月別アーカイブ: 7月 2011

ワールドメイト元会員のブログ〜的外れな指摘により脳内妄想を如実に露わに晒す自爆発言


ワールドメイト会員ブログの管理人

(自称)元・会員コト馬コトゆきちゃんコト「非NPO法人 性感開発協力機構」さんが、統一教会とワールドメイトは違いがあるということを、自分のブログ「ワールドメイト元・会員のブログ」にて宣言しています。

ワールドメイトは神道、統一教会はキリスト教ですから、違うのは当たり前のことです。ワールドメイトと統一教会が違っているということは、ワールドメイトのアンチにさえ、明白なことのようです。

以前、「ワールドメイトは統一教会の別働隊」などと、あまりにウソ八百の書き込みをしていたアンチがいましたけれども、そういうアンチも一握りの異色なアンチであることがわかります。

 

ところで、馬さんは、ワールドメイト会員のことを「マイコン完了すみ」などと一方的に根拠もなく決めつけていますが、まったく間違った解釈ですね。

 

ワールドメイトの会員ほど、多種多様なご性質の人が集まったようなグループはほかにないのではと思いますよ。支部で集まったって、みんな個性的な人ばかりです。

もし、「マイコン化」されているとしたら、みんな同じような人ばかりの画一的な組織になることでしょう。

しかし、ワールドメイトでは、決して「マイコン化」されることもなければ、「マインドコントロール」なるものは一切存在せず、会員が自分の意志にしたがって、自分のペースで活動を続けるところです。

 

たとえば、以前馬さんは、神事のときに神事に参加せずにテレビを見ていたり、家でだらだらしていたりする会員のツイートを自分のブログに貼り付けて、散々に中傷していましたよね。

 

会員は皆自分のペースで神事に参加すればいいので、全会員が一同に神事に集まるなどということもありません。熱心な人はいつも参加している人もいるでしょうが、まあまあ熱心とか、一時的に熱心とか、いろいろ自分のペースで無理なく続けているのです。

自分のペースでできるということは、マイコン化されていない証拠ですね。

また、お取り次ぎの資格を受講したあと、熱心にお取り次ぎをされる人もいれば、まあまあ熱心にお取り次ぎをされる人もいれば、家庭や仕事が忙しくてあまりお取り次ぎをされない人もいれば、まったくお取り次ぎが途絶えてしまう人もいれば、人によってさまざまです。

ワールドメイトは入退会も自由ですし、いろいろあるうちのなかで、非常に自由度の高いところだと思いますよ。

 

こんなに自由なところなのに、馬さんがいくら、ワールドメイトの中傷をブログで書いても、ほとんど退会する人もないことがしゃくに障ったために、馬さんは、ワールドメイト会員は、「マイコン化」されているなどという決めつけをしたのでしょう。

 

ちなみに、馬さんのところで書き込んでいる若干の自称退会者は、「事実無根の人の中傷を言ったら因果応報で自分にマイナスの影響があって、神様からの守護も弱くなりますよ」という話をまるきり信じることもなく、最初からもともとワールドメイトの教えを知らないか、守っていなかった人ばかりのようです。

 

それなのに、「自分はマイコン化されていた」などと言い出して、「金返せ」などと言いだすのは、いかにも自分に都合良く、馬さんのウソを利用しているかということです。

ワールドメイトで「マイコン化」するのが不可能であるから、会員は好きなことをツイッターでつぶやいたり、ブログで書いたり、してるわけです。退会者(自称退会者含む)も好きなことをブログで書いてウソ放題ですが、アンチの人も幸せそうですね。

そういえば、深見先生は馬さんとかアンチのことも毎月お祈りして下さっているようですから、きっとワールドメイトのご神徳をいただいて幸せなんだと思いますよ。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方、統一教会のことは詳しくないのですね。

 

ワールドメイトの著作権違反を犯す@名無しのなんだらは馬とお仲間


ワールドメイト元・会員のブログに書き込みをしている

「豚停止じゃないのよブゥ太・停止よんww@名無しのなんだらww」

という人物は、やはり私のブログに「ブクイ浩一」というハンドルネームで、2ちゃんねるの本文を貼り付けるという嫌がらせをしにきた人物であるようです。

このワールドメイト会員のブログに悪質な嫌がらせをする「@名無しのなんだら」とかいう人物と「馬」はお仲間なのでしょうか。

ワールドメイト元・会員のブログはお仲間以外の人が書き込みをしても、IPを晒されたり、コメントを承認してもらえないそうです。

先日、「@名無しの何だら」さんの常軌を逸した嫌がらせの貼り付けに対して、あまりにもふつうではないハンドルネームだったので、「頭が大丈夫なのだろうか?」という感想を私のブログで少し書かせて頂きました。

すると、よほど、「頭が大丈夫なのか」と指摘されたことがかんに障ったらしく、

“この人、頭大丈夫なんでしょうかね”・・・・あなたよりは、数段アタマはいいですよwww

などと、馬さんのブログで私あてにメッセージを書いていたようです。

私は、毎日馬さんのブログを見ているわけではないので今気づきました。

どうやら、正体を知られることが都合が悪いらしく、私のブログには書き込まないで、お仲間のブログのほうに書き込んでいたようです。

残念ながら、繰り返しますが、わたしは毎日馬さんのブログを見ているわけではありません。ですから、私になにか言いたいのでしたら、是非、私のブログに直接コメントを書いて下さい。

私が気づきにくいようにお仲間のブログに書いて、私の反論を防ぎたいという気持ちはお察ししますが、それはフェアではありませんよ。

「おやおや、ずいぶん根に持つタイプ、なんですねwwネクラなのかな?ブタちゃんてwww妄想癖も、おありなようですね。」とわたしのことを言っていますが、そういう陰口を私に気づかれないようにこっそり言って、気分を晴らす陰気な行為は関心できませんね。

また、私は「豚停止」とか呼ばれる筋合いは全くありません。

もう二度と呼ばないでください。

住吉熊野道さんとか私のブログとか都合の悪いブログを書いている人物を蔑称でさげすんで、気分爽快になるというご趣味はいかがなものかと思いますよ。

また、@名無しのなんだらさんが、大きく勘違いをした書き込みをしているので、訂正させていただきます。妄想癖がおありなのは@名無しのなんだらさんのほうかもしれませんね。ご自分で自覚はないのでしょうか。

私は以前「 それにしても、深夜とかへんな時間帯に書き込んだり、毎日いつでも何回でもネットで書き込む人は、やはりふつうではないと思います。」と書きました。なぜなら、昼間仕事をしているような人が深夜とか早朝に毎日書き込んだら、翌日の仕事に差し支えますから、まず起こりえないことだと思います。さらに、深夜仕事をしている人が深夜とか早朝とかの仕事中に書き込みをしているなどということもありえないと思います。

ですから、一日中書き込みをしているような人物は、仕事をしてないか、もしくはブログを書くことを仕事としているかのどちらかしかないと思うのです。

そして、馬さんは、昼間の職場から私のブログに何回も書き込んだり、朝も昼も夜も深夜も早朝も好き放題書き込んでいるので、職業ブロガーであると判断せざるをえないのです。

職場から地震がおさまったあと、職場から自分のブログに書き込みを堂々とできる仕事なんか、世の中ありませんよ。そんなことを書いてしまうところが馬さんのおっちょこちょい気質丸見えなところで、私は馬さんのそういうどじっこちゃんなところは、別に嫌いではありません。

「@名無しのなんだら」さんも、以前、私のブログに書き込んできた千葉県在住の人物なんでしょ。住吉熊野道にも書き込んだのですよね。私のブログに書き込んだら正体がばれるからって、お仲間さんのブログでこっそり陰口を言うのはやめてくださいよ。あと、わたしは住吉熊野道は書いてませんので妄想は、ブゥ太・停止してください。

あと、@名無しのなんだらさんは、ワールドメイトのチラシを勝手にアップしたりしてるんでしょ。違法だから、ワールドメイトに通報しておきますね。

公安もワールドメイトのことを問題ないとしてるくらいですから、@名無しのなんだらさんもそんな違法行為はもうやめたほうがいいと思いますよ。

創価学会と池田大作博士を賞賛する馬さんと、著作権違反を犯す@名無しのなんだら(千葉県在住)さんは、そうとう深いお付き合いのようですね。

インチキサイト「ワールドメイトの実態」「ワールドメイト元会員のブログ」の評価


ワールドメイトの実態と真実」という素晴らしいサイトを紹介させていただきます。この「ワールドメイトの実態と真実」によると、『ワールドメイト元会員のブログ』と『ワールドメイトの実態』という反ワールドメイトのサイトは、まったく信憑性のないインチキなサイトであるということです。

(以下、引用)

「ワールドメイト」というキーワードで検索すると、『ワールドメイト元・会員のブログ』『ワールドメイトの実態』というサイトが検索10位以内にヒットします。まあ、『ワールドメイト元・会員のブログ』というブログはパッと見にも暴言ばかりで、いかにもインチキなサイトであることは、一見して理解できると思います。しかし、『ワールドメイトの実態』というサイトは、そこまで暴言だらけということもなく、いかにも証拠に基づいているかのような書きぶりで錯覚を誘います。『ワールドメイトの実態』というタイトルでありながら、なにも『実態』を示した記述があるわけでもありません。たとえば、よく引用される「証拠」が、実は約20年も前の、意図的に改ざん編集されたテープの反訳であるのも特徴的です。作成者不肖のそのサイト、ワールドメイトを貶める勢力がつるんで、デマを広める意図のもとに作成されたものだという通説は、案外本当なのかもしれません。個人が趣味で行うのは到底不可能である非常に怪しいサイトなのです。

(以上、引用)

どうやら、『ワールドメイト元会員のブログ』と『ワールドメイトの実態』の二つのサイトは、とうてい個人が趣味で行うのは絶対に難しい内容であるということです。

さらに、「裁判の判決でも無視された、いわば証拠能力ゼロの証拠(改ざんされたテープの反訳)や、ワールドメイトに裁判で謝罪した根本栄という人物の陳述書などを、裁判書類と称して自説を主張」しているだけで、根拠のない主張であったようなのです。

ということは、某組織からお金をもらって、何人かで協力しあってブログをやっているということなのでしょう。

こうなってくると、嫌がらせ以外のなにものでもないですね。

実に迷惑な行為です。全国に7万人いる会員の気持ちを考えてほしいものですよね。会員を不幸せにする行為以外のなにものでもなく、社会の害悪をまき散らしているだけです。

さらに、『ワールドメイトの実態』は、T氏夫妻という人物が関わっているらしいです。

(以下、引用)

裁判書類を入手している理由は

裁判書類を入手できる人というのは、利害関係人と決まっています。つまり、過去、ワールドメイトと裁判で争った人か、裁判で争った人から書類を譲り受けた人だけが入手できるのです(本来いけないことです)。このことから、『ワールドメイトの実態』の管理人は、T氏夫妻と密接なかかわりをもっているか、T夫妻自身である可能性も極めて高いのではと思えます。

(以上、引用)

 

Wikipediaによると、T氏夫妻とは「入会した娘を説得して辞めさせようと」とした人物であり、「元々親子喧嘩」をしており、「ワールドメイトの某支部を訪れ、娘の夫らと大声で言い合いをするという事件」を起こしたそうです。「入会した娘を説得して辞めさせようと言う意図の下に行われた、一連の会話に対して、ワールドメイトが名誉毀損で東京地裁に提訴した」くらいですから、「大声で言い合い」した迷惑行為がよほどひどかったものと推察されます。きっと近所迷惑どころではなかったのでしょう。

親子喧嘩を支部内に持ち込まないでもらいたいものです。

さらに、『ワールドメイトの実態』をやってる人は元会員ではない、と自分のサイトで書いていたのを見ました。ということは、元会員でもないのに、会員しか読めないメルマガをスパイ会員から入手し、違法に貼り付けをしているということだったのですね。

ワールドメイトを貶めようとして協力し合う背景には多額の資金が動いている匂いがしますね。

 

創価学会や池田大作博士を賞賛する一方、どこまでもウソの根拠でウソをまき散らす迷惑な行為をやめられないのは、某組織からうまい汁を吸っていたからというわけなのかもしれません。