タグ別アーカイブ: ワールドメイト現会員

ワールドメイト元会員ブログ「馬」は金で雇ったスパイ会員?から情報提供を受けている


ワールドメイト会員から情報提供を受けていることを、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬が、ご自信のブログで激白されています。某組織から、お金でスパイを雇い、ワールドメイトの会員にさせて、情報を提供してもらっているご様子です。

今までの傾向ですと、スパイ会員は、関西のエンゼル会員であると思われます。アンチが叩いているのは、なぜか、関西出身のスタッフさんとエンゼル会員さんに集中しているのです。さらに、関西の最新情報を入手している旨、馬さんが高らかに宣言されていました。

(ワールドメイト元会員ブログより)
会員数は減少しているのに(拙宅には退会のご報告が多数入りますし、○○師募集のお寒い状況も情報提供していただいています)
2010/07/19(月) 08:22:58 | 元・会員 #-

拙宅には退会の「ご報告が多数入り」、お寒い情報も「情報提供」を受けているそうです。

なるほど。メルマガの貼り付けや、エンゼル会員しかわからないはずのメールの貼り付けは、お抱えの「スパイ会員」の仕業であったということですね。

ただし、馬さんの書きこみには明らかに嘘が含まれています。退会の報告が多数入るなどと書いていますが、いちいち、馬さんに退会の報告など入っているとは到底思えません。そんなコメントも見たこともありません。(このように書くと、とたんに、馬さんらお仲間による自作自演コメントが書き込まれるかも知れませんね。本当に単純です。)たんに、スパイ会員から入手した、「あの人が退会したらしい」などというちょっとばかりの情報を、大げさに、「多数入り」などと言っているのだと思われます。

そういえば、馬さんは、少し前に、関西の谷○さんという方が除名になったとか、活動停止勧告を受けたなどという、嘘情報を貼り付けていましたので、情報の信憑性は低いと言えますね。ワールドメイトでは、通常「除名」などという情報は、本人以外には連絡しないと思います。そうした谷○さん本人から直接教えてもらわなければ、わからないような情報を、馬さんが知っているはずはありません。

スパイ会員から、谷○さんという人がいる、という情報くらいは聞いたから自信を持って書いているのでしょう。やはり、スパイ会員は、関西にいるのは確からしいです。谷○さんは、女性関係のもつれによる恨みを受けているようすですから、そういうやっかみ的な情報が流れたのかもしれません。

ただし、谷○さん本人がスパイ会員だとして、谷○さんと手を結んで、谷○さんが除名になったとか活動停止勧告を受けたとかいう、嘘情報を貼り付けることにより、谷○さんがスパイではないというアリバイを作った、という可能性も否定できません。

いずれにしろ、谷○さんと接触のあった人物か、もしくは谷○さん本人であり、かつ関西のエンゼル会員が、スパイである可能性は非常に高いと思われます。

創価学会と池田大作博士を賞賛するというのも、スパイ会員を侵入させるためのお金をもらうために、なにか、都合がいいことがあるのかもしれませんね。

広告

ワールドメイトや深見東州先生の福祉活動、慈善活動へ、自分は一円も出さずにクレームを言う「馬」こと元・会員さん


ワールドメイト元・会員ブログの書き手である「馬」こと元・会員は、深見東州先生が福祉活動、慈善活動を推進していくことを「ばら撒き」と呼んでいます。しかし、「ばらまき」という言葉はどう考えてもそぐわないと思います。

「ばらまき」とは、ある政党が、国民の税金を、自分たちのメリット(票獲得等)のためにばらまくことだったり、疑わしい理念のもとでばらまくことだと思います。

深見東州先生が、福祉活動や慈善活動を推進されるのは、深見先生のメリットのためでもありませんし、疑わしい理念のためでもありません。

「馬」こと元・会員さんは、一円も福祉活動や慈善活動に寄付をされず、公の心で弱者救済活動をされている深見先生を批判されるのはいかがなものかと思います。馬さんは、自分は会員でもないので、会費も出していないのです。それなのに、ワールドメイトがカンボジアのシアヌーク病院等に寄付をすることにクレームを言う権利はないと思うのです。同様に、ISPSの会員でもないですし、盲人ゴルフのJBGAの会員でもなんでもないのに、盲人ゴルフ、シニアゴルフ、ジュニアゴルフのチャリティー金の行き先にクレームを言う権利はないのではないでしょうか。

馬さんがされているのは単なるクレーム活動です。しかも、自分は一円もお金を出しておらず、損をしていないのです。チャリティー文化の創造という意義ある活動をされている深見先生を批判するのは誰でもできるかもしれません。しかし、ご自分は深見先生を超える慈善活動、福祉活動ができるのでしょうか? ふつうの人にはできないはずです。

これが、ほかの教団からお金をもらって、世界中にワールドメイトへのクレーム活動をしている「馬」こと元・会員さんの正体なのですね。

(参考ブログ)

世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」 世界中に愛をワールドメイトの深見東州先生がゴルフを推進されている意味とは[No.153] 2010/03/15

ワールドメイトを紹介した英文誤訳を認めない「馬」さんの真意とは


ワールドメイトの深見東州先生に関係する英語記事を日本語に訳して、わざわざ紹介されているのは、「ワールドメイト元・会員ブログ」の書き手の馬さんです。

深見先生のことを絶賛している記事ですので、読んでいて会員として誇らしくなってきます。深見東州先生の素晴らしい活動を紹介してくださって、本当にありがとうございます。

ただし、馬さんという方は、日本語への翻訳に多少怪しい点があるそうなので、馬さんの日本語訳を読む際には注意が必要です。

・patron=後援団体、後援者、奨励者

・key=要人

・extra=増えた。「お手盛り」という訳はない。

・insist=考えを述べる

という意味は是非覚えておいたほうがいいでしょう。そうすれば、馬さんの術中にはまることもなさそうです。

馬さんの記事には、深見先生が絶賛されている記事を皮肉を交えて紹介したい意図が見受けられます。誤訳をした上で、中傷されるのが目的なのでしょうか。馬さんの皮肉を気にすることなく、馬さんの日本語訳はあてにせず、馬さんが紹介されている英語サイトを、翻訳サイトで日本語訳に直して読めば、楽しいひとときが過ごせることと存じます。

また、どうやら、馬さんは、

「patronを、日本で言う、女性と性的関係を持ち金銭的援助をする男性という意味のパトロン」

などという意味をねつ造され、なにやらおっしゃっているごようすです。しかし、こうした意味はpatronという英単語にはないということも知っておいたほうがいいでしょう。

深見先生の英語の報道記事を紹介してくださっているということに関しては、大いに、感謝申しあげたいと思います。粘着質な性質が活かされていますね。馬鹿とハサミは使いよう、と申しますが、十分に長所を発揮されていると思います。

深見先生の活動は日本の国益にもなっていると思います。深見先生のような慈善家は、日本広しといえどもあまりおられないことでしょうから。そうしたいい記事は、是非、積極的に発信していただきたいと存じます。

参照記事:

世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」

世界中に愛をワールドメイトの元会員が誤訳を認めないご様子です。 (03/11)

世界中に愛をワールドメイトの元会員が誤訳により、深見東州先生の海外報道をねじ曲げている件 (03/09)