タグ別アーカイブ: ワールドメイト

【大きな勘違い】ワールドメイト元会員のブログ(自爆発言有


ワールドメイト元会員のブログを書いてる

(自称)元・会員コトゆきちゃんこと馬さんは、大きな勘違いをされているようです。

 

昔、支部長さんになりたかったのに、大きな勘違いをしていたために、周囲の人に受け入れられずに支部長さんになれなかったのを逆恨みされているようですが、未だに同じ過ちを犯していますね。

(ワールドメイト元・会員のブログの元・会員のコメントより)

拙ブログは根拠となるソースを元に、一度でも見たらほぼ必ず妄信から目が覚める構成になっていると自負しております。

 

などと書いてありますが、私の知る限り、何度か「ワールドメイト元会員のブログ」を見てしまった人がいましたが、「ウソばかり書いているね」という感想以外には聞いたことがありません。

見たくなくても、必死にSEO対策をされているため、検索で引っかかってしまって、見てしまったそうですが、誰一人、あのブログを見たからと言って、なにか影響を受けた人など聞いたことがありません。

あまりにもウソばかり書いていてくだらないし、忙しいので、無視しているだけの話です。

逆に、「ワールドメイト元会員のブログをやってる本人が妄信しているね、目が覚めるといいね」と思われているのを知らないのでしょうか。

 

馬さんは、実に主観的な方ですね。客観性が感じられません。

昔は、歌手をされていて、今は社会性の乏しい主婦をされているのである意味、仕方がない面もあるのでしょう。一日中、朝も昼も夜もパソコンですから、いったい料理を作ったりする時間があるのでしょうか。コンビニ弁当でしょうかね。ふつうの主婦としてもどうかと思いますよ。

 

「私に対して24時間PCやっているだとか他宗教の手先だなどという何の証拠も根拠もない批判をし」などと、馬さんが言ってますが、私は、一度も、「他宗教の手先」であるなどと批判をしたことはありません。

過去の記事を読み返していただければわかることです。

なるほど、馬さんは、他宗教の手先として、ブログをやっておられるのを自覚されているから、こんなときにぽろっと書いてしまうのですね。

 

よ〜くわかりました。

 

ちなみに、馬さんがパソコンで検索しまくったり、ウソを書きこみしまくったりするのは非常に非生産的な活動ですから、そんなことに電力を使用するのは、非常に無駄に近いとは思います。

創価学会や池田大作博士を賞賛しているということを指摘したとたん、創価学会の「そ」の字も書かなくなってしまったのはなぜなのでしょうか?その他の教団や宗教は批判するのになぜですか?

その理由は、私の過去の記事をよめば、自ずと明らかになることでしょう。

 

 

広告

【再び真っ赤な嘘】ワールドメイト元・会員のブログ


ワールドメイト元・会員のブログにて、以下のコメントを管理人である元・会員コト馬コトゆきちゃんコト「非NPO法人 性感開発協力機構」が書いてます。

(ワールドメイト元・会員のブログより)

ばっかじゃなかろうか!

各NPOを含む関連法人が全部博士の一存で動いていて、それらの全てはワールドメイトの金玉串が原資だと認めていやがるわけだ、この糞通達を書いたカスタッフ野郎は。いやもうスタッフは全員知っていてばら撒き事業に関っているわけですよ。いままで住熊相撲道やアンチが何たらブログが散々、金玉串で運営されているわけではなく寄付がどうたらこうたらで~という大嘘がこの糞通達で一瞬で葬られたな。

2011/03/22(火) 15:08:07 | 非NPO法人 性感開発協力機構 (=馬=ゆきちゃん=元・会員(自称)=元歌手さん)

これを読み、「ばっかじゃなかろうか!」などと得意満面で勝ち誇っている浅はかな馬さんに対して、可笑しくて可笑しくて笑ってしまいました。まあ、いつものことですが、馬さんのおっちょこちょい気質は嫌いではありませんよ(ニッコリ)。

馬さんは、むかし歌手をされていてとくに社会経験もなにもない主婦で、毎日24時間パソコンの前に座って書きこみをしてるだけの日々ですから、社会の仕組みというものが理解できないのも無理はない面もあるとは思います。

深見東州先生は、何社も会社をされているので、それらの会社からも寄付しているかもしれませんし、先生が決断されたといったら、そういうのも含めて決断された、ということだと思います。

