月別アーカイブ: 7月 2010

ワールドメイト元会員ブログ「馬(自称元会員)」が嘘を書くのは嫉妬のためか?


ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんこと「馬」が、毎日のように、嘘の記事やコメントを書き込んでおられます。馬が管理している「ワールドメイト元・会員ブログ」というブログには、嘘ばかり散りばめられており、社会の害悪となっているように思わずにはいられません。


(馬・自称元会員の嘘コメント、元会員ブログより)

WMの国内施設は栂村が死亡する前に名義変更もされていて、今は殆どが半田晴久名義になっています。
各人間牧場、「椿邸」、椿邸並びの土地などです。
これをもって、任意団体WMの不動産とも、半田晴久個人のものとも、どちらとも言えるかと思います。「ワールドメイトの実態」様もここに言及されています。2010/07/29(木) 08:56:01 |元・会員 #-

不動産に関しては、団体のモノとも言えるし個人のモノとも言えるなどという曖昧な登録は、一切存在しません。土地の登記や購入や所有には、必ず税金がかかります。税金を団体から払うのか、個人から払うのかが明確になっていなければならないはずですので、そういう意味においても、曖昧な登録はありえません。

馬さんは、以前、歌手をされており、結婚して主婦となったそうです。今は、職業ブロガーとして、日々中傷書きこみ活動に大忙しの毎日ですし、社会人としてふつうに会社勤めをされたこともないご様子です。ですから、社会常識をお持ちでないのは、ある意味、仕方ないことであると思います。

馬さんのブログに集う4〜5名のアンチ軍団は、昼も夜も一日中、ネットで書きこみをしているような人がほとんどなので、みなさん、自営業というわけでもなく、ふつうの会社で働いておられないということだと思います。元会員ブログで書きこみをしている人は、一日中書きこみをしていて、社会常識のない方ばかりなので、そのように誤解をしているということなのでしょう。

宗教団体が、土地や建物の登記をする際には、ふつう、団体名と代表者名を記載するということになっているのだと思います。自営業者が会社の登記をする際も同じようなことになります。ただし、そこに団体名が書かれているということは、団体所有であるということをあらわします。団体名が書かれている限り、そこに個人名が書いてあろうと、決して個人のものとは見なさないものだと思います。

そこを混同した場合、必ず、税務署が気づくはずです。しかし、ワールドメイトでは、今年、税務調査が入ったときに、とくに問題がなく、経理がきっちりしていると、税務署に認められたということですから、明らかに団体のものであるという登録であったのだろうと思います。

馬さんが、登記を持っているなどと言っておきながら、一切、公開しないのは、実際は、どうみても、団体所有である登録になっているからに違いありません。

ワールドメイト所有であることを知っていながら、深見先生個人の名義であるとか、個人の所有であるとか、嘘を書き続けるのをやめてほしいと思います。もし、そうだとしたら、先日の税務調査で、税務署が黙っているはずはありません。

それにしても、なぜ、馬コトゆきちゃんコト自称元会員は、こうまでして嘘を書き続けるのでしょうか。馬が嘘を書き続けることによって、得をする団体から、相当な圧力がかかっているのでしょうか。もしかして、無茶な内容を書き、危険を犯せば犯すほど、報酬がアップするような仕組みがあるのかもしれません。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方、人生の荒波に揉まれた経験もなく、毎日、ブログで、名も無き信仰者を迫害する”虐め記事”を書かなければ生きていけない境遇に幸福感を感じることができず、いっそう、辛辣なことを書いてストレス解消をしてしまうという負のスパイラル人生を歩んでおられる馬…。だからと言って、幸せな人生を歩んでいる名も無き信仰者の幸せに嫉妬して、個人情報を垂れ流したり、プライバシーを晒したり、虐め記事を書いてもいいということにはなりませんよ。

ワールドメイト元会員ブログ「馬」は金で雇ったスパイ会員?から情報提供を受けている


ワールドメイト会員から情報提供を受けていることを、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬が、ご自信のブログで激白されています。某組織から、お金でスパイを雇い、ワールドメイトの会員にさせて、情報を提供してもらっているご様子です。

今までの傾向ですと、スパイ会員は、関西のエンゼル会員であると思われます。アンチが叩いているのは、なぜか、関西出身のスタッフさんとエンゼル会員さんに集中しているのです。さらに、関西の最新情報を入手している旨、馬さんが高らかに宣言されていました。

(ワールドメイト元会員ブログより)
会員数は減少しているのに(拙宅には退会のご報告が多数入りますし、○○師募集のお寒い状況も情報提供していただいています)
2010/07/19(月) 08:22:58 | 元・会員 #-

拙宅には退会の「ご報告が多数入り」、お寒い情報も「情報提供」を受けているそうです。

なるほど。メルマガの貼り付けや、エンゼル会員しかわからないはずのメールの貼り付けは、お抱えの「スパイ会員」の仕業であったということですね。

ただし、馬さんの書きこみには明らかに嘘が含まれています。退会の報告が多数入るなどと書いていますが、いちいち、馬さんに退会の報告など入っているとは到底思えません。そんなコメントも見たこともありません。(このように書くと、とたんに、馬さんらお仲間による自作自演コメントが書き込まれるかも知れませんね。本当に単純です。)たんに、スパイ会員から入手した、「あの人が退会したらしい」などというちょっとばかりの情報を、大げさに、「多数入り」などと言っているのだと思われます。

そういえば、馬さんは、少し前に、関西の谷○さんという方が除名になったとか、活動停止勧告を受けたなどという、嘘情報を貼り付けていましたので、情報の信憑性は低いと言えますね。ワールドメイトでは、通常「除名」などという情報は、本人以外には連絡しないと思います。そうした谷○さん本人から直接教えてもらわなければ、わからないような情報を、馬さんが知っているはずはありません。

スパイ会員から、谷○さんという人がいる、という情報くらいは聞いたから自信を持って書いているのでしょう。やはり、スパイ会員は、関西にいるのは確からしいです。谷○さんは、女性関係のもつれによる恨みを受けているようすですから、そういうやっかみ的な情報が流れたのかもしれません。

ただし、谷○さん本人がスパイ会員だとして、谷○さんと手を結んで、谷○さんが除名になったとか活動停止勧告を受けたとかいう、嘘情報を貼り付けることにより、谷○さんがスパイではないというアリバイを作った、という可能性も否定できません。

いずれにしろ、谷○さんと接触のあった人物か、もしくは谷○さん本人であり、かつ関西のエンゼル会員が、スパイである可能性は非常に高いと思われます。

創価学会と池田大作博士を賞賛するというのも、スパイ会員を侵入させるためのお金をもらうために、なにか、都合がいいことがあるのかもしれませんね。

多面的な公共福祉に役立つ活動を貫いているワールドメイトの運営方針


ワールドメイトのポリシーは、「世界中に愛をワールドメイトの活動ポリシーと宣言」というパンフレットに、わかりやすくまとめてあります。誰でも、希望する人がもらうことができるもので、ワールドメイトの活動が詳しく紹介されています。

これは、紀藤正樹弁護士から受けた指摘をもとに、外部の方から誤解を受けやすい部分がどこであるかがわかったために、組織運営を改善していく過程で出来上がったという側面もあると思います。紀藤正樹弁護士の指摘を受けた点に関し、ワールドメイトは、絶えず改善をし、誤解を受けることもないように配慮をしているのです。

先日、「やや日刊カルト新聞」の記事で、紀藤正樹弁護士が、「ワールドメイトは問題のある団体である」などとおっしゃっていた旨が書かれていましたが、随分昔の見解を書かれていると思います。近年では、雑誌でも、ワールドメイトの姿勢を評価して、他企業にもそういう精神を持つよう促す記事が出たほど、マスコミにも素晴らしい団体であると認識されている宗教グループなのです。

「世界中に愛をワールドメイトの活動ポリシーと宣言」(公式ホームページより引用)

【団体概要】

「世界中に愛をワールドメイト」は、

法令や社会規範を遵守し、

社会から、信頼される運営をめざしています。

「世界中に愛をワールドメイト」は、

静岡研に総本部をおく、神道系の宗教団体です。

総本部所在地 静岡県伊豆の国市立花3-162

会員数(信者数) 約7万人(2008年7月現在)

【「世界中に愛をワールドメイト」3つのスローガン】

「宗教団体としての、弱者救済の立場に立った、慈悲慈愛の実行」

「人道的見地に立った、会員や社会への対応」

「社会良識に基づく誠実な対応」

「世界中に愛をワールドメイト」では、この3つのスローガンを、組織運営の根幹に置いています。

そして、社会的な宗教勢力や、組織拡大を第一主義とせず、神心を第一とした、高い宗教性の質を追及しています。また、狭い宗教の枠を越え、多面的な公共福祉に役立つ活動を、設立当初より貫いています。さらに、会員の入退会は自由で、民主的で、明るい開放的なあり方を貫いています。

(以上、引用終わり)

まさに、ワールドメイトは、上記のポリシーやスローガン通りの、運営方針であると思います。教祖である深見東州先生の温かいお人柄も感じられる内容でもあります。私達会員は、そうした、ポリシーやスローガンに賛同し、社会に貢献したいと思っているので、続けているのです。

たしかに、17年前に、ワールドメイトが別派騒動で傷を受けたときのことを、社会的にいったら問題だと言う人がいるかもしれません。しかし、そういう見方をしたとしても、絶えず改善し続けているという姿勢が立派だと思います。

また、当初から、深見先生や、ワールドメイトは上記のような運営方針を、明文化していなくても実践されていたのは確かです。ただし、紀藤正樹弁護士の指摘を受け、誤解されることのないように、きっちり明文化して、わかりやすく公開したということだと思います。

創価学会や池田大作博を賞賛される、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんは、紀藤正樹弁護士に心酔しておられるようですが、紀藤先生の指摘を運営に活かし、改善を続けている団体であるという事実をご存じないのでしょうか?

元会員ブログ「馬(職業ブロガー)」日刊カルト新聞掲載後わずか5時間でブログアップの背景に圧力か?


ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんが、職業ブロガーとしての調査力を発揮されて、「やや日刊カルト新聞」で記事がアップされてからわずか5時間後の8日17時31分に、”【速報!】「国民新党・亀井代表、ワールドメイト教祖との共演で選挙活動?」【恵比寿現地取材】”と題して、記事を書いておられます。

馬さんご自身の発言によると、最初に、「ほぼ日刊カルト新聞」で記事がアップされているのを知ったのは、8日12時34分のことのようです。馬さんは、7日18時20分に記事を書いた後、18時27分、18時35分、18時47分にも怒濤のコメント書きこみをされています。そして、本日8日12時29分、12時34分、13時13分にコメント書きこみをし、その後ご自身のブログ記事を17時31分にアップして、

17時39分、17時53分にも、書きこみをされています。さすが、1日、パソコンの前に座っているだけあって、非常に素早い対応ですね。8日は記事を書くのに労力がかったのか、いつもより、書きこみは少なめのご様子です。

毎日、毎日、一日中、ネットでの情報収集と記事作成、コメント書きこみをされています。これでもやれる『ふつうの仕事』って、どんなものなんでしょう。かなり無理があるように思います。どうやら、馬さんは、深見先生やワールドメイトの中傷ブログを書いてお金をもらっているという巷の噂は、本当のようですね。

ところで、亀井先生は創価学会が大嫌いであるということを聞いたことがあります。「公明党、創価学会のアキレス腱を知り尽くしている政治家はおらず、対創価、ひいては自公連立の崩壊を目指すならば、亀井静香以上に頼りになる政治家は居ないでしょう。」などと、もっぱらの評判です。

創価学会と池田大作博士を賞賛しておられる馬さんが、ここまで素早い対応をされ、1日パソコンで作業をされながら、亀井静香先生を、ぼろくそに批判される背景には、どうしても亀井静香先生を潰したい組織から、よほどの圧力がかかったとしか考えられませんね。

「日刊カルト新聞」の記事は、ワールドメイトをよく知らずに書いている一面的報道


ワールドメイト現会員による「住吉熊野道」ブログが久々に更新されていました。

日刊カルト新聞に欠落している真実:ワールドメイトには問題は一切ない

「ワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」

読んで、本当にその通りだと思いました。世界中に愛をワールドメイト深見東州先生も、なんら、問題といえるもののない、健全なグループであると思います。

17年前、1993年ごろに、ワールドメイトで、他宗教から流れてきたグループを中心とした分派活動が起こったのは確かです。別派をたてようと画策した中心人物のMさんが、いろいろと裏から手を回して訴訟を次々起こし、教祖の深見東州先生の信用失墜を狙ったという一連の事件。当時はよくわかりませんでしたが、係争中に首謀者がMさんだという証拠が次々出て来たのだったと思います。

しかし、このとき、深見東州先生は、マスコミにどれほど叩かれても、この先の神業が弥栄えるように、一回りも二回りも大きく甦るための試練であると受け止めておられました。そして、最終的には、Mさんらと仲直りして、記者会見を開かれたのです。事態の終息の仕方は、宗教者として、たいへん立派な姿勢であると思います。私は、深見先生のこうした姿勢を、非常に尊敬しているのです。

後に、弁護士の紀藤先生が、ワールドメイトを取り上げ、いくつか指摘があった部分に関しても、その後、改善し続けた結果、今は、まったく問題のない組織になっているということは間違いなく言えると思います。ワールドメイトは、紀藤先生が指摘された点に関し、謙虚に省みて、社会規範を守っていると言えるのではないでしょうか。深見先生は、以前の講義でも、そういう事をおっしゃっていたと思いますが、それを地で行っている様子が、長らく見ている内に分かってきた気がします。

コンプライアンスやポリシーも明確にして、全く知らない方にも、誤解のうけることのないように、配慮があると思います。 17年も昔に、問題があったといえば、あったのかもしれませんが、それとて、組織内部の混乱であり、とくに、刑事事件とかを起こしたということもありません。 紀藤先生が指摘された箇所は、毎回、改善し、運営の向上を心がける姿勢を貫いていると思います。

そうした、ワールドメイトの、17年間の努力の足跡も、是非、記事にしてほしいと思います。絶えず、運営を改善し続ける姿勢を貫いているということが素晴らしいと思うわけです。

どうも、日刊カルト新聞のソースは、古いように思います。ワールドメイトの現状をご存じない記者の方が書かれたのかもしれません。雑誌でも、ワールドメイトの姿勢を評価して、他企業にもそういう精神を持つよう促す記事が出たほど、マスコミにも素晴らしい団体であると認識されている宗教グループなのです。 以前、公安畑におられたという亀井さんが対談されたということは、まさに、公安がワールドメイトを全く問題視していない証拠でありましょう。

さらに、「住吉熊野道」さんがおっしゃるように、外務省、宮内庁、マスコミなども、全く、ワールドメイトを問題視しておらず、それどころか逆に、ワールドメイトが国益に叶っている活動をしていると認めているということなのです。 さらに、宮廷晩餐会に出席するには、宮内庁より調査が厳しい政府の調査機関でも、問題がなく国益に叶っていると認定されたということを指すはずです。これも「住吉熊野道」さんが書いているのは正確です。少しでも問題のある方は、絶対に、天皇陛下、皇后陛下とお会いできないように細心の注意を払っているはずなのです。 また、深見先生は、ブラインドゴルフでの貢献もあり、PGAでも全く問題視されていないということも言えるでしょう。

深見先生の活動が、広く国益に叶うものでなかったら、在福岡カンボジア王国名誉領事への就任だってあり得ないでしょう。誰が見ても分かる話です。だから躍起に、アンチの人々は、得体の知れない中傷を毎日毎日繰り返すほかないのでしょう。それにしたって、「そういう毎日を送れるだけの、原資、時間、どこからかのバックアップがあるのだなあ」と、これまた誰が見ても分かってしまうのではないでしょうか。目の色を変えて毎日PCに向かっているお姿を思うと、かえって可哀想な気がします。 話が逸れたので、元にもどして・・・ 「日刊カルト新聞」で、久々に、ワールドメイトへの偏見に満ちた記事を読みましたけれども、ワールドメイトの活動や足跡をご覧になれば、すぐに誤解であるとわかると思います。

一部、創価学会や池田大作博士を賞賛する、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬という悪質なクレーマーが、お金をもらって、ワールドメイトを事実無根の誹謗中傷をしているくらいで、馬さんのお仲間も10人もおられない様子です。

参考サイト:

善人と悪人が仲良くするための道を実行する深見東州先生 (「ワールドメイト考察」より)

宗教家として対応される深見東州先生(「ワールドメイト 爆風の言霊資料室」より)

□サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」の侵害(ワールドメイトの自称退会者による、信仰の自由を侵害する、根拠なき発言に抗議いたします)ワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」

ワールドメイトの深見東州先生がカンボジア名誉領事になれたということは、外務省のお墨付きを頂いたと言うことです (ワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」より)

ワールドメイト元会員「馬」によるやらせ「霊感商法110番」相談の真相(「ワールドメイト会員の「鹿」ブログ〜自称元会員「馬」の親戚ブログ」より)

ワールドメイトと報道ひがいより抜粋)

本サイトでは、「平成5年ころの報道ひがいがなぜ起こったのか」ということについて、その原因を明らかにすることを目的にしています。
引用した記事をご覧いただくとわかる通り、あまりにひどい嘘や捏造に、マスコミの中からこれを疑問視し、本当の真実を報道する動きが出てきたものです。 ネット上の匿名中傷などで、過去の捏造記事に接した方は、これらをお読みいただけば、その真実をご理解いただけるでしょう。

の加害者団体!
「ワールドメイト救済ネット」に質問します
より抜粋)

2.ワールドメイト側に、もんだいなどなかった! 【解説】ひがい者と名乗る加害者たちは、平成5年ごろの一時期だけ、ワールドメイトが蒙った「偏向報道」を真に受けて中傷を繰り返したものと思われます。しかし、この一連の「報道」は、すべて虚構であり、仕組まれたものであったことが判明し、報道されています。

(世界中に愛をワールドメイト公式ホームページより抜粋)

雑誌「PSIKO」に名誉毀損記事を書いたO氏らと、東京高裁にて和解致しました。

★この和解条項に伴い、先に東京地裁で出された判決(「邪教と呼んでもよい」ように取れる、宗教弾圧的判決)は、失効となりました。

【概略】 冬樹社の雑誌「PSIKO」上で、O氏が、ワールドメイトなどについて名誉毀損記事を書いた事件についての最新のご報告です。 平成15年10月8日、東京高裁において、ワールドメイト側とO氏らとの間で、和解が成立し、事件は終了いたしました。 これに伴い、明らかな偏りがあった一審判決は失効となりました。

(和解条項内には、特に削除合意等はありませんでしたが、宗教的見地から、O氏の心情を尊重し、自主的に削除を行なったものです。)

ワールドメイト元・会員「馬」によるやらせ「霊感商法110番」相談の真相


2009年7月29日に行われた紀藤弁護士の「霊感商法110番」で、ワールドメイトの相談が9件あったというやらせの真相は、今や、明らかとなっています。

ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんが、昨年の7月に、「ワールドメイト元会員ブログ」にて、紀藤弁護士の「霊感商法110番」へ電話をかけるようを呼びかけ、反ワールドメイト活動をしている加害者同士で、電話を掛け合ったことを、ブログ内にて、報告しあっています。この馬さんの宣伝行為がなければ、反ワールドメイト活動をしている仲間たちが電話をかけあうこともなかったということがわかっており、馬ら仲間たちでしかけたやらせ電話だったのです。

実際は、

■「霊感商法110番」の39件あった相談のうち、ワールドメイトに関する相談が9件

などと、報道されていましたが、それは、紀藤弁護士を信奉してる、ワールドメイトを貶める誹謗中傷活動をしているお仲間(馬さん、新米薬寿師さん、雌鶏ブラスバンドさん、霊感商法110番さん、谷○ローンガンマンさん、会員だったさん、高速舞子さん、わかさん、MAYさんらいつものメンバー)が、連絡を取り合って、霊感商法110番に電話をしたという事情が明らかになっているのです。この人たちは、本当は、一人もトラブルにあったことがないので、ワールドメイトの本部に連絡することさえできず、「ワールドメイト元・会員ブログ」というところで、日々、中傷記事を書いている人たちです。このアンチブログでワールドメイトの中傷を書くと、お金がもらえる仕組みであるそうです。

(2ちゃんねるでの書きこみ)

