タグ別アーカイブ: ワールドメイト

元会員ら、私たち元会員の総意としてブログをアップするサル


ワールドメイトのプロ市民アンチである、雌鳥ブラスバンド(通称:サル)氏は、「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」というブログに、ウソばかりを書いて発信を続けてます。

病気が完治したのに、「病魔に負けた」と書いたり、「震度10の地震が来るとお告げをした」などと言ってもないことを言ったことにしてウソを書き続けているのです。

ところで、サル氏は、一人でブログを書いてるわけではなく、「元会員ら」集団がかかわっています。

(サルでもわかるブログより引用)

2012/05/12 – しかしこれらの祈願は、ワールドメイト元会員らの間で「逆証」と呼ばれる現象を発生させます。

2013/10/02- このメルマガがリンクされるや否や、元会員らに衝撃が走りました。

2013/10/11 – 私たち元会員はもしも「どうして・・・」

サル氏は、元会員らの間で常に連絡をとりあっており、ニューライスブログのコメント欄にメルマガがリンクされるや否や、元会員らで衝撃を感じたそうです。そして、元会員らの総意として「どうして・・・」などとブログに書いたのです。

「メルマガがリンクされるや否や、元会員らに衝撃」を実現させるには、以下の方法があると考えられます。

・元会員らが集まっている個室で、ブログを監視しており、コメント欄の書き込みを見つけたとたん、「見てみて」と促し、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、その場で、「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログに更新する

・誰か、一人がブログを監視しており、メルマガがリンクされるや否や、電話もしくはメールで「見て」と促し、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、電話もしくはメールで「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログを更新する

・スパイ会員としてワールドメイトに入会してる人物が、メルマガリンクをコメント欄に書いたことを、仲間に、電話もしくはメールで知らせ、元会員らで一斉に見て衝撃を受ける。そして、電話もしくはメールで「どうして・・・」などと言った感想をまとめて、「私たち元会員は」とブログを更新する

いずれにせよ、真っ昼間にたいして目立ってもないブログのコメント欄に、メルマガのリンクが貼り付けられるや否や驚くためには、誰かが監視役として張り付き監視をするか、コメント欄に書き込んだ本人から連絡をもらうしか方法はないでしょう。

そして、その結果、「私たち元会員は」と書くには、複数の元会員の間で、「どうして・・・」などと集団で意見交換をする必要があります。

真っ昼間から、電話やメールなどで、「メルマガ見た?」といちいち意見交換をしたり、プロアンチの事務所で「メルマガ見た?」などとわいわい話し合ってるのです。

サル氏は、ウソばかり書くことで有名ですが、それは、サル氏単独の行動ではなく、元会員「ら」によるものであり「私たち元会員」の総意としてブログを更新してるのです。

ワールドメイトのプロアンチ活動を行う人間は、3人とかほんの数名ですが、秘密裏に連絡を取り合ったり、事務所でともにプロアンチ活動を行ってるのですね。

だから、世の中に数多く存在する危険な宗教団体のことには、一切、触れずに、ワールドメイトのことばかり、最近では、既に完治した他人の痔のことばかりブログにアップするのです。

それにしても、ワールドメイトは批判するところもないからといって、既に完治した他人の痔の話題で、5つも6つも7つもブログを更新するなんて、非常に悪趣味だとしかいいようがありません。

どこぞの宗教団体の教祖などは、入院してるそうですが、そっちのほうがもっと深刻な話題ではないでしょうか。しかし、どこぞの宗教団体の話題はタブーなようですね。資金源であるスポンサーの機嫌を損なうことなど、出来ませんものね。(ニッコリ)

広告

ワールドメイト自称元・会員プロアンチ「馬」が靖国神社を愚弄


ワールドメイトの自称元・会員を名乗る、旧名「ゆきちゃん」こと「馬」という匿名人物が、靖国神社を愚弄する発言をしています。

靖国神社のことを、「人霊を祀っている神社」呼ばわりし、ワールドメイトリーダーである深見東州半田晴久)先生が、靖国神社に参拝することに関し、あたかも問題があるかのような書きぶりなのです。

英霊に感謝し英霊に恥じないような生き様をするぞと発願し、靖国神社に参拝することは、日本人として当然のことではないでしょうか。

国家のために殉難した人の霊である「英霊」を祀ってる神社のことを、「人霊を祀ってる神社」などと貶め、靖国神社参拝を問題視するのは、いったいなぜでしょうか?