深見先生の活動は、ワールドメイトだけではないのですよ。

公益活動、福祉慈善活動、芸術活動、文化振興の活動、経営者としてなどさまざな分野でご活動されてるのです。

「それらの全てはワールドメイトの金玉串が原資だと認めて」ると決めつけておられますけれども、ワールドメイト以外にも何社も会社もやっておられますし、深見先生の決断は、ワールドメイトだけではないのだということをお忘れだったご様子ですね(ニコニコ)。

社会経験のある人ならばすぐにわかることです。

また、「半田晴久博士個人の判断によってワールドメイトに集まる金玉串をつぎ込んでいるNPO法人世界芸術文化振興協会(IFAC) (2011/03/29(火) 07:58:50 | URL | 元・会員 #-)」

などと馬さんが同様の主旨でデマを書き続けていますね。

どうやら、またもや、ウソを100回書いて火のないところに煙を起こす、某組織もしくは上司からの指示によるらしい作戦を展開されているご様子です。

先日の衛星中継でも、理事に電話確認をしてみなさん賛成されたという旨を、深見先生がおっしゃっていましたね。

もし「各NPOを含む関連法人が全部博士の一存で動いて」いるとしたら、関係諸方面にFAXで通達すればすむわけですから、一時間ですみます。

「全部博士の一存で動いて」いるとしたら、何日もかけて関係諸方面に伝達したりする必要もありませんし、理事に電話をする必要もないわけです。そして、理事会や総会を開く必要さえありません。

馬さんの発言により、むしろ、「全部博士の一存で動いて」いないことが明らかになったと言えるでしょう。

ところで、念のためにIFACさんに電話をして、「毎年ある秋のIFACオペラ、夏の薪能」など、ほとんど全ての文化、芸術の年間催しを中止し、震災支援に力を注ぐと決定したことは、全部博士の一存で動いていたのかどうかを聞いてみました。

すると、深見東州先生が言うまでもなく、理事のみなさんが、「当然そうするべきだとかねがね思っていた」ということで、理事みなさんが賛成されたそうです。

さらに、18日のIFAC総会でも報告があってそこでもみなさん賛同されていたといいますよ。

すべて、組織運営の決まりに則って行われているということでした。そうでなければ、NPO法人として認証されることもありませんよね。

そういう組織運営の形態が、東京都から認められなければ、NPO法人になれるわけはありません。

それにしても、もし馬さんが理事だったら反対するおつもりなのでしょうか。なぜ、震災の支援に反対する発言ばかりされるのか、全く意味がわかりません。そして、なぜ、震災の支援をすることに対し「ばっかじゃなかろうか!」などと得意げに書き込んでいるのでしょう。

創価学会や池田大作博士を賞賛する一方、震災の救援活動にケチをつけるという行為はいったいどういうわけなのでしょうか。あまりに常識と良識のない発言なので、人間性を疑ってしまいそうになりますが、ひょっとして、某組織から 圧 力 がかかっているということなのでしょうかね。

【詐欺ブログ】ワールドメイト元・会員ブログ【根拠なしに決めつけ】


ワールドメイト元・会員のブログという、ウソばかり発信しているブログがあります。

なんでも、某組織からお金をもらって、ワールドメイトを中傷する活動をしているそうです。

そして、ワールドメイトの活動を過少評価する記事を書いたり、根拠もなく、ウソに決まっているなどと書いています。

一切の根拠がない、事実無根である、ということはいつものことです。

ワールドメイトの(自称)元・会員ブログの管理人は、最近は、

「非NPO法人 性感開発協力機構」という卑猥なハンドルネームで、自分のブログに書き込んでいます。

卑猥なご趣味でもおありなのでしょうかね。

そして、「福島原発で4人のワールドメイト会員」が働いているという事実に関して、一切の根拠もなく、ありえないと言い張っています。

しかし、ウソではないそうです。知ってるスタッフの方に聞いてみたところ、本当であると確認できました。スタッフさんの中にも自衛隊の方に友人がおられる方もいるそうですし、やはり、日本のために働こうという志の方だからこそ、ワールドメイト会員の割合が高いのだと思います。

創価学会や池田大作博士を賞賛するばかりで、創価学会や池田大作博士に関して、一切の中傷、一切の話題、一切の噂話を書かない、というのはいったいどういうわけなのでしょうか。某組織から、話題に出してはいけないという箝口令でもしかれているのでしょうかね。

ワールドメイト救援隊・ワールドメイトゴジラ救援隊結成!


ワールドメイト救援隊ワールドメイトゴジラ救援隊が、放射能の風評により誰も行かなかったいわき市や北茨城市などに初めて到着し、ガソリンなどの支援物資を渡しているそうです。

その後、いわき市にもほかのグループからも、救援の手が届くようになっているらしく、本当に良かったと思います。

被災者は東北各県に点在しており、全部の箇所に、必要な物資が行き渡らないとういことはありうることだと思います。その中でも、いちばん必要とされている場所にいち早く駆けつけた、ワールドメイト救援隊、ワールドメイトゴジラ救援隊の活動は、非常に意義深いものだと思います。

ワールドメイト救援隊・ワールドメイトゴジラ救援隊を指揮されている、深見東州先生は、3月14日中にワールドメイト東北16支部に100万円ずつ送金し(あわせて1600万円)、さらに、同日に第1次救援隊が1000万円で買い出して出発してます。

この、2600万円でスタートした救援は、第2次救援隊、第1次と2次のゴジラ隊、生活文化の援助隊などを合わせ、5000万円を超える支出で活動しているそうです。

深見東州先生は、地震と津波発生後の翌日に、毎年ある秋のIFACオペラ、劇団の公演、夏の薪能、秋のPGAとのHANDA CUP、シニアマスターのゴルフ、JGTOとの若者のためのゴルフトーナメント、またイギリス、オーストラリアのゴルフトーナメントや美術祭など、ほとんど全ての文化、芸術、スポーツの年間催しを中止を決断されたといいます。

それを、2日間で関係諸方面に伝達され、14日から、それらの資金を救援活動に活用する準備を調えられたそうなのです。

何物にも執着することなく、素早く捨てて、素早く決断し、素早く救援に向かうという素早い決断の結果として、このたび一番のりで、誰も物資を届けることが出来なかったいわき市や北茨城市に、いち早く物資が届けられたのだと思います。

地震発生から一週間がたつのに、まだ一刻を争う救援を待つ人々がいるということなのですね。

「初めて届けてくれた…」と現地の方が涙ながらに喜んでおられたという話を聞き、非常に胸が揺り動かされました。

そして、心ばかりですけれども、私も、ワールドメイト義援金に寄付させていただいた次第です。

ところで、某組織からお金をもらってワールドメイトや深見東州先生の悪口毎日、温かい部屋でパソコンの前に座って書いてる「(自称)元・会員」コト「馬」コト「ゆきちゃん」コト「非NPO法人 性感開発協力機構」さんは、

ワールドメイト救援隊、ワールドメイトゴジラ救援隊の支援活動を

(ワールドメイト元・会員のブログ書きこみより)

「震災がバ鴨を煽って金をふんだくるチャンスだと醒めた頭で理解している」

などと自分のブログで分析しています。

たとえば、当然ですが、このたびの、ワールドメイト義援金による金をふんだくることなどとうていありえません。残らず、ワールドメイト救援隊やワールドメイトゴジラ救援隊の活動へ使われることでしょうし、義援金がはじまるまえに、すでに5000万円以上の支出があるのです。

震災で儲けるなんで考えつきませんでしたが、出ていくばかりで儲かるわけはないのは誰の目にも明確ですよね。

ワールドメイト義援金もこれまでの活動にプラスして足されるわけですし、ワールドメイト救援隊が義援金をあてにしているわけではなく、まずは自助努力で発足したものであることも明白です。

創価学会や池田大作博士を賞賛される一方で、なにがなんでもワールドメイトの揚げ足をとろうと必死で見当外れの中傷をせざるを得ない理由は、いったいなんなのでしょうか。やはり、某組織から圧力がかかっているということなのかもしれません。

【節電しろ】ワールドメイト元・会員ブログ【一日中ネットで文句書き】


ワールドメイトの元会員のブログの管理人である「馬」コト(自称)「元・会員」コト「ゆきちゃん」コト「非NPO法人 性感開発協力機構」はこのような地震の非常時であるにもかかわらず一日中、ネットで書きこみをしているご様子です。

少しは節電をしようという気持ちはないのでしょうか。

少なからず、常識を疑わざるをえない振る舞いですね。

このような非常事態にもかかわらず、職場からワールドメイトのウソ悪口を書き続けるなんて、やはり、職場を提供しているスポンサーの某組織から相当な圧力がかかっていることが予想されます。

そして、馬さん以外にも次々と書きこみがあるということは、もしかしたら、みんなで一斉に職場から書き込んでいるということなのかもしれません。

そして、「幹部25人組の豪邸」などとまたウソを書いています。

そもそも、幹部は25人もいないそうですし、豪邸を持っている人は一人もいないそうです。ワールドメイトの重鎮である幹部がアパート住まいであるという話も聞いております。

なぜ、馬さんは、明らかなウソばかりを繰り返し書き続けるのでしょうか。以前、ご自分で100回書けば真実になる、という本音をおっしゃっていたという記憶が甦ります。でも、一番の理由は、お金をもらうためにはウソでもいいから悪口をなにか書き続けなければいけないと焦っているからでしょう。ですから、24時間いつでもパソコンで書きこみをしているのです。こんな非常時に救援活動に参加することもなく、節電もせずに、24時間書きこみをするなんて正気の沙汰とは思えません。

もちろん、私は少しネットを見たら節電のためにパソコンを休ませるつもりです。私は馬さんらのようにブログを書いてお金をもらっているわけではありませんので、仕事もあります。

創価学会と池田大作博士を賞賛するあまりに、霊感商法の報道を書く際にも、決して創価学会の話題には触れない配慮が感じられますね。やはり、馬さんのブログは計画的ウソでっち上げの記事ばかりであるようです。深見先生のことが好きで好きで仕方ないのに、こんなことでは報われませんよ。

職場から15:03にワールドメイト中傷を書く元・会員は職業ブロガーなのか


ワールドメイト元・会員のブログの管理人である

(自称)元・会員コト 馬コト ゆきちゃんコト

「非NPO法人 脱新興宗教&一般人”復帰”振興協会」コト

「非NPO法人 性感開発協力機構」さんは、

15時03分に職場から、自分のやってるブログ

「ワールドメイト元・会員のブログ」に書きこみをしています。

私の職場も書類や書籍が散乱しました。いちおう人的ヒガイこそありませんでしたが…

2011/03/11(金) 15:03 |非NPO法人 性感開発協力機構 #-

15時などという真っ昼間から、職場の散らかり具合について書きこみをいち個人がやってるブログに書きこみをすることが許される職場なんて、いったいどんな会社なのでしょうか?もしくは、馬さんが仕事をサボっているのでしょうか?

今は書きこみがまだ少ないですが、かつて、馬さんは

早朝4時とか6時とか、朝の8時とか10時とか、昼間の12時とか15時とか夕方とか夜とか深夜24時とか26時とか、どんな時間帯にでも一日中、ワールドメイトのデマ中傷を書いていました。

どうみても、馬さんはブログを書くことやコメント書きこみ、またワールドメイト関連のブログや深見先生の情報をネットで検索することに一日中費やしているとしか思えません。

馬さんグループは実は三人いて、記事を書く担当、ネット検索担当、書類を都庁などに取りに行く担当などと別れているという話もありますけれども、とても一人でできる量ではありません。

それなのに、いったい、どんな仕事が勤まるというのでしょうか?

好き放題、ネットで書きこみをしながらできる事務仕事なんてどこにあるのでしょうか?

そして、真っ昼間からワールドメイトを中傷するデマ書きこみをしても許される職場なんてあるのでしょうか?

ワールドメイト元・会員のブログの管理人である

(自称)元・会員コト 馬コト ゆきちゃんコト

「非NPO法人 脱新興宗教&一般人”復帰”振興協会」コト

「非NPO法人 性感開発協力機構」さんは、

某組織からお金をもらって中傷書きこみをしている

職業ブロガーであるという噂がありますが、

ますます信憑性が高くなってきますね。

そして、今回の馬さんの自爆発言により、

自らのブログ書きの背後には何らかの組織的サポート(ブログ中傷を書く職場がある)があるということが、明らかになりました。

創価学会と池田大作博士を賞賛し、ワールドメイト中傷を推進する職場というものが世の中にあるのですかね。

【犯罪か】ワールドメイト元・会員ブログ【詐欺】


ワールドメイト元・会員ブログは、

ワールドメイト会員を詐欺呼ばわりしたり、

虚偽情報を掲載している

犯罪性が高いと思われるブログです。

管理人の「元・会員」は、以前、「ゆきちゃん」、「馬」というハンドルネームで掲示板に書きこみをしていました。

また、いまは、「非NPO法人 脱新興宗教&一般人復帰振興協会」とか「非NPO法人 性感開発協力機構」とかいうハンドルネームで書き込んでいるようです。

「ゆきちゃん」という名前で掲示板に書き込んでいるときに、紀藤弁護士に「メールします」などという親しげな書きこみもしていたようです。

さらに、ワールドメイト会員の職場に通報しよう、などという扇動活動をしていたようです。

そして、今は某組織からお金をもらって、違法性が高いブログを書いているというもっぱらの噂です。

池田大作博士や創価学会を賞賛する一方、ワールドメイト会員を詐欺師などと悪態をつく真意はいったいなんなんでしょうね。