タグ別アーカイブ: 救済

ワールドメイト元・会員「馬」によるやらせ「霊感商法110番」相談の真相


2009年7月29日に行われた紀藤弁護士の「霊感商法110番」で、ワールドメイトの相談が9件あったというやらせの真相は、今や、明らかとなっています。

ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんが、昨年の7月に、「ワールドメイト元会員ブログ」にて、紀藤弁護士の「霊感商法110番」へ電話をかけるようを呼びかけ、反ワールドメイト活動をしている加害者同士で、電話を掛け合ったことを、ブログ内にて、報告しあっています。この馬さんの宣伝行為がなければ、反ワールドメイト活動をしている仲間たちが電話をかけあうこともなかったということがわかっており、馬ら仲間たちでしかけたやらせ電話だったのです。

実際は、

■「霊感商法110番」の39件あった相談のうち、ワールドメイトに関する相談が9件

などと、報道されていましたが、それは、紀藤弁護士を信奉してる、ワールドメイトを貶める誹謗中傷活動をしているお仲間(馬さん、新米薬寿師さん、雌鶏ブラスバンドさん、霊感商法110番さん、谷○ローンガンマンさん、会員だったさん、高速舞子さん、わかさん、MAYさんらいつものメンバー)が、連絡を取り合って、霊感商法110番に電話をしたという事情が明らかになっているのです。この人たちは、本当は、一人もトラブルにあったことがないので、ワールドメイトの本部に連絡することさえできず、「ワールドメイト元・会員ブログ」というところで、日々、中傷記事を書いている人たちです。このアンチブログでワールドメイトの中傷を書くと、お金がもらえる仕組みであるそうです。

(2ちゃんねるでの書きこみ)

518 :神も仏も名無しさん:2009/07/29(水) 15:44:01 ID:LFsHxc2R

霊感商法110番に電話したら、一回目は感じの悪いおばさんに当たりました。
まず相談よりも個人情報の収集が第一で、ある程度の相談をしたら、やたら個人情報を
聞いてきます。そして「匿名でお願いできませんか?」と言えば、手の平返したように
不親切になりました。とにかく事務所に来て話をするように勧めるばかりで、違和感を感じました。
二回目は感じの良い男性の方でした。個人情報は名乗らずとも相談に乗ってくれました。
いずれにしても、最初は個人情報を名乗らずに相談する事をお勧めします。

この「ID:LFsHxc2R」さんは、一人で二回電話したようです。ということは、9回の電話のうち、2回は、一人が二度電話したということになります。一回目に電話したときは、とにかく、事務所に来て話すように勧められたそうで、ろくに相談にのってもらえなかったそうです。二回目に電話したときにやっと多少は相談に乗ってもらえたようですね。匿名で相談したそうです。しかし、ふつう、トラブルにあった人ならば、血相を変えて、こんなひどい目にあったんですとかなんとか、訴えるはずであると思います。そういう雰囲気ではなさそうですね。霊感商法とは関係のない、個人的な相談かもしれませんね。ワールドメイトでは、霊感商法など、そもそもありませんし。

(馬さんのブログでの報告会)

ありがとうございます

霊感商法110番に電話してみました。 メイトに関する相談が多いとの事でした。

2009/07/29(水) 15:51:19 |会員だった #-

(馬さんのブログでの報告会)

今日の霊感商法110番でワールドメイトの相談が多かったというのはこのブログのお陰ではないかと思います。それだけ多くの人から注目されていると言う事です。情報もたくさん集まったことでしょう。 2009/07/29(水) 20:59:35 |高速舞子 #iuekdcok

この「会員だった」さんと「高速舞子 #iuekdcok」さんのお二方は、ワールドメイトの相談が多かったという情報を意気揚々と書き込んでいます。そして、高速舞子さんは、馬さんが「ワールドメイト元会員のブログ」で宣伝したおかげだと断言しています。ということは、紀藤弁護士を信奉する馬さんのブログ宣伝がなかったならば、たいして、相談する人もいなかったということでしょう。また、興味深いのは、「会員だった」さんは、どのような相談をしたかを一切書かず、「メイトに関する相談が多い」としか書いていないことです。これでは、「会員だった」さんの真の目的は、ワールドメイトのマイナス評価を弁護士さんから聞き出して、アンチブログで宣伝することだったのでは・・・と思わざるをえません。自分の相談についてもなにも書いてないわけですからね。また、高速舞子さんが、「多くの人から注目されている」などと、霊感商法110番があたかも注目されているかのように言っていますが、事実としては、単に、日頃からワールドメイトの中傷を書いている、アンチ仲間が連絡をとりあい、アンチ仲間だけに注目されていたということです。

要するに、この「霊感商法110番」に、ワールドメイトのことを相談した9件とは、馬さんがアンチ仲間で「電話をかけよう」と宣伝して、自分らで電話しただけの「やらせ」以外の何物でもありません。日頃から、ワールドメイトを中傷して楽しんでいる人が、匿名で「ワールドメイトの相談です」と電話し、単に、弁護士にワールドメイトの中傷を言っただけであって、弁護士から、「ワールドメイトの相談が多い」などという文言を引き出し、意気揚々とアンチブログに書くのが目的だったのです。本当に霊感商法の相談をした人なんて、一人もいなかったのではないでしょうか。

(別の掲示板での書き込み)

17. ローンガンマン(=ボーン、バルサミコ、谷○) 2009年07月30日 00:02

俺も退会直後に全国霊感~にメールで相談した後、資料(玉串支払明細とか金銭授受にかかわる書面)を郵送しました。
例の玉串返還回避の為の文面「神様にお納めするのだから、、云々」も入っていたかな。

この「ローンガンマン」さんは、退会直後に玉串の支払い明細と寄付したことにかかわる書面を送ったそうです。でも、ワールドメイトには、一切、強制も脅かしもなにもないですし、ぜんぶ自分の意志で寄付したんですよね。いったん寄付したのを、退会したからやっぱり取り返したいなどというほうがおかしい話です。たとえば、日本赤十字社に、「今、お金に困ってるから、昔寄付したお金を返せ」などと言う人がいるでしょうか?この人は、ぜんせん、霊感商法とは関係のない相談だったのは明らかです。

(別の掲示板での書き込み)

 MAY  2009年08月01日 19:34

全国霊感商法対策弁護士連絡会に、問い合わせの電話をした時勧められて、私も霊感商法被害110番に電話しました。

金銭以外の被害について質問したのですが、例えば精神的被害については、某キリスト教系団体のように、多人数を24時間隔離して、洗脳するようなケースでなければ、損害賠償請求は難しい、という答えでした。
対応してくださった弁護士さんの口調から、何とかなりませんか、と、すがりつかんばかりの相談が多いことが、察せられました。
現時点では難しいそうですが、宗教団体の問題に詳しい弁護士さん達は、精神的被害については、金銭的被害と同等かそれ以上に深刻だと認めるよう、国に訴えかけているそうです。
少しずつでも、行動することが求められているように思えます。

この「MAY」さんは、金銭面の相談はしていないそうですから、霊感商法とは全く関係のない相談ですね。MAYさんは、ワールドメイトに入会する以前から、精神的な病で精神科に通院していたと、以前、発言していました。MAYさんは、ワールドメイトで精神的な病を直したいと思っていたようですが、ワールドメイトは病院ではありませんからそれは無理な話です。早く、しっかり治療して社会復帰されるといいですね。

(馬さんのブログより)

俺が消費者センターに通報したのはいうまでもない。 そして俺が通報したときにはすでにかなりの人数がひがい届けを出していた。 2009/07/29(水) 18:18:52 |みんな、聞いてくれ! #-

みんな、聞いてくれ!」さんは、消費者センターに通報したと言っています。そして、通報したときには、すでにかなりの人数が届け出していたなどと言っています。しかし。通常、消費者センターでは、そのような個人情報を誰にでも簡単に話すとは思えません。したがって、この「みんな、聞いてくれ!」さんの書きこみは、まったく信用できないといえます。単に、ワールドメイトを中傷したいから、嘘を書いたのかもしれません。

このように、「霊感商法110番」相談の真相とは、日頃から、ワールドメイトの文句ばかり言ってる人同士で電話をかけただけであり、霊感商法に関わる相談があったようにはとても思えませんでした。

事前にアンチブログで宣伝し、霊感商法110番が開催された当日、アンチ仲間内で電話をかけたことを、アンチブログで報告しあって中傷のネタにしてるだけです。どうみても、「これは嘘だな」としか思えない怪しい発言もあります。

今回、電話をかけたのは、「 ID:LFsHxc2R」さん(2回)、「会員だった」さん、「高速舞子 #iuekdcok」さん、「ローンガンマン」さん、「MAY」さん、さんと、他3名ということになります。おそらく、3名は、アンチブログで宣伝していた、馬さん、新米薬寿師さん、雌鳥ブラスバンドさんの3人でしょう。

電話をかけたとカミングアウトした、会員だった」さん、「高速舞子 #iuekdcok」さん、「ローンガンマン」さん、「MAY」さんは、これまでにも、アンチブログで中傷をわいわい言い合っている加害者メンバーであり、どう考えてもまじめな相談だったとは思えません。本当に被害があったのなら、アンチブログで中傷など書かずに、ワールドメイトに直接言えばいいだけです。しかし、本当はなにも被害などないからワールドメイトに言うネタもない、ということなのです。某組織からお金をもらって、アンチブログに中傷を書いている人もいるという話もあります。

また、まさか、相談にのってる弁護士さんが、いちいち電話を書けてきた人に「ワールドメイトからの相談が多いんですよ」などという個別情報を、わざわざ自分から漏らすはずもありません。ワールドメイトを貶める目的で、某組織からお金をもらって、毎日中傷書きこみをしている人たちが、「コレ幸い」とばかりに便乗して相談の電話をかけるふりをし、弁護士さんからワールドメイトの悪口を引き出したではないでしょうか。

相談の電話をするのは誰でも自由です。でも、だからといって、こんないい加減な電話も含めて9件とカウントするのは、いかがなものでしょうか。本当に問題があったのなら、ワールドメイトは誠実な団体なので、直接ワールドメイトに言えば、必ず、相談に乗ってくれるはずです。本部に電話しないということは、本当はトラブルにあっていないという証拠ですね。

創価学会と池田大作博士を賞賛しておられる馬さんは、やはり、この日も、統一教会のことをブログで批判していましたが、創価学会については、一言も触れておられなかったのは印象深いところです。

ワールドメイトの弱者救済の人道的立場とは対称的な、弱者いじめを楽しむ「馬」コト、(自称)元・会員コト、ゆきちゃんの真意はいかに?


ワールドメイトといえば、弱者救済をポリシーに掲げる人道的なグループです。その世界中に愛をワールドメイトをネット上で、けちょんけちょんにけなしている、自称ワールドメイト元・会員コト「馬」さんは、ご自分のブログで弱い者いじめを楽しんでおられるようです。

「馬」さんは、大きな企業にはどこにでもいるクレーマー的なお方だなという印象です。なぜなら、特になにもワールドメイトで何かあったわけでもないのに、ワールドメイトの誹謗中傷をブログ上で展開しているからです。時には暴言のかたちをとることもあります。また、馬さんのお仲間である、書きこみ部隊の暴言にも熾烈を極めた激しさがあります。特に、関西の谷村さん(バルサミコ、ルイス、ボーン、支部残酷物語、カツマタ、ケンヂ、カンナ、フクベエ、ユキジ、モンちゃん、ドンキー、キリコ、オッチョ、ヨシツネ、シディアス卿、ふとどきな現役会員、現会員、ジェダイ、baka_toshu 、羽生義春等の偽名を次々使用する)という方は、次々と偽名を変えて、ツイッターやブログで虚偽の書きこみをしたり、会員の実名を書いて中傷したり、やりたい放題のご様子で見ていられません。他にも、霊感商法110番(旧名:インチキ霊感商法)さんの暴言と嘘にも激しいものがあります。新米薬寿師さん、桃の実神慈さん等もそれに準じます。

ワールドメイトは宗教団体ですから、弱者が救いを求めてくる場合があるのは当然です。大きな神事でも身体障害者専用の受付があり、聴覚障害者が神事を見られるように手話やノートテイクのご奉仕さんがおられるほどです。盲人の方で救霊活動をされている方もおられますが、慈愛溢れるお取り次ぎということで評判もいいと聞いたことがあります。

もともと、精神的に発達障害のある方や弱い方も、ワールドメイトに救いを求めて会員となる場合はあるのです。精神的なご病気の方や、以前投薬治療を受けられたことのある方の場合は、保護者や近親者等にご病気の方の神業保証人となっていただき、周囲の方と一緒に御神業を続けられるような配慮が、ワールドメイトにはあります。精神的にご病気の方でも、聴覚障害者の方でも、盲人の方でも、守護霊がいらっしゃり、素晴らしい御魂をお持ちの方はおられます。ただし、お一人で、健常者と混じって活動をされるのは難しいでしょうから、ということで周囲にご理解のある方とともに、御神業を続けられるようにしているのです。

こうした事情により、ワールドメイトには、大学教授や一流の芸術家、経営者等の知識人層だけでなく、サラリーマン、OL、主婦、学生、アルバイトやパートの方、そして社会的弱者の方まで、幅広い層の会員が在籍しているのです。

馬さんは、社会的弱者に属する精神的にご病気の会員さんの記事をネットに無断転載し、ご自身のブログ「ワールドメイト 元・会員のブログ」上で中傷や嘲りのコメントを添え、楽しい日々を送っておられるようです。

たとえば、30代の女性にむかって、「陰毛の△さん」などというあだ名をつけ、「あんたデブス歴33年引きこもり歴約20 年の、無職カネなしパラサイト禿女でしょ。未来ある男性の誰がわざわざあんたを選びますか。」「他人への依存心の高さは極端」などと毎回書いておられます。

そのほかにも、馬さんは、会員さんに対して、「ロリコン脳内お花畑ラリP君、ロリコンラリPは明大中退!(社会的弱者への暴言)」「30代ヒキニートコンビ、30過ぎた無職ヒッキー、自称病気、異性ほしいほしい病(社会的弱者への暴言)」「オデコハゲオヤジ(容姿の中傷)」「イカ天ハゲ(容姿の中傷)」「コロッケ3個婆(貧しい方へ向かっての中傷)」「女朝青龍(女性に向かって体型の中傷)」「競馬ババア、銀座婆(女性向かっての暴言)」などと、弱い者をいじめるコメントをよくも次々平常心で書けるものだと思います。いや、むしろ、平常心というよりは、心から楽しんでいるように見えることもあるのですが、私の考えすぎでしょうか?

そして、馬さんを先頭に、霊感商法110番さんも「銀座婆とロリコンラリPは正気を失っている! まるで覚せい剤中毒患者みたいだ(爆)」などと精神的弱者を叩く、いじめコメントが延々とつづいていくのです。

さらにその上、馬さんは先日、カンボジアは「お㍗る国。道路整備等が隣国と比べて遅れているらしいし。」とまで書いておられました。これは、先進国ではない国を切り捨てるいじめ発言にほかなりません。ポルポト派の不幸な内紛により、道路整備が隣国より遅れているのは事実かもしれませんが、アンコールワットという遺跡をつくるだけの文化や建築技術が古くから根付いているカンボジアに向かって、「終わっている国」と上から目線でものを言う姿勢には嫌悪感がわいてきます。馬さんは、カンボジアの文化を認め、尊重する気持ちはないのでしょうか? ポルポト派の内紛という不幸な歴史にたいする知識はお持ちでないのでしょうか? 良識がある方なら、このような発言はされないのではないかと思えてなりません。

こうした、馬さんの弱者を嘲り笑う行為には憤りを感じざるを得ません。社会的弱者に向かって、中傷発言をして、ストレス解消をされているのでしょうか。あまりにも許せない非人道的な行為であると思います。人としての良識を疑わざるをえません。

自称、元・会員を名乗り、虚偽の根拠に基づいてワールドメイトを誹謗中傷される馬さんは、創価学会や池田大作博士を賞賛される一方で、社会的弱者に向かってはとことんいじめ抜かれます。ワールドメイトの援助により救われた貧しいカンボジア人100万人の実績を無視し、福祉活動を批判されていますし、盲人ゴルフにより生きる希望を見いだした盲人への援助実績を無視し、ゴルフへのチャリティーを批判されています。

こんな馬さんの弱い者いじめをとうてい許してはおけません。馬さんが弱い者いじめをやめない限り、馬コト 元・会員コト ゆきちゃんの辛辣な記事の検証を続ける決意を固くした次第でございます。

【世界中に愛をワールドメイトの3大スローガン】

「宗教団体としての、弱者救済の立場に立った、慈悲慈愛の実行」「人道的見地に立った、会員や社会への対応」「社会良識に基づく誠実な対応」