ところで、自称元・会員コトゆきちゃんコト馬は、以前から、「日本はもっと韓国を大事にしなければならない」などと主張する人物が教祖である教団と、深い関係性が指摘されてきました。

一つのホームページに、某学会のシンパブログのタイトルと自称元・会員コトゆきちゃんコト馬の「ワールドメイト元・会員のブログ」のタイトルが、一覧にされて並んでいる、不自然なサイトも見つかっています。

しかも、当ブログで指摘したあと、なぜか、至急、某学会シンパブログとワールドメイトアンチブログのタイトルがクリックできるサイトが削除されるなど、不審な動きも確認済みです。

また、選挙前に、公明党支持にまわり、自民、民主を貶める発言をした記録も保管済みです。最近でも、国民新党、立ち上がれ日本などの所属する議員や、石原都知事と親交のある議員などを愚弄する発言をしています。

深見東州先生は、公明党以外の議員さんとは、まんべんなくお付き合いがありますし、深見東州先生と交流のある議員を叩くことで公明党を擁護したい意図が見え見えです。(深見東州先生は公明党を嫌っているわけではないそうですが、公明党の議員さんとまだ縁がないだけのようです。)

ワールドメイトリーダーの深見東州(半田晴久)先生が、ご両親から相続した、とうてい住めないような古い一軒家のことを、豪邸などと呼び続けるウソはもううんざりです。ちなみに、深見東州(半田晴久)先生は、一人暮らし用の住まいを賃貸してるそうですし、食事は自炊でつくられるそうです。

ワールドメイトのスタッフが豪邸を所有してるというウソも、耳にタコができました。100回ウソをついて真実にしてしまう作戦は、もう勘弁してください。知り合いのスタッフさんに聞いたら、豪邸などすんでる人は一人もいないし、真っ赤なウソだと言ってましたよ。

ワールドメイトのスタッフさんは、賃貸に住んでる人ばかりだそうです。また、以前、坂井さんというスタッフの方が、本人曰く「両親が長年貯蓄していた貯金により、相場からみて格安の中古の矮小住宅を購入して住んでた」旨の話がありましたが、もう狭くて住めないから、賃貸住宅に移ってるそうです。

ワールドメイトの職員ではない、古くからの深見東州(半田晴久)先生のお弟子さんが、一軒家のマイホームをもっていることについて問題視するのは、見当違いもはなはなしいです。ワールドメイトの職員でない人は、ワールドメイトからお給料をもらうことはありません。所属する組織からしか、お給料をもらわないわけですから、ワールドメイトの玉串などと関連性は一切ありません。

また、深見東州先生のお弟子さんが住む家は、一つも豪邸などないことは明らかです。だれも、億単位の住宅などに住んでいる人はいないのに、億以上の家、などとウソを書くのはやめてください。

謄本を取って確認したなどと言っていますが、たとえば、分譲住宅のひろい抵当権が設定されたうちのほんの一部を入手しただけなどだったら、一番上の抵当権が億以上であったとしても、実際入手したのは、そのつぎに設定されてる抵当権になるのだと思いますよ。察するに、そういう大きな勘違いをもとに誤情報を発信し続けてるだけだと思います。

深見東州先生のお弟子さんでマイホームを持ってる人は、だいたいご高齢の方ばかりで、両親からの相続を頭金にしてローンを組んだ人ばかりだそうです。いったい、どこが問題なのでしょうか?賃貸住宅よりも、マイホームを入手して月々支払ったほうが、毎月の支払いが安いご時世なのだから、頭金が相続でもらった人がマイホームを持つのはむしろ節約してると思います。誰一人として、億単位の住宅などもっていませんし、贅沢な生活をしてる人などいません。

自称元・会員コトゆきちゃんコト馬は、マイホームをもつスタッフ数名の住所を突き止め、マイホームを男女数名で視察するツアーを主催し、幾ばくかの金をせしめたようですが、どうせ、こぢんまりとした中古住宅や安い中古分譲マンションばかりを見ることになってがっかりしたはずです。

今後、豪邸などと、ウソを書くのは、もうやめましょう。見苦しいですよ。

ちなみに、海外で活動してるスタッフさんのドレスやバッグも、もらいものだったそうですし、身につけてるアクセサリーは、スワロフスキーのガラス玉やジルコニアだそうです。スタッフさんは、ご神業一筋だから、贅沢品などに興味はないそうですよ。

また、深見東州先生が、以前、糖尿病であったことを贅沢病などと中傷するのもやめましょうね。べつに、贅沢な生活をしてる人が糖尿病になるわけではありません。子どもでも糖尿病になる子も多い時世ですし、アフリカやカンボジアなどの発展途上国でも糖尿病になる人は、けっこう多いようです。

深見東州先生は、食生活や生活習慣を改善されて、今は、血糖値は常に正常値であるそうです。これは、日頃、いかに、贅沢な生活をしていないかを証明すると思います。

元・会員コトゆきちゃんコト馬の、とうてい日本人とは思えないような侮辱発言は、バックのスポンサーの意向なのでしょうか。そして、ワールドメイトの中傷を繰り広げる自称元・会員に、それなら某学会はどうなんだ、と言いたいです。

なぜ、某学会には、ワールドメイトなんかよりも、よほどスケールも金額もでかい疑惑があることには、一切ふれずに、とくに問題のないワールドメイトのことばかり、ウソをでっち上げてまで中傷するのでしょうか?

善良な団体であるワールドメイトを中傷する前に、某学会のようなもっと大きな問題が指摘されてる団体のことを、告発したほうが、よほど世間の役に立つと思います。

ここまで書いても、きっと、自称元・会員コトゆきちゃんコト馬さんは、某学会のことは、一切、記事にしないし無視を決め込むでしょう。それはいつものことです。バックのスポンサーを貶めるような都 合 の 悪 いことは書けないのでしょうね。

ワールドメイト 会員のブログ潰しを狙う(自称)元・会員の脅し


ワールドメイトの「元・会員」と名乗る匿名人物により、ワールドメイト現会員が莫大な苦痛を受けています。これは、もはや、事件と言ってもいいでしょう。ワールドメイト現会員の、最低限の文化的社会的な生活が、元・会員により、侵害されようとしてるのです。

「元・会員」こと「ゆきちゃん」こと「馬」と名乗る匿名人物は、「ワールドメイト元・会員のブログ」というブログを開設し、次々と、ワールドメイト現会員のTwitterやブログを無断転載して晒しています。

元・会員曰く、毎日、Twitter200人分を監視してるそうです。

元・会員は、2005年頃には、すでにネットでワールドメイト現会員をいじめる書き込みを始めており、ワールドメイト会員の氏名、住所、職場などのプライバシー情報の収集をしていたようです。そして、ついに、職場に通報しよう、などというプライバシー侵害行為を行うべく、煽動をしていました。

しかし、旧ワールドメイトに関する議論掲示板にて、職場に通報する運動を行おうと呼びかけが始まると、ワールドメイト現会員から、恐怖におののく書き込みが寄せられたのです。「紀藤先生へ メールします byゆきちゃん」などと紀藤正樹弁護士に助けを求めるも、いっこうに助けが寄せられる気配もなく、旧ワールドメイトに関する議論掲示板は、閉鎖してしまいました。

その後、「ワールドメイト元・会員のブログ」というブログにて、20人以上のワールドメイト現会員のブログをさらし、ワールドメイト会員の顔写真を貼り付け、ワールドメイト会員の自宅らしき写真をさらしてるようです。

