カテゴリー別アーカイブ: 馬コト自称元・会員コトゆきちゃんのご性質

【違法ブログ】ワールドメイト元・会員のブログ【要注意】


ワールドメイト元・会員のブログというブログにて、いつもの通り、違法行為が行われているようです。

どうやら、キャノングローバル戦略研究所のホームページの画像を、勝手に貼り付けるという権利侵害行為を行っているようなのです。

ワールドメイト元・会員のブログが、著作者の許諾なしに、勝手に貼り付けているに違いありません。

キャノングローバル戦略研究所が、こんな、暴言だらけの品のないブログの作者に、許諾など出すはずもありませんからね。

しかも、ネットから削除した後に、勝手に貼り付けているのは、まさしく確信犯です。

もともと掲載していた内容に、間違いがあることは、ワールドメイト会員なら誰でもわかることですが、やっと、キャノングローバル戦略研究所側のほうでも、それに気づいたから、削除したのでしょうね。

それなのに、勝手に他人の著作物を貼り付けて、揶揄するとは、どういう神経の持ち主なのでしょうか?

こんなに、他人の権利を無断で踏みにじる行為を続けるのは、いったい、なぜでしょうか?

本人の性格の問題(他人の権利を侵害することを、なんとも思わない)である可能性も高いですが、だとしたら、すぐに、自らの過ちを知って、行動を変えるべきです。

ワールドメイト元・会員のブログの違法行為によって、キャノングローバル戦略研究所はじめ、多くの人々や組織が、権利を侵害されています。それは、人間として、許されない行為なのではないでしょうか。

ただし、そうはいってもやめられない事情もあるのかもしれません。

ワールドメイト元・会員のブログの、管理人「元・会員」は、ブログに関わることによって、お金をもらっているプロアンチである可能性も濃厚なのです。

生活のためには、違法行為をするしかない、ということなのかもしれません。

しかし、違法行為をしないで、一生懸命働いて生きていくのが、人間としてあるべき姿です。

もし、違法行為をしてしまっでも、それ相応の保障があると思って安心しているのかもしれませんが、そんな人間として惨めな生き方を選択するのは、いかがなものでしょうか?

(自称)元・会員は、ただちに、違法行為を停止し、全ての違法記事(つまり、ブログの前記事)を削除するべきです。

ワールドメイト元・会員の妄想癖やめて


ワールドメイト元・会員のブログの管理人、元・会員コトゆきちゃんコト馬氏は、自分のブログについて「拙宅は一回でも訪れたら目が覚める構成になっています。」と豪語しています。

 

しかし、ワールドメイト元・会員のブログを見ても、不愉快なだけで、目が覚めるような気持ちになったことは一度たりともありません。

 

百歩譲って、「正業がばかばかしいために、毎日、ブログを維持することで報酬を得ている」馬氏にとって、「自分のブログの絶大なる効果を過信するほか、生きる意義を見いだせない」という事情はわからなくもないです。

 

しかし、ワールドメイト元・会員のブログを見ても、暴言だらけでとても良識ある大人のすることではないと思います。誰が、あんなブログに書いてあることを信じるでしょうか。コメンテーターも10人未満です。しかも、だんご侍氏、など、元・会員とは犬猿の仲で、決して書き込まないアンチもいるようです。

 

アンチにさえ迷惑がられている、不法アンチということなのでしょうか。

ワールドメイト元・会員のブログは、馬氏の妄想で成り立っているブログではありますが、そんなブログを読んでワールドメイトを退会する人など、一人もいないに決まっています。一度たりとも、誰からも聞いたことがありませんし、実際に、不愉快に思って反論を書いている現会員も何十人もいるようです。

 

馬氏には、もう少し、自分を客観的に見て、正業につくことをオススメします。

 

馬氏は、決して、私のブログに反論をしてきませんが、見ていることはわかっています。

馬氏に是非読んでいただきたい記事がありましたので、下記、紹介させて頂きます。

ワールドメイトのアンチサイトが存在する理由

ワールドメイトの実態と真実(ブログ)

 

会員150人分のツイッターを常時監視する元・会員「馬」


ワールドメイトの素晴らしさを伝えるブログ アンタレスの輝き

というブログで、非常に興味深い内容を拝見しました。

元・会員コト馬さんは、ワールドメイト会員のツイッターを常時150人分監視しているというのです。

 

———————————–
私は常に150くらいの稼働中の現会員のツイッター見てますけど、

2011/09/04(日) 14:39:25 | URL | 元・会員 #- [ 編集 ]
———————————–

これではまるで、ストーカー行為ではありませんか。

ワールドメイトの一般会員のツイッターを監視して、バカに出来そうな内容を見つけると、嬉々として画像保存して貼り付ける、馬さん。

 

ワールドメイト会員のブログで、バカに出来そうな内容を見つけると、嬉々として画像保存して、ブログに貼り付ける、馬さん。

 

・・・こんなストーカー行為を行う教団を、わたしは聞いたコトがあります。なんでも、集団で後を付けたりするそうです。

 

まさに、馬さんの手法とおんなじですね。

なるほど、馬さんは、人をバカにする手法を、そうした組織から教わったと納得した次第です。

 

もちろん、ふつうの企業の職場で常時150人分のツイッターを監視することが許されるはずもありません。

馬さんの職場は、ツイッター監視のストーカ行為をしてもまったく問題ない職場であるわけです。

ツイッター監視が、報酬に変わるのですから、やりがいもあるわけです。

ワールドメイト元会員のブログ〜的外れな指摘により脳内妄想を如実に露わに晒す自爆発言


ワールドメイト会員ブログの管理人

(自称)元・会員コト馬コトゆきちゃんコト「非NPO法人 性感開発協力機構」さんが、統一教会とワールドメイトは違いがあるということを、自分のブログ「ワールドメイト元・会員のブログ」にて宣言しています。

ワールドメイトは神道、統一教会はキリスト教ですから、違うのは当たり前のことです。ワールドメイトと統一教会が違っているということは、ワールドメイトのアンチにさえ、明白なことのようです。

以前、「ワールドメイトは統一教会の別働隊」などと、あまりにウソ八百の書き込みをしていたアンチがいましたけれども、そういうアンチも一握りの異色なアンチであることがわかります。

 

ところで、馬さんは、ワールドメイト会員のことを「マイコン完了すみ」などと一方的に根拠もなく決めつけていますが、まったく間違った解釈ですね。

 

ワールドメイトの会員ほど、多種多様なご性質の人が集まったようなグループはほかにないのではと思いますよ。支部で集まったって、みんな個性的な人ばかりです。

もし、「マイコン化」されているとしたら、みんな同じような人ばかりの画一的な組織になることでしょう。

しかし、ワールドメイトでは、決して「マイコン化」されることもなければ、「マインドコントロール」なるものは一切存在せず、会員が自分の意志にしたがって、自分のペースで活動を続けるところです。

 

たとえば、以前馬さんは、神事のときに神事に参加せずにテレビを見ていたり、家でだらだらしていたりする会員のツイートを自分のブログに貼り付けて、散々に中傷していましたよね。

 

会員は皆自分のペースで神事に参加すればいいので、全会員が一同に神事に集まるなどということもありません。熱心な人はいつも参加している人もいるでしょうが、まあまあ熱心とか、一時的に熱心とか、いろいろ自分のペースで無理なく続けているのです。

自分のペースでできるということは、マイコン化されていない証拠ですね。

また、お取り次ぎの資格を受講したあと、熱心にお取り次ぎをされる人もいれば、まあまあ熱心にお取り次ぎをされる人もいれば、家庭や仕事が忙しくてあまりお取り次ぎをされない人もいれば、まったくお取り次ぎが途絶えてしまう人もいれば、人によってさまざまです。

ワールドメイトは入退会も自由ですし、いろいろあるうちのなかで、非常に自由度の高いところだと思いますよ。

 

こんなに自由なところなのに、馬さんがいくら、ワールドメイトの中傷をブログで書いても、ほとんど退会する人もないことがしゃくに障ったために、馬さんは、ワールドメイト会員は、「マイコン化」されているなどという決めつけをしたのでしょう。

 

ちなみに、馬さんのところで書き込んでいる若干の自称退会者は、「事実無根の人の中傷を言ったら因果応報で自分にマイナスの影響があって、神様からの守護も弱くなりますよ」という話をまるきり信じることもなく、最初からもともとワールドメイトの教えを知らないか、守っていなかった人ばかりのようです。

 

それなのに、「自分はマイコン化されていた」などと言い出して、「金返せ」などと言いだすのは、いかにも自分に都合良く、馬さんのウソを利用しているかということです。

ワールドメイトで「マイコン化」するのが不可能であるから、会員は好きなことをツイッターでつぶやいたり、ブログで書いたり、してるわけです。退会者(自称退会者含む)も好きなことをブログで書いてウソ放題ですが、アンチの人も幸せそうですね。

そういえば、深見先生は馬さんとかアンチのことも毎月お祈りして下さっているようですから、きっとワールドメイトのご神徳をいただいて幸せなんだと思いますよ。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方、統一教会のことは詳しくないのですね。

 

ワールドメイト会員のブログに悪質な嫌がらせをする人物と「馬」は仲間なのか?


馬さんの「ワールドメイト元・会員のブログ」において、

「豚停止じゃないのよブゥ太・停止よんww@名無しのなんだらww」

と名乗る人物(この人、頭大丈夫なんでしょうかね)が、わたしのブログに関する感想を書いているようです。

 

このハンドルネームを見て、ぴんと来たのですが、

以前、必死にこのブログに2chの貼り付けをしに来られたアンチと、ハンドルネームに共通性があるように思います。

あまりにもひどいアンチからの嫌がらせなので、いかにひどいかが誰にでもわかるように削除せずに残していますが、アンチにとって都合が悪いシンパブログには、必ず、アンチからの嫌がらせ書き込みをされます。

 

ワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」さんも、非常に悪質な嫌がらせをされているようです。

 

わたしのブログに悪質な嫌がらせコピペ貼り付けをしていた人物が、馬さんとお仲間である可能性があるということがわかりました。

それにしても、深夜とかへんな時間帯に書き込んだり、毎日いつでも何回でもネットで書き込む人は、やはりふつうではないと思います。

ニートのような人がワールドメイトに関心があるとも思えず、やはり、某組織から嫌がらせをするように指示を受けてやっているという説には説得力を感じます。

 

創価学会と池田大作博士を賞賛する(自称)元・会員コト、ゆきちゃんコト、馬さんは、相変わらず、創価学会についてのマイナスなことには一切ふれませんね。

ワールドメイト誹謗中傷の為雇われ職業ブロガー「馬」は都庁から登記書類をもらう仕事が滞りため息だと


『ワールドメイト元・会員のブログ』を書いてる雇われ職業ブロガー:

(自称)元・会員=馬=ゆきちゃんは、私が、職業ブロガーであるということを見破ってから、しきりに、自分は生業をきちんともっていて、ブログを書くことが職業ではないという「振り」をしています。

 

しかし、最近は少し更新が減っていますが、もともと「馬」さんは、一日18時間前後は、書き込みをしている生活を送っていました。

 

そしてブログの更新時間や書き込み時間は、早朝4時とか6時とか、昼間とか夕方とか夜とか夜中24時とか2時とか、何時でもありでした。

まさに、起きている間はずーーっっっとパソコンの前に張り付く生活を2005年ごろから毎日送っている人物なのです。

そして、最近、わざとらしく、上司がいることや会社のようすなどを事務所内から昼間の15時などにリアルタイムにブログに書き込んでいます。

 

しかし、ふつうの会社で隠れてインターネットのブログを見たり、書いたりすることなどできるでしょうか?

 

わたしは、生業がありますけれども、ある程度自分で好きにできる気楽な身ですから、手が開いたらブログを見たり書いたりできます。

 

けれども、一般企業の職場から、昼間の15時なんかに、インターネットを好きに見たり書き込んだりなどというサボタージュをすることが許されるのでしょうか?

 

そんな会社はふつうないでしょう。ですから、馬さんがどんなに生業をほかに持っているように装ったって、ブログを書いている職場を指すということは、一目瞭然なのです。

 

震災のせいで仕事が滞っているなどと馬さんが嘆いていますが、その仕事とは、都庁などから、ワールドメイトやほかの団体の書類を取り寄せることとか、ワールドメイトのスタッフさんのマイホームを見学に行くことなのです。見学に行く前に、登記書類を取り寄せて取締役の人の住所を確認したり、決算書類をネットにアップしたりするという仕事が滞っているということなのでしょう。

 

震災で都庁もそれどころではない状況はわかります。

 

(以下、馬さんのわざとらしい書き込みです)

私も更新作業を進めなくてはなりませんが、今月は仕事と生活が大変でなかなか進まず読者の皆様には申し訳ありませんでした。遅行の震災の影響かと思います。これからも当分は大変だろうと思います(ため息)2011/06/17(金) 18:32:46 |元・会員 #-

馬さんのわざとらしいカラクリを知って書き込みを読むと、うまくぼかそうと必死ですが、やはり、馬さんは職業ブロガー以外のなにものでもないということがわかりますね。

創価学会と池田大作博士を懸命に賞賛していたのですが、一切ふれないようになってしまいましたね。是非、創価学会についての馬さんの見解もお聞きしたいものです。創価学会のお友達もおられるようですし、お詳しい様子なのですがね。

(自称)元会員「馬=ゆきちゃん」の行為に違法性が見られるか


ワールドメイト元会員ブログで、ワールドメイトを中傷するブログを書く仕事をしている(自称)もと会員コトゆきちゃんコト馬さんが、「震災で仕事の進行が大きな影響を受けております。」などと、あたかも一般企業に勤めているふうを装った書き込みをしています。

しかし、この書き込みを

2011/04/22(金) 08:13:28

という時間に書いているということから、まず、平日の金曜日なのに、午前中から出勤しなくていい仕事なんだなということはわかります。

以前、机の上がぐちゃぐちゃになったなど、デスクワークであるということをあえて強調していたので、たとえば、スーパーのレジ打ちなどと立ち仕事ではないことはわかっています。

まあ、朝8時ということではなく、昼も午後も夕方も夜も深夜も早朝も書き込みをしているのですから、仮に一般企業に勤めていて仕事をサボりつつ、ブログを書いているとしても、手元にパソコンがないと難しいでしょうね。

もう震災が終わって何日もたっています。そこまで仕事の進行に大きな影響を受ける業種はほとんどありません。本当は会社勤めなどしていないのに、会社に勤めているふうを装って書いているのでしょうかね。

それとも、お役所になんらかのワールドメイト関連の書類の申請をすることを”仕事”とよんでいて、お役所が震災後の影響により、申請の受理が滞っていることを指しているのでしょうか。それならば納得です。

とにかく、馬さんは、都庁などに申請しないともらえない書類をサイトにアップしていますから、それを誰かが申請しにいかねばならないわけです。それを、馬さんは自分の仕事、と呼んでいる可能性は濃厚ですね。

ちなみに、都庁で書類を申請するときに、「自分のブログにアップして批判をするため」ときちんと正直に理由を書いているのでしょうかははなはだ疑問です。おそらく、虚偽理由を書いて書類を違法に入手しているのではないかと思われます。

先日都庁に電話をしてみたところ、「ブログにアップする、などという理由で書類の受理が許可するということは考えがたい」という話でした。

いったい、どんな虚偽理由を書いて、書類を入手したのでしょうか。きっと、条例に反した行為をしているに違いないのではないでしょうか。

さらに、「震災後はお金もめっちゃ使いました」などと書いていますが、なににお金を使ったのでしょうね。

食料品の買いだめにでも走ったのでしょうか。

とすると、まさに、自分のことしか考えていないという人の典型ですね。

私は、震災後、とくにべつにたくさんお金を使ったということもありませんが、義援金にすこしばかり寄附をさせてもらいました。

困っているときはお互い様ですからね。

べつになにか買いだめする必要もありませんし、いったいなににお金を使う必要があったのでしょうね。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方で、ワールドメイトのいい活動は一切無視して触れない、というのはどういうわけなのでしょうか。

【詐欺ブログ】ワールドメイト元・会員ブログ【根拠なしに決めつけ】


ワールドメイト元・会員のブログという、ウソばかり発信しているブログがあります。

なんでも、某組織からお金をもらって、ワールドメイトを中傷する活動をしているそうです。

そして、ワールドメイトの活動を過少評価する記事を書いたり、根拠もなく、ウソに決まっているなどと書いています。

一切の根拠がない、事実無根である、ということはいつものことです。

ワールドメイトの(自称)元・会員ブログの管理人は、最近は、

「非NPO法人 性感開発協力機構」という卑猥なハンドルネームで、自分のブログに書き込んでいます。

卑猥なご趣味でもおありなのでしょうかね。

そして、「福島原発で4人のワールドメイト会員」が働いているという事実に関して、一切の根拠もなく、ありえないと言い張っています。

しかし、ウソではないそうです。知ってるスタッフの方に聞いてみたところ、本当であると確認できました。スタッフさんの中にも自衛隊の方に友人がおられる方もいるそうですし、やはり、日本のために働こうという志の方だからこそ、ワールドメイト会員の割合が高いのだと思います。

創価学会や池田大作博士を賞賛するばかりで、創価学会や池田大作博士に関して、一切の中傷、一切の話題、一切の噂話を書かない、というのはいったいどういうわけなのでしょうか。某組織から、話題に出してはいけないという箝口令でもしかれているのでしょうかね。

【大川きょう子を絶賛】ワールドメイト元会員ブログ【某組織の指示か】


ワールドメイト元会員ブログという、ウソ偽りデタラメばかりかいているブログにて、(自称)元会員コト 馬コト ゆきちゃん と名乗る人物が、大川きょう子を絶賛しています。

 

一説によると、(自称)元会員コト 馬コト ゆきちゃん と名乗る人物は、某組織からお金をもらって、毎日毎日、朝も昼も夕方も深夜も早朝も、ワールドメイトを中傷するためにブログを書き続けているといいます。

 

自称元会員コト 馬さんのスタンスを見ると、某組織は大川きょう子を応援するほうが、自分達にとってメリットがあると判断したことがわかります。

 

要するに、自分の組織以外のライバルはぶっ潰れてくれたほうが助かる、ということでしょうか。

そうