月別アーカイブ: 11月 2012

ワールドメイト(自称)元・会員は公明以外を蹴落とすはず


「ワールドメイト元・会員のブログ」という、自称元・会員(旧名:馬=ゆきちゃん)と名乗る人物が書いてる、中傷ブログでは、選挙が近づくと、なにやらおかしな動きを始めるようです。

前回の選挙の際、自民党、民主党、新党大地、国民新党、その他ほとんどの政党に所属する政治家を、罵倒する書き込みをしていました。

しかし、公明党を罵倒する書き込みだけは、いつも、一つもないのです。

最近も、政治家を蹴落とす意図としか思えない罵倒を繰り広げているようですが、やはり、公明党の政治家だけは、外されています。

ワールドメイトに政治家が来たことはありませんし、ワールドメイトの顧問には政治家はいないはずです。

深見東州(半田晴久)と交流のある政治家さんは、何人もいらっしゃるようですが、それは、当然のことです。

深見東州先生は、菱法律経済政治研究所で、法律や経済や政治について、研究するというライフワークもされているわけです。

最近では、テレビなどの討論番組でも、国際政治、国際経済などについて発言を求められる場も増えていますよね。

深見東州先生は、在福岡カンボジア王国特別領事であり、国際交流の柱ともいえる人物です。

ですから、日本の名だたる方とさまざまな交流をもたれる機会も、数多くあって当たり前だと思います。

「ワールドメイト元・会員ブログ」では、深見東州先生と交流のある政治家の方が、あたかも、なにかワールドメイトと関連があるようなことを匂わせ、必至で無理矢理の中傷を書き、政治家や政党とイメージダウンをはかろうとしています。

しかし、そんなことは無駄ですし、どうせ、書くのなら、公明党と「(自称)元・会員」さんと懇意のあの学会さんのつながりについて書いたほうが、世間の人の注目を浴びることでしょう。

深見東州先生と交流のある政治家の方は、それこそ、幅広い政党に所属しています。

ワールドメイトは、どの政治家の人の選挙運動も一切したこともありませんし、選挙よりも、お祀りが優先です。

神祭りをもはらとする、神道のまじめで善良なグループなのです。

ワールドメイトと政治家さんのつながりなるものは、最初からとくにないので、どこをどう探しても、なにも出てこないでしょう。

それにしても、「元・会員」さんは、長いこと、ワールドメイトと、ワールドメイト会員を中傷するためだけに、ブログを書いてるようですが、一度も、公明党やなんとか学会だけは、中傷しないのは、なぜなのでしょうか?

それどころか、なんとか学会の池田なんとか氏の肩書きを絶賛する発言まで、過去にしています。

あらゆる宗教は悪であり、邪教であるようなことを書いていながら、一方で、池田なんとか氏の偉業を絶賛する書きぶり・・・。

また、あらゆる政党の政治家をくそみそにけなしているかと思いきや、一方で、公明党だけは決して中傷しないというアンバランスさ・・・。

あらゆる宗教や政治家について論じたいのであれば、日本で最大の宗教団体であるなんとか学会の記事を、多数書くくらいで、バランス的にもちょうといいと思いますが、なぜ、それが、できないのでしょうか?

なんとか学会や公明党の政治家について、一つも、記事を書かないのは、それが出来ない事情があるからに違いありません。きっと、非常に、都 合 が 悪 い のでしょうね。

選挙が近づくにつれ、きっと、公明党以外の政党や政治家を蹴落としにかかるはずです。それがいつものパターンですから。

広告