タグ別アーカイブ: ブログ

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」と昔からの仲間たち


ワールドメイト元・会員ブログの自称元会員ことゆきちゃんこと馬さんにはお仲間がいることがわかってきました。

「ワールドメイト救済ネット」の内部の人、「サイゾー」誌の内部の人、「昔からの裁判ヲッチャー」さん、幹部自宅を見学する「有志」の方々、すすだらけさん、谷○さんと、馬さんは、意見交換をしたり、情報提供を授受したり、タレコミなどという内部情報をもらったり、ツアーをしたり、文書を受け取ったりされているそうです。

・「ワールドメイト救済ネットから貴重な情報をたくさんいただいている」宣言

貴重な情報をたくさんいただいております

皆様本当にありがとうございますm(__)m

 

ネカフェで「ワールドメイト救済ネット」を検索している現会員さんがかなりいらっしゃるようです。

2010/06/11(金) 18:54:58 |元・会員 #-

・「サイゾー誌に駆け込んだ」情報を入手している宣言

WMを辞めて天敵のサイゾー誌に駆け込んでw

2010/06/16() 23:40:34 |元・会員 #-


・「昔からの裁判ヲッチャーさんたちと意見交換」宣言

昔からの裁判ヲッチャーさんたちとも意見交換したけれども

2010/06/20 16:08|元・会員#

・「西荻の幹部のマイホームに押しかけるツアーを有志で行っている」宣言

有志の方々がやってる西荻幹部豪邸観覧ツアー

2010/03/07(日) 19:23:25 |元・会員 #-

・「すすだらけさんより”すすだらけ文書”なるもののコピーを頂戴」宣言

すすだらけ文書(私もコピーを頂戴しています)

2010/04/21(水) 11:06:09 |元・会員 #-

・「なぜか谷○さんに情報提供を呼びかける」宣言

ああそうそう、一会員である谷○さんへの個人攻撃コメント群のIPもとりあえず全部残してあるんだなあwどうしようかなあコレw誰かが、例えば谷 ○さんご本人が欲しいと仰ったら、そのまま差し上げたらいいのかなw

2010/06/14(月) 10:07:17 |元・会員 #-

谷○さん周辺の方へ。拙ブログで掲げている「ゆこたん」=「ダースベーダー」のIPがご必要の際にはどうぞご自由にご利用ください。

2010/06/16(水) 00:36:28 |元・会員 #-

ひょっとして、記事を書くたびにお金をもらっている組織となにか関係があるのでしょうか?

「昔からの」交友関係であるらしく、お金をもらっている組織は、昔から存在していたことが類推されます。

創価学会と池田大作博士を賞賛される理由のひとつに、上記の交友関係が関連しているのでしょうか? 最近の休眠アンチを総動員しての必死すぎる書きこにも、お仲間との裏の関係が匂います。馬さんの事実無根の暴露発言には、ますます注目せざるをえませんね。

広告

ワールドメイト被害救済ネットから情報提供を受ける元会員「馬」は現会員の個人情報に精通しているのか


自称元会員と名乗るゆきちゃんこと馬さんは、「ワールドメイト 被害 救済ネット」という問題組織から貴重な情報をたくさんいただいているそうです。この問題組織の内情に精通されているのでしょうか。馬さんが「ワールドメイト 元 会員 ブログ」というブログで、激白されているもようです。

(馬さんのブログ)

貴重な情報をたくさんいただいております

皆様本当にありがとうございますm(__)m

ネカフェで「ワールドメイト被害救済ネット」を検索している現会員さんがかなりいらっしゃるようです。やっぱり現会員さんにはパソコンが普及して いないんだね。あの白山菊子も持っていないって言ってるしね。白山菊子は後で思いっきり突っ込むけど、国立大学出ててやっと定着した現職が「箱の包装」な んだとさ。これが事実だとしたら、こいつはPCを持たないことで既に10年以上も時とチャンスを失っていることになる。自分の人生は大変だ険しいんだと毎 日毎日携帯から「自慢」しているが、菊子の場合単なる自己責任じゃん。

  1. 2010/06/11(金) 18:54:58 |
  2. URL |
  3. 元・会員 #-

「ワールドメイト 被害 救済 ネット」という組織には、以前から、多くの疑問と問題が指摘されていました。

加害者団体「被害救済ネット」の不審について(http://www.worldmate.or.jp/faq/answer04.htmlより引用)