そして、ワールドメイトを恐怖におののかせ、脅し、ワールドメイト現会員のブログやTwitterを閉鎖させようとするのです。

元・会員は、幸せそうなワールドメイト現会員を見ると、嫉妬心まるだしの中傷を書き、「最凶詐欺師」「婆」「確信犯」などと、犯罪者呼ばわりして、ブログにけちをつけてきます。

なにげなく書いたブログを、金儲けのためとか、わけのわからない中傷を書かれ、脅され、けちをつけられることに耐えられる人はそうはいないでしょう。

そうして、現会員のブログやTwitterを閉鎖させ、あたかも、「ワールドメイトが圧力でブログを閉鎖させた」などとワールドメイトに責任転嫁するのです。

ワールドメイトからブログをやってるかどうかなど、一度も聞かれたことはありませんし、そんなことは、会員の自由にまかされています。ワールドメイトが会員のブログを削除させるなどということはありません。

元・会員さん、あなたが、現会員を脅したことに気づいた人が、もうこれ以上中傷されたくないから、削除しただけの話であると、いい加減、気づいたほうがいいですよ。

元・会員の行為は、言論による宗教弾圧以外の何物でも無く、脅迫などの言葉の暴力も含んでいます。違法性の高い行為について、我慢のならない現会員のみなさまは、勇気を持って、警察に相談しましょう。

元・会員ことゆきちゃんこと馬さんは、某組織からお金をもらってブログを書いてるので、残念ながら、そう簡単には、現会員への中傷をやめることはないでしょう。しかし、もう相当数の違法行為とおぼしき証拠がネットにありますから、充分に立件できる可能性は高いだろうと思います。

ワールドメイト元会員のブログ・100%嘘ばればれの状況


ワールドメイト元・会員のブログ」にて、管理人の「元・会員」(旧名、馬、ゆきちゃん)が、またもや、100%嘘だとすぐにわかる記述をしています。

(ワールドメイト元・会員のブログのコメント欄より)

最後には俺に私にちょっとカネ貸してよあんたの功徳になるんだし、と絡め取られて離れられなくなってゆくんですね。
2012/03/16(金) 09:14:15 |元・会員 #-

ワールドメイトでは、会員同士のお金の貸し借りなどは、一切ありません。たぶん、わかったら支部に行けなくなったりするんじゃないですかね。

おやおや。会員だったのに、そんなこともわからないなんて、おかしいでちゅね〜。

馬さんは、本当に、元・会員なんでしょうか?

さらに、「偉大なる25人の最高幹部」などと馬さんが勝手に言ってる人は、

1977年、深見が植松の内弟子となって、宗教的生活を開始する[7]。当初は、多くの仲間とともに、宗教活動を行っていた。1984年、小規模な集まりに名称をつけ、宗教団体コスモコアを設立し、宗教的活動を発展させる[1]。」

という時期に活動されていたスタッフの方を指すのだろうと思います。

実は、誰でも知ってることですが、35年も前の話なので、多くの当初のお弟子さんは、すでに亡くなっています。もしくは、ご高齢で現在活動されていないなどの方ばかりです。

なにせ、35年も前の話です。そのころ、深見先生は25歳でしたが、今はもう還暦です。ほとんどの人が深見先生より年上だったわけですから、さもありなんですよね〜。

ですから、「偉大なる25人の最高幹部」などは、この世に存在しません。

本当にばればれの嘘ですね。

馬さんは、なぜ、毎日、ばればれの100%嘘のことばかり書くんでしょうかね。某組織から圧力でもかけられているんでしょうかね。

ワールドメイト元・会員の妄想癖やめて


ワールドメイト元・会員のブログの管理人、元・会員コトゆきちゃんコト馬氏は、自分のブログについて「拙宅は一回でも訪れたら目が覚める構成になっています。」と豪語しています。

 

しかし、ワールドメイト元・会員のブログを見ても、不愉快なだけで、目が覚めるような気持ちになったことは一度たりともありません。

 

百歩譲って、「正業がばかばかしいために、毎日、ブログを維持することで報酬を得ている」馬氏にとって、「自分のブログの絶大なる効果を過信するほか、生きる意義を見いだせない」という事情はわからなくもないです。

 

しかし、ワールドメイト元・会員のブログを見ても、暴言だらけでとても良識ある大人のすることではないと思います。誰が、あんなブログに書いてあることを信じるでしょうか。コメンテーターも10人未満です。しかも、だんご侍氏、など、元・会員とは犬猿の仲で、決して書き込まないアンチもいるようです。

 

アンチにさえ迷惑がられている、不法アンチということなのでしょうか。

ワールドメイト元・会員のブログは、馬氏の妄想で成り立っているブログではありますが、そんなブログを読んでワールドメイトを退会する人など、一人もいないに決まっています。一度たりとも、誰からも聞いたことがありませんし、実際に、不愉快に思って反論を書いている現会員も何十人もいるようです。

 

馬氏には、もう少し、自分を客観的に見て、正業につくことをオススメします。

 

馬氏は、決して、私のブログに反論をしてきませんが、見ていることはわかっています。

馬氏に是非読んでいただきたい記事がありましたので、下記、紹介させて頂きます。

ワールドメイトのアンチサイトが存在する理由

ワールドメイトの実態と真実(ブログ)

 

(自称)元会員「馬=ゆきちゃん」の行為に違法性が見られるか


ワールドメイト元会員ブログで、ワールドメイトを中傷するブログを書く仕事をしている(自称)もと会員コトゆきちゃんコト馬さんが、「震災で仕事の進行が大きな影響を受けております。」などと、あたかも一般企業に勤めているふうを装った書き込みをしています。

しかし、この書き込みを

2011/04/22(金) 08:13:28

という時間に書いているということから、まず、平日の金曜日なのに、午前中から出勤しなくていい仕事なんだなということはわかります。

以前、机の上がぐちゃぐちゃになったなど、デスクワークであるということをあえて強調していたので、たとえば、スーパーのレジ打ちなどと立ち仕事ではないことはわかっています。

まあ、朝8時ということではなく、昼も午後も夕方も夜も深夜も早朝も書き込みをしているのですから、仮に一般企業に勤めていて仕事をサボりつつ、ブログを書いているとしても、手元にパソコンがないと難しいでしょうね。

もう震災が終わって何日もたっています。そこまで仕事の進行に大きな影響を受ける業種はほとんどありません。本当は会社勤めなどしていないのに、会社に勤めているふうを装って書いているのでしょうかね。

それとも、お役所になんらかのワールドメイト関連の書類の申請をすることを”仕事”とよんでいて、お役所が震災後の影響により、申請の受理が滞っていることを指しているのでしょうか。それならば納得です。

とにかく、馬さんは、都庁などに申請しないともらえない書類をサイトにアップしていますから、それを誰かが申請しにいかねばならないわけです。それを、馬さんは自分の仕事、と呼んでいる可能性は濃厚ですね。

ちなみに、都庁で書類を申請するときに、「自分のブログにアップして批判をするため」ときちんと正直に理由を書いているのでしょうかははなはだ疑問です。おそらく、虚偽理由を書いて書類を違法に入手しているのではないかと思われます。

先日都庁に電話をしてみたところ、「ブログにアップする、などという理由で書類の受理が許可するということは考えがたい」という話でした。

いったい、どんな虚偽理由を書いて、書類を入手したのでしょうか。きっと、条例に反した行為をしているに違いないのではないでしょうか。

さらに、「震災後はお金もめっちゃ使いました」などと書いていますが、なににお金を使ったのでしょうね。

食料品の買いだめにでも走ったのでしょうか。

とすると、まさに、自分のことしか考えていないという人の典型ですね。

私は、震災後、とくにべつにたくさんお金を使ったということもありませんが、義援金にすこしばかり寄附をさせてもらいました。

困っているときはお互い様ですからね。

べつになにか買いだめする必要もありませんし、いったいなににお金を使う必要があったのでしょうね。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方で、ワールドメイトのいい活動は一切無視して触れない、というのはどういうわけなのでしょうか。

ワールドメイト元・会員ブログによる宗教弾圧へ異議あり!


ワールドメイト元・会員のブログにて、日々、ワールドメイトへの悪質な風評を広める活動を続けている、(自称)元・会員コトゆきちゃんコト馬さんの書きこみを見れば、いかにワールドメイトを全く理解しないまま、ウソデタラメを書いているかがわかることと思います。

(馬さんのウソデタラメこめんとより)

医療不信の場合、救霊や九頭龍祈願や各種祈願にすがるように申し込むんでしまうんですよね。技量と心のない医師も世の中には残念ながらいて出会ってしまう不幸もあるでしょうが、他の医師をあたる努力をまずして、それでも駄目ならば病気を受け入れて生きてゆくことしかできないと思います。ちなみに全国の九頭龍師が祈っても博士の親は亡くなりました。

2011/04/19(火) 08:39:34 元・会員 #-

まず、人が亡くなるのは天地の法則であり、当たり前のことです。「九頭龍祈願を受けたらそうした天地の法則から免れる」などということがありえないに決まっています。

九頭龍祈願を受けたらどんなことが起こったかを、私は実際受けたことがある人から、支部で聞いたことがあります。

・九頭龍祈願を受けたら、すごくいい病院に巡り会って、優秀な先生に治療をしてもらい病気が完治した

・九頭龍祈願を受けたら、いい薬が見つかった

・九頭龍祈願を受けたら、全く苦しむことなくすーっと亡くなられた

病気の人を九頭龍祈願に申し込んだ場合、多くは、いい病院やいい薬に巡り会って、改善の方向へ導かれるということを聞いたことがあります。また、天寿が近い方は、安らかに痛みも苦しみも感じることなく、いいかたちで亡くなられるように導かれたという事例も聞いたことがあります。

まさに、神様の見えざる手により、本来の幸せに導かれたということだと思います。

きっと、深見先生のお父様も、いいかたちで天寿を全うされたのでしょう。いまは天界で神使として活躍されているのかもしれません。

ですから、いいお医者さんに巡り会っていないと感じておられる方が九頭龍祈願を申し込んだとしても、それはなんら問題ありません。実際、九頭龍祈願を申し込んでから、いい病院やお医者さんやいい薬に出会った、という方の話を聞いたことがあります。

また、実は、私自身も、余命三ヶ月のおじの救霊と九頭龍祈願を申し込んだことがあります。すると、手術が成功して、なんとその後、三年も生きられたのです!その寿命が延びた間、自宅療養をして家庭の絆が深まり、相続やいそんな諸問題を生前に全てきっちり解決してから、おじは安らかになくなられました。療養生活の間、非常に体調が良さそうで、楽しそうだったのが印象的です。もし、三ヶ月であわただしく亡くなっていたら、残された家族がどうしたらいいのだろう、と路頭に迷ったことと思います。きっと九頭龍さんが、精神的に余裕をもって安らかに亡くなることができるように導いて下さったのだと今でも信じています。

私は、神様の功徳はあると信じています。

しかし、神様の功徳がないと決めつけている人に向かって、何を言っても平行線のままであることでしょう。無神論の馬さんは、自分一人で無神論を信じればいいことでしょう。私は心に神様への信仰をもって、一生生きていきたいのです。ワールドメイトで、神様を実感している会員が7万人いるわけで、神事に参加して実在の神を実感している人も、何千何万といるわけです。馬さんは、そういう人の信仰を否定したり、弾圧するような情報統制をし、悪質な風評を広めるような違法行為を一刻も早く停止するべきだと思います。

いくら、信仰をやめさせようとしても無駄です。それは、どれだけチベット仏教を弾圧しても、この世から消えてなくならないのと同じことです。私は、馬さんがいくらウソの記事を書こうとも、神様への信仰を捨てることはしません。某組織から、ワールドメイトの信仰を揺るがすようなウソを書くように指示されているのでしょうが、無駄です。そういう違法行為は一刻も早くやめて、もっと自分の御魂が向上するような有意義な人生を送るべきだと思います。

創価学会と池田大作博士を賞賛してばかりで、いっこうに創価学会と池田大作博士の考えや信仰を否定しないのはなぜなんでしょうかね。