518 :神も仏も名無しさん:2009/07/29(水) 15:44:01 ID:LFsHxc2R

霊感商法110番に電話したら、一回目は感じの悪いおばさんに当たりました。
まず相談よりも個人情報の収集が第一で、ある程度の相談をしたら、やたら個人情報を
聞いてきます。そして「匿名でお願いできませんか?」と言えば、手の平返したように
不親切になりました。とにかく事務所に来て話をするように勧めるばかりで、違和感を感じました。
二回目は感じの良い男性の方でした。個人情報は名乗らずとも相談に乗ってくれました。
いずれにしても、最初は個人情報を名乗らずに相談する事をお勧めします。

この「ID:LFsHxc2R」さんは、一人で二回電話したようです。ということは、9回の電話のうち、2回は、一人が二度電話したということになります。一回目に電話したときは、とにかく、事務所に来て話すように勧められたそうで、ろくに相談にのってもらえなかったそうです。二回目に電話したときにやっと多少は相談に乗ってもらえたようですね。匿名で相談したそうです。しかし、ふつう、トラブルにあった人ならば、血相を変えて、こんなひどい目にあったんですとかなんとか、訴えるはずであると思います。そういう雰囲気ではなさそうですね。霊感商法とは関係のない、個人的な相談かもしれませんね。ワールドメイトでは、霊感商法など、そもそもありませんし。

(馬さんのブログでの報告会)

ありがとうございます

霊感商法110番に電話してみました。 メイトに関する相談が多いとの事でした。

2009/07/29(水) 15:51:19 |会員だった #-

(馬さんのブログでの報告会)

今日の霊感商法110番でワールドメイトの相談が多かったというのはこのブログのお陰ではないかと思います。それだけ多くの人から注目されていると言う事です。情報もたくさん集まったことでしょう。 2009/07/29(水) 20:59:35 |高速舞子 #iuekdcok

この「会員だった」さんと「高速舞子 #iuekdcok」さんのお二方は、ワールドメイトの相談が多かったという情報を意気揚々と書き込んでいます。そして、高速舞子さんは、馬さんが「ワールドメイト元会員のブログ」で宣伝したおかげだと断言しています。ということは、紀藤弁護士を信奉する馬さんのブログ宣伝がなかったならば、たいして、相談する人もいなかったということでしょう。また、興味深いのは、「会員だった」さんは、どのような相談をしたかを一切書かず、「メイトに関する相談が多い」としか書いていないことです。これでは、「会員だった」さんの真の目的は、ワールドメイトのマイナス評価を弁護士さんから聞き出して、アンチブログで宣伝することだったのでは・・・と思わざるをえません。自分の相談についてもなにも書いてないわけですからね。また、高速舞子さんが、「多くの人から注目されている」などと、霊感商法110番があたかも注目されているかのように言っていますが、事実としては、単に、日頃からワールドメイトの中傷を書いている、アンチ仲間が連絡をとりあい、アンチ仲間だけに注目されていたということです。

要するに、この「霊感商法110番」に、ワールドメイトのことを相談した9件とは、馬さんがアンチ仲間で「電話をかけよう」と宣伝して、自分らで電話しただけの「やらせ」以外の何物でもありません。日頃から、ワールドメイトを中傷して楽しんでいる人が、匿名で「ワールドメイトの相談です」と電話し、単に、弁護士にワールドメイトの中傷を言っただけであって、弁護士から、「ワールドメイトの相談が多い」などという文言を引き出し、意気揚々とアンチブログに書くのが目的だったのです。本当に霊感商法の相談をした人なんて、一人もいなかったのではないでしょうか。

(別の掲示板での書き込み)

17. ローンガンマン(=ボーン、バルサミコ、谷○) 2009年07月30日 00:02

俺も退会直後に全国霊感~にメールで相談した後、資料(玉串支払明細とか金銭授受にかかわる書面)を郵送しました。
例の玉串返還回避の為の文面「神様にお納めするのだから、、云々」も入っていたかな。

この「ローンガンマン」さんは、退会直後に玉串の支払い明細と寄付したことにかかわる書面を送ったそうです。でも、ワールドメイトには、一切、強制も脅かしもなにもないですし、ぜんぶ自分の意志で寄付したんですよね。いったん寄付したのを、退会したからやっぱり取り返したいなどというほうがおかしい話です。たとえば、日本赤十字社に、「今、お金に困ってるから、昔寄付したお金を返せ」などと言う人がいるでしょうか?この人は、ぜんせん、霊感商法とは関係のない相談だったのは明らかです。

(別の掲示板での書き込み)

 MAY  2009年08月01日 19:34

全国霊感商法対策弁護士連絡会に、問い合わせの電話をした時勧められて、私も霊感商法被害110番に電話しました。

金銭以外の被害について質問したのですが、例えば精神的被害については、某キリスト教系団体のように、多人数を24時間隔離して、洗脳するようなケースでなければ、損害賠償請求は難しい、という答えでした。
対応してくださった弁護士さんの口調から、何とかなりませんか、と、すがりつかんばかりの相談が多いことが、察せられました。
現時点では難しいそうですが、宗教団体の問題に詳しい弁護士さん達は、精神的被害については、金銭的被害と同等かそれ以上に深刻だと認めるよう、国に訴えかけているそうです。
少しずつでも、行動することが求められているように思えます。

この「MAY」さんは、金銭面の相談はしていないそうですから、霊感商法とは全く関係のない相談ですね。MAYさんは、ワールドメイトに入会する以前から、精神的な病で精神科に通院していたと、以前、発言していました。MAYさんは、ワールドメイトで精神的な病を直したいと思っていたようですが、ワールドメイトは病院ではありませんからそれは無理な話です。早く、しっかり治療して社会復帰されるといいですね。

(馬さんのブログより)

俺が消費者センターに通報したのはいうまでもない。 そして俺が通報したときにはすでにかなりの人数がひがい届けを出していた。 2009/07/29(水) 18:18:52 |みんな、聞いてくれ! #-

みんな、聞いてくれ!」さんは、消費者センターに通報したと言っています。そして、通報したときには、すでにかなりの人数が届け出していたなどと言っています。しかし。通常、消費者センターでは、そのような個人情報を誰にでも簡単に話すとは思えません。したがって、この「みんな、聞いてくれ!」さんの書きこみは、まったく信用できないといえます。単に、ワールドメイトを中傷したいから、嘘を書いたのかもしれません。

このように、「霊感商法110番」相談の真相とは、日頃から、ワールドメイトの文句ばかり言ってる人同士で電話をかけただけであり、霊感商法に関わる相談があったようにはとても思えませんでした。

事前にアンチブログで宣伝し、霊感商法110番が開催された当日、アンチ仲間内で電話をかけたことを、アンチブログで報告しあって中傷のネタにしてるだけです。どうみても、「これは嘘だな」としか思えない怪しい発言もあります。

今回、電話をかけたのは、「 ID:LFsHxc2R」さん(2回)、「会員だった」さん、「高速舞子 #iuekdcok」さん、「ローンガンマン」さん、「MAY」さん、さんと、他3名ということになります。おそらく、3名は、アンチブログで宣伝していた、馬さん、新米薬寿師さん、雌鳥ブラスバンドさんの3人でしょう。

電話をかけたとカミングアウトした、会員だった」さん、「高速舞子 #iuekdcok」さん、「ローンガンマン」さん、「MAY」さんは、これまでにも、アンチブログで中傷をわいわい言い合っている加害者メンバーであり、どう考えてもまじめな相談だったとは思えません。本当に被害があったのなら、アンチブログで中傷など書かずに、ワールドメイトに直接言えばいいだけです。しかし、本当はなにも被害などないからワールドメイトに言うネタもない、ということなのです。某組織からお金をもらって、アンチブログに中傷を書いている人もいるという話もあります。

また、まさか、相談にのってる弁護士さんが、いちいち電話を書けてきた人に「ワールドメイトからの相談が多いんですよ」などという個別情報を、わざわざ自分から漏らすはずもありません。ワールドメイトを貶める目的で、某組織からお金をもらって、毎日中傷書きこみをしている人たちが、「コレ幸い」とばかりに便乗して相談の電話をかけるふりをし、弁護士さんからワールドメイトの悪口を引き出したではないでしょうか。

相談の電話をするのは誰でも自由です。でも、だからといって、こんないい加減な電話も含めて9件とカウントするのは、いかがなものでしょうか。本当に問題があったのなら、ワールドメイトは誠実な団体なので、直接ワールドメイトに言えば、必ず、相談に乗ってくれるはずです。本部に電話しないということは、本当はトラブルにあっていないという証拠ですね。

創価学会と池田大作博士を賞賛しておられる馬さんは、やはり、この日も、統一教会のことをブログで批判していましたが、創価学会については、一言も触れておられなかったのは印象深いところです。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」は百も承知の上ウソを書く確信犯


ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんは、嘘だと知っているのに、”あたかも”事実であるかのように嘘記事を書き続けている、職業ブロガーです。

まず、最古参幹部25人組のうち、亡くなっている人、もうご高齢で今はいない人、などが大勢含まれているのを、馬さんは知っているはずです。それなのに、25人が利益を独り占めしているかのような嘘を書き続けています。

さらに、豪邸などとよべるマイホームがないのを、馬さんは目で見て知っているのです。馬さんは、複数の退会者を集めてマイホームの見学ツアーをひらいていると自らブログで書いていました。おそらく、ツアー料金をせしめるのが目的だったのだと思われます。なぜなら、豪邸などと呼べるマイホームは一軒もないのですから。そして、億単位の住宅に住んでいる人も一人もいません。

「先生が豪邸代として2億円を渡したと会計担当の関東の会員から聞いた」という話も、嘘八百だとすぐわかります。そんな噂聞いたことありませんし、関東エンゼル会や支部の会計担当の人が、ワールドメイトの経理の内容をなぜ知っていることになるのでしょうか。

(馬さんの嘘八百の記事)

重要な事実は、WMグループ内中でもっともカネになるWMの現場(物理的科学的根拠もなく「紙片」や「木片」や100円グッズや小冊子のようなものをその原価の何百倍何千倍の値段で「売っている」)にまったくタッチしていない最古参幹部25人組の建てている西荻豪邸の立派さと、WMの人間牧場に交代で寝泊りもする雑魚どもの住むアパートの悲惨さの落差だと思います。25人組の次にリッチなのはその次に古い集団の30人組、後は経済人マンゴーや元人妻あたりかと思われます。この辺が限界でここまでの人間で旨みを囲い込んでいるような気がいたします。雑魚にはご愁傷様と言うしかないです。
2010/07/06(火) 18:07:50 | 元・会員 #-

正直、ワールドメイトで、紙切れを売っていることはありません。御玉串と引き替えに、劫を抹消していただき、徳分を積ませて頂いているのをわたしは実感しています。真心で御玉串をさせていただいているのに、売っているとかと言って、価値を貶めるような失礼なことを言わないでもらいたいと思います。

その次の古い集団の30人組とかは、勝手に馬さんが言っているだけなのはわかりますが、質の高い労働をしていて、人の三倍働いている人が、馬さんが雑魚と呼ぶ普通のスタッフより、給料が少しくらい高くても、べつになんの問題もないことでしょう。正直いって、私は、人の三倍働いているスタッフさんの代わりに、あの激務をこなせる自信はとうていありません。ストレスも大きいだろうと思います。そういう人が、少しくらい、ほかの人より給料が多くても当たり前です。

社会的立場が高い人が、スーツを着るべき場で全身ユニクロで表れるわけにも行かないでしょうし、冠婚葬祭で祝儀が出せないというのも困ると思います。ですから、社会的立場が高い人は、少し、ふつうの立場の人より給与が高いのは当たり前です。

でも、給与が高いと言ってもそんなに高すぎることはぜったいないですよ。しかも、そういう人もほとんどの人が、アパート住まいです。

馬さんは、嘘だと百も承知の上で、嘘の記事を書いてばかりです。いつもそうです。本当に、嘘の風評を広めるのはいい加減やめていただけませんでしょうか。あまりにもひどいと思います。もう我慢できません。馬さんの記事を読んで、ワールドメイトが嫌になる人はアンチのお仲間しかいないと思いますが、間違いなく、会員は、アンチの人に不快感を感じると思いますよ。嘘記事を書くのは逆効果だといい加減に気づいたほうがいいと思います。

創価学会と池田大作を賞賛し、毎日ブログで書き込むだけで、お金がもらえるなんて、自分こそ、たいへん幸せな境遇ですね。