  1. 「被害救済ネット」を立ち上げたメンバーは、全員、「ワールドメイトについて事実無根の記事を書いて訴えられた人々」と、その弁護士及び弁護士仲間です。本当に被害にあった人なら、ワールドメイトは、常に誠実に対応し、できる限りの救済を行います。
    係争中の片側の弁護士が中心になって、係争相手を貶める組織を立ち上げるというのは、社会的な公平さを疑われて当然です。「被害者救済」とは、全く別の意図を感じざるを得ません。
  2. また、「被害救済ネット」が、会員や元会員ではなく、中傷記事を書いて「ワールドメイトに訴えられた人々」(=事務局メンバー自身)を、援助すべき「被害者」と規定することは、さらに納得できないことです。そして、社会一般に対して、著しい誤解を与えるものです。
    中傷記事によって名誉を毀損することは不法行為であり、刑法230条で規定された、「犯罪」として成り立ちます。彼らが、雑誌「サイゾー」等に中傷記事を掲載したので、ワールドメイトは、法に任せる公的手段を取らざるを得ませんでした。言わば、ワールドメイトは被害者であり、中傷記事を書いた彼らの方が、「むしろ加害者ではないか。加害者救済ネットだ」という声も、上がっているのです。
    彼らが、自らを「被害者」と規定する、「被害救済ネット」を立ち上げたことは、本来法廷で決着すべき自らの不法行為を、さも「被害」であるかのように問題をすりかえ、自らの正当化をはかろうとするものであり、法の精神をふみにじる行為です。
  3. さらに、彼らは「被害者」への「寄付」を、ネット上で呼びかけています。年会費5千円で会員を募り、その会費と寄付金は、「ワールドメイトから訴えられ」た人々への、訴訟対策費用にあてられるとあります。
    これでは、「ワールドメイトの中傷記事を書いてワールドメイトに訴えられた人々が、自らの裁判費用を捻出するために、やむなく立ち上げた組織ではないか」と囁かれても、無理ないことです。
  4. また、ワールドメイト会員からは、この「被害救済ネット」発足以来、「被害救済ネットなるものへの勧誘電話がかかってきて迷惑している」という、相談も寄せられています。
    例えば、 2002年8月の発足の際には、ある会員の母親のところに、名前を名乗らぬ人物から電話がかかってきて、「お宅の息子さんはワールドメイトの会員だろう。何か被害にあっているに違いない。今なら、年会費五千円で、被害救済ネットに加入できる。東京で、 26日に集会があるから来ませんか」と、しつこく誘われた、という報告がありました。
    こうした事例を見れば、「被害者救済」をうたう「被害救済ネット」が、逆に純粋な宗教活動を行ってる会員に迷惑を及ぼし、被害を与えていることが明白です。
  5. さらにネット上では、
    ●「被害救済ネット」に寄せられた寄付の使途明細は公開されるのか?
    ●寄付は「当ネットの私的な所得として流用されることはない」と書かれているが、「ワールドメイトから訴えられた人々の救済」の名目で、着手金や報酬として弁護士の懐に入るのではないか? 仮にそうならば、それは「私的な所得」ではないのか?
    ●解散時には、余剰金は非営利団体に寄付するとしているが、どこに寄付するのか名が伏せられている。事務局メンバーや弁護士に関わる非営利団体なのではないか?
    などの疑問の声も上がっており、情報公開が待たれるところです。

馬さんは、この問題組織から多数の情報を得ているのでしょうか。

「ネカフェで「ワールドメイト被害救済ネット」を検索している現会員さんがかなりいる」ということは、現会員に関する個人情報を何らかのかたちで入手しているということでしょうか。疑問は深まるばかりです。

創価学会と池田大作博士を賞賛する馬さんは、ワールドメイト 被害 救済 ネットという組織とも繋がりがあるのでしょうか。馬さんの情報源がこの二つの組織であるのはたいへん興味深いところです。

ワールドメイト元会員ブログで、ワールドメイト会員を「詐欺師」よばわりは違法行為なのか?


ワールドメイト元・会員ブログにて、元会員コト馬コトゆきちゃんが、ふつうの一般会員を詐欺師呼ばわりされているご様子です。

明るすぎる劇団東州の様子をツイッターにて呟いている会員、ブログにて書いている会員を「詐欺師」の仕業であると断言されているのです。

(ワールドメイト元・会員ブログより)

劇団の演芸に逝ったレポ少な杉

いまんとこ見つかってるレポは詐欺師どものもののみ

2010/04/16(金) 20:32:21 |元・会員 #-

また、スパムメールを送ったのが、ワールドメイトの会員であると一方的に断定されて、会員を「詐欺師」よばわりされています。(根拠は一切明らかにされていません)

(ワールドメイト元・会員ブログより)

(スパムメールに対して)まあこの記事は致命的ですよね。しばらく出てこなかった詐欺師どもが何かしなきゃ気がすまない様子です。2010/04/16(金) 16:10:37 |元・会員 #-

ワールドメイト元・会員ブログは、ワールドメイトについて議論や話合いをするために開設されたと書いてありますが、文句を言い合うお仲間しか書きこみができないようになっている閉鎖的なブログです。世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」がどなたでも書きこみができるのとは、対称的ですね。

世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」

それにしても、一般会員を救うためなどという公益性を装って、著作権法違反、肖像権の違反、名誉、信用毀損の疑いが濃厚である記事を書き続けておられますが、はたして、本当に違法行為でないといえるのでしょうか? どうやら、ワールドメイト会員なら誰でも文句を言われ、「詐欺師」呼ばわりされるのです。

創価学会や池田大作博士と紀藤正樹弁護士を信奉されているようですが、紀藤弁護士に『イメージで発言せず、事実勝負でお願いします』と直々にアドバイスをいただいたのもむなしく、まったく実行されていないようですね。

ワールドメイト元・会員ブログのウソが訂正される日が訪れるのだろうか?


ワールドメイト元・会員において、自称元・会員コト馬コトゆきちゃんが、こぞって職員が豪邸をたてているかのようなウソが蔓延しておりました。しかし、4月11日をもって、「豪邸」→「邸宅」という表現に変更となっていることが確認できました。これは、拙ブログ他、「世界中に愛をワールドメイト会員のブログ 住吉熊野道」や「ワールドメイト考察」等で、馬さんの記事の矛盾を指摘し続けてきた成果の現れであると考えております。

自称元・会員コト馬コトゆきちゃんが、事実上、「ワールドメイト元・会員ブログ」の詐欺的記述を認められたのは、注目に値します

しかし、過去の記事においての詐欺的表現に関しては、いまだに訂正されている様子はなく、侮蔑的表現、事実無根の誹謗中傷は、新たな表現をとって変わりなく続いております。とうてい、こうした不条理な状況を看過することはできません。ですから、拙ブログでは、自称元・会員コト馬コトゆきちゃんのクレーマー的行為について警鐘を鳴らし続けようと考えております。

さっそくですが、世界中に愛をワールドメイトの会員やスタッフに対して、

イカ天禿げ、通夜魔、男は(一見)従順なやつばかり(裏では悪口を言ってい る)、ババアが居直っている組織、ババアたちの執念、ババアはもっと恥知らずで冷血、ババ アらの下で労働の収奪をされる雑魚ら、

2010/04/11(日) 12:38:34 |元・会員 #-

ブログやめるやめる詐欺

2010/04/12(月) 03:42:13 |元・会員 #-

(ワールドメイト元・会員ブログより)

などと馬さんがおっしゃっています。なんの罪もない人に対して、相変わらず辛辣すぎる表現ではないでしょうかね。どうみても、事実無根でしょう。馬さんは、ワールドメイトの会員であるというだけで、標的にして攻撃をするおつもりなんでしょうか。

この、「ワールドメイト元・会員ブログ」とは、ワールドメイトの正体を現会員に伝えたいと言っておきながら、現会員への見境のない中傷をしてるだけです。どういうことなのでしょうね。馬さんの本性が明らかですね。いったい、どんな魂胆があるのでしょう。

ところで、あれだけ、創価学会や池田大作博士への賞賛をしていたのにも関わらず、それを指摘されたとたん、不自然なまでに創価学会の「そ」の字も語らなくなってしまいました。馬さんは、統一協会について辛辣な批判をされる一方、決して創価学会の中傷記事を書かないということも、たいへん興味深いところです。

ワールドメイトの元会員ブログ「馬」さんが個人情報を流出させておられるのを憂う


ワールドメイト元・会員ブログの「馬」こと元・会員さんが、早速、私のブログをお読みいただいた上、ブログの記事をまるまる「ワールドメイト元・会員ブログ」に貼り付けて下さったようですね。宣伝ありがとうございます。

さて、馬さんが、

「鹿嶋香取道=「鹿」( 爆 )

別人を装っているが致命的な失敗をして自爆してるし(核爆) どこの箇所とは教えてやらない(爆)」

と、またもやはったり(嘘)をおっしゃっておられます。
きっと、「鹿島香取道」と「鹿」という字が共通であるということを得意げにおっしゃるに違いないと思っておりました。予想通りの反応なので、大笑いさせていただきました(^.^) 意外と単純なところは可愛いですね。そういうどドジっ子ちゃん気質なところは嫌いじゃないですよ。
しかも、どこの箇所か指摘できないということを自爆されていますよ。もし、本当に同一人物だと思われるなら、是非、ご指摘いただきたいと存じます。一つ一つ、違うということを説明させていただきたいと思います。なにかアップした時間が近いとか、くだらない理由はやめてくださいね。それは証拠でもなんでもありません。
また、ワールドメイト元・会員ブログにて、「馬」さんが、大量の個人情報を流出させておられるので、それはおやめになったほうがよろしいのではないかとかねがね思っておりました。「馬」さんが、法務局で書類の写真を撮らせてもらった(コピーをいただいたんでしたっけ?)という内容を信じるとしても、ブログで中傷することが目的であると正直に法務局におっしゃったとはとても思えません。それは、不正使用にあたると思いますよ。

ワールドメイトに逆恨みをする馬「元・会員」


私はよく、ワールドメイトのことが書いてあるブログを見させていただいております。馬さんのブログもときたま拝見させていただいておりますが、本当にいい加減などうでもいい話を、さも問題であるかのように得意げに吹聴している筆致には、憤りを覚えざるをえません。一生懸命されている、世界中に愛をワールドメイトの会員のみなさんがかわいそうだと思われてなりません。

たしかに「ある教団から金をもらっていなければ、こんなことやる暇がないはずだ」と思ってしまったりもいたします。

先日のように株主名簿をわざわざ法務局くんだりまで出向いて入手するというメンタリティーは、到底、私の理解の範疇を超えております。

いくら会員をしていたとき面白くなかったことがあったとしても、それを逆恨みして、犯罪すれすれのラインで誹謗中傷を毎日のように続けるなど、普通の神経では考えられないと思われてならないのです。このようなご性質の方とはお付き合いできませんと、日本橋支部で、ボイコットされてやめざるをえなくなるのも致し方のないことではないでしょうか。

ワールドメイトスタッフにまつわる元・会員「馬」さんの嘘


ワールドメイトの元会員で、通称「馬」とおっしゃる方 が、「ワールドメイト 元・会員のブログ」にて、ワールドメイトスタッフがたちばな出版やJPTの株主名簿に載っているということを、意気揚々と公開されているようです。

私は、しばらくの間、ワールドメイトのスタッフとしてお世話になりまして、幹部の方とも親しくお付き合いさせていただきました。元・会員ブログにて株式を購入したと紹介されているスタッフの方も存じあげております。ただ、2名のスタッフが株式を購入したとおっしゃっていますが、実際は、1名のスタッフの方だけだと思いますよ。

田中さんのご実家は幼稚園を経営されておりまして、スタッフの他に幼稚園からの収入もあるそうです。田中さんはスタッフの中で最もお金持ちの部類に入る方でして、命乞いにしても、いつも率先してたくさんご寄付されておられるようです。ですから、株式を購入なさったのでしょう。

また、たしか、スタッフの宮崎さんは、株式を購入されていないのではないかと思います。同姓同名の会員さんがおられると聞いたことがありますが、おそらく、この株主さんは、同姓同名の会員さんのほうではないかでしょうか。同姓同名の会員さんと間違われたことがあるなどという話を聞いた記憶があります。

スタッフのプライベートな内容を私が公開させていただくのはどうかと悩みましたが、あまりにも、元・会員と名乗る馬さんの誹謗中傷がひどいので、お二人の汚名を晴らさせていただこうと思い、このたび、書かせていただきました。

たちばな出版やJPTの株式は、投機的目的はカケラほどもないですし、みなさん、発展のためにと思って購入されたわけでしょう。

それにしても、こうした書類を入手して手元に保管し続け、インターネットで公開するという、馬さんの通常ならざるご性質には、想像の域を超えるものを感じております。社会通念上、良識ある人間ならこんなことされるはずはありませんよね。ひょっとしたら、犯罪性、違法性があるのではないでしょうか。