元・会員が某組織から情報提供があったと激白か

ワールドメイト元・会員のブログを書いてる(自称)元・会員が、どうやら、某組織からまたまた情報を入手してるご様子です。

(ワールドメイト元・会員のブログの書きこみ)

ちなみにこの宮崎裕史氏ですが、みすずというかWMを辞めた後、雌鳥様ブログ過去記事でご存知の方も多いと思いますが、よりによってWMと裁判で戦った宿敵サイゾー誌に駆け込み、自らの顔と名前を出し、過去に自分の霊的な問題が解決したことがない旨を語っています(2007年12月号)。3000年に一度の大神人であり六大通力をマスターしているはずの半田晴久博士の下で、取締役に上り詰めるまで重用され働いた元スタッフが、半田博士の神力を完全否定したことになります。2011/03/27(日) 22:02:59 | 元・会員 #-

(自称)元・会員様、情報ありがとうございました(ニッコリ)。

早速、2007年12月号のサイゾーを入手し、「宮崎裕史氏」という人の記事を読ませていただきました。

すると、「サイゾー誌に駆け込み」とか「過去に自分の霊的な問題が解決したことがない旨を語っています」とか「半田博士の神力を完全否定」などということはどこにも書いていませんでした。どこにも書いていないのです。

どこをどう読んでも、サイゾー誌の通常の取材であります。駆け込んだことを匂わす記述はみじんもありません。

そして、過去の霊的な問題についても全く触れられておりません。さらに、深見先生の話は全く出てくることはなく、神力を否定も肯定もしていないのです。

どうやら、またまた、馬さんがウソをついていただけの話のようですね。

それにしても、なぜ馬さんは、宮崎裕史氏が「サイゾー誌に駆け込み」、「過去に自分の霊的な問題が解決したことがない旨を語ってい」たとか、「半田博士の神力を完全否定」したと思っているのでしょうか。

ひょっとして、また例の某組織から、おなじみの、精度の低い情報提供でもあったのでしょうか。

だいいち、サイゾー誌のどこにもワールドメイトとも、みすずとも書いていないのです。

まず、ワールドメイトのスタッフでもない「宮崎裕史氏」が、サイゾー誌に掲載されているということを気がつくなんて普通は不可能でしょう。

さらに、もし「宮崎裕史氏」が、ワールドメイトのスタッフの人だと仮定した場合でも、このサイゾー誌のどこにもワールドメイトのこともみすずのことも書いていませんよね。なのに、宮崎裕史氏がワールドメイトとかみすずとか、どうやって馬さんは知ったと主張するつもりでしょうか。気になりますね。まあ、気にならないか。また新しい嘘をつくだけでしょうし。

ちなみに、宮崎裕史氏さんはワールドメイトのスタッフさんではないそうですよ。宮崎という名字の人は1人じゃないようですから、勘違いしたんですかね。

「サイゾー誌に駆け込み」、「過去に自分の霊的な問題が解決したことがない旨を語ってい」たのを知り、「半田博士の神力を完全否定」したなどという荒唐無稽なウソを思いつくというのも不思議です。

とすると、馬さんは、宮崎裕史氏のことを全く知らないのに、某組織から提供された情報を真に受けてそのまま書いたと考えるのが、妥当ではないでしょうか。

創価学会と池田大作博士を賞賛する陰には、某組織から受けている情報や指示となにか関連があるのかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中