄本を取って確認したなどと言っていますが、たとえば、分譲住宅のひろい抵当権が設定されたうちのほんの一部を入手しただけなどだったら、一番上の抵当権が億以上であったとしても、実際入手したのは、そのつぎに設定されてる抵当権になるのだと思いますよ。察するに、そういう大きな勘違いをもとに誤情報を発信し続けてるだけだと思います。

深見東州先生のお弟子さんでマイホームを持ってる人は、だいたいご高齢の方ばかりで、両親からの相続を頭金にしてローンを組んだ人ばかりだそうです。いったい、どこが問題なのでしょうか?賃貸住宅よりも、マイホームを入手して月々支払ったほうが、毎月の支払いが安いご時世なのだから、頭金が相続でもらった人がマイホームを持つのはむしろ節約してると思います。誰一人として、億単位の住宅などもっていませんし、贅沢な生活をしてる人などいません。

自称元・会員コトゆきちゃんコト馬は、マイホームをもつスタッフ数名の住所を突き止め、マイホームを男女数名で視察するツアーを主催し、幾ばくかの金をせしめたようですが、どうせ、こぢんまりとした中古住宅や安い中古分譲マンションばかりを見ることになってがっかりしたはずです。

今後、豪邸などと、ウソを書くのは、もうやめましょう。見苦しいですよ。

ちなみに、海外で活動してるスタッフさんのドレスやバッグも、もらいものだったそうですし、身につけてるアクセサリーは、スワロフスキーのガラス玉やジルコニアだそうです。スタッフさんは、ご神業一筋だから、贅沢品などに興味はないそうですよ。

また、深見東州先生が、以前、糖尿病であったことを贅沢病などと中傷するのもやめましょうね。べつに、贅沢な生活をしてる人が糖尿病になるわけではありません。子どもでも糖尿病になる子も多い時世ですし、アフリカやカンボジアなどの発展途上国でも糖尿病になる人は、けっこう多いようです。

深見東州先生は、食生活や生活習慣を改善されて、今は、血糖値は常に正常値であるそうです。これは、日頃、いかに、贅沢な生活をしていないかを証明すると思います。

元・会員コトゆきちゃんコト馬の、とうてい日本人とは思えないような侮辱発言は、バックのスポンサーの意向なのでしょうか。そして、ワールドメイトの中傷を繰り広げる自称元・会員に、それなら某学会はどうなんだ、と言いたいです。

なぜ、某学会には、ワールドメイトなんかよりも、よほどスケールも金額もでかい疑惑があることには、一切ふれずに、とくに問題のないワールドメイトのことばかり、ウソをでっち上げてまで中傷するのでしょうか?

善良な団体であるワールドメイトを中傷する前に、某学会のようなもっと大きな問題が指摘されてる団体のことを、告発したほうが、よほど世間の役に立つと思います。

ここまで書いても、きっと、自称元・会員コトゆきちゃんコト馬さんは、某学会のことは、一切、記事にしないし無視を決め込むでしょう。それはいつものことです。バックのスポンサーを貶めるような都 合 の 悪 いことは書けないのでしょうね。

ワールドメイトプロアンチ(自称)元・会員(活動家)の活動内容


ワールドメイトの職業アンチである、(自称)元・会員こと「非NPO法人 純粋にがんばっている性感開発協力機構(SSD)」こと馬ことゆきちゃん関連の記述をしていたところ、「職業アンチ」ではなく「プロアンチ」という呼び名のほうがぴったりではないか、とするご意見をいただきました。

たしかに、馬さんが某組織に所属する人物であり、職業としてアンチ活動を行う、活動家であることは、明白であるわけですが、金銭授受の証拠を見つけることは、警察が強制捜査でもしない限り無理な話ではあると思いました。

そこで、今日からは、試しに、プロアンチ、と呼称してみようと思います。

早速、(自称)元・会員こと馬さんが、今日も、ワールドメイトの一般会員のブログを監視した結果の掲載と中傷活動を行っています。

馬さんの活動内容の最も大きな柱は、以下の通りです。

◎ワールドメイト一般会員のブログとTwitter(200名)の監視

◎ワールドメイト一般会員ブログとTwitterの中傷、(とくに幸せそうなワールドメイト会員がターゲットにされ、「完全覚醒詐欺師」とか「前科者」など、犯罪者呼ばわりされる)

◎ワールドメイト一般会員ブログとTwitterを閉鎖に追い込み、悦にいたる

(「ワールドメイト元・会員のブログ」の馬の記述)

ワールドメイト会員の自称音楽家(笑)の皆さんには、ラリP、女ラリP、銀座のおばちゃん、大阪のYAMAHA薬剤師、クヌムなんたらとかいう気持ち悪いおばはん、この前科者さん、他にもいろいろいるようだけどさ

2012/07/18(水) 07:44:15 |非NPO法人 純粋にがんばっている性感開発協力機構(SSD) #-

馬さんは、ワールドメイト会員で面白い人気ブログを書いている、マイスターkeiのことを「この前科者」などと罵倒していますが、もちろん、マイスターkeiさんは、過去に犯罪歴はありません。

なにをもって「この前科」と称しているのかというと、

東海地方在住の元ヤンチャ(つまり前科者ってことやね)

2012/07/18(水) 07:44:15 |非NPO法人 純粋にがんばっている性感開発協力機構(SSD) #-

馬さんの証言によると、「元ヤンチャ」であるということが「この前科者」根拠のようです。

マイスターkeiさんは、とくに、自分が元ヤンチャであるなどとブログで書いたこともないようなので、馬さんの完全な自己解釈のようです。つまり、馬さんの妄想により、ワールドメイト一般会員のマイスターkeiさんは、元ヤンチャであることにされ、強引に、この前科者にされてしまったわけです。

「ワールドメイト元・会員のブログ」は、このように、ワールドメイトの一般会員を中傷し、犯罪者呼ばわりして、ワールドメイト会員のブログを閉鎖させようとすることを、大きな目的の一つとしています。

おそらく、ワールドメイト会員の表現の自由を封じることや、ワールドメイトの善良なる活動を封じ込めることが目的でしょう。

実際に、馬さんからの中傷が原因で、ブログやTwitterを削除させられた会員は、数多くおります。

kikurihime2008さん、ougonnhimeさん、ゆきさん、銀座の相馬さんなどは、馬さんに犯罪者呼ばわりされ、散々、中傷されたことを理由に、ブログを削除されたようです。

馬さんは、ワールドメイトから圧力がかかったせいでブログ閉鎖に追い込まれた、などと書いていますが、そんなことはないでしょう。ワールドメイトにて、ワールドメイトの一般会員に、誰がブログをやってるかなどという調査がされたこともありませんから、ワールドメイトがブログ主を特定していた可能性は低いと思われます。

元・会員の卑劣な誹謗中傷には、本当に理不尽な思いを感じます。ワールドメイト会員というだけで、犯罪者呼ばわりされて、ブログ閉鎖するまで、執拗に監視され続けるのです。

ちなみに、一日中、ブログを書いたり書き込みをする、プロ活動家である、(自称)元・会員こと「非NPO法人 純粋にがんばっている性感開発協力機構(SSD)」こと馬ことゆきちゃんは、ワールドメイトになんらひがいにあったこともない人物です。

(自称)元・会員こと馬さんのの正体を知る人によると、支部長になりたかったけれども、周囲の人に選ばれることはなかったために、逆恨みをしてるだけのようですね。また、馬さんは、元歌手だったようなので、ワールドメイトで音楽家として楽しい日々を送ってる人物を見ると、とくに許しがたい嫉妬心を感じて、犯罪者呼ばわりに加速がかかるようです。

某組織と連携して、ワールドメイト現会員を誹謗中傷し、犯罪者呼ばわりして悦に至る活動家、プロアンチである、馬さんの誹謗中傷は、今日も続いているようです。

もし、馬さんの誹謗中傷に耐えられない方は、警察に通報しましょう。警察に通報する勇気がない方は、ワールドメイトひがいあれば相談します課に相談しましょう。馬さんの課外活動は、活動家としてプロ意識に支えられているので、容易に止むことはないでしょう。法的責任を問うしか、方法はないのだろうと思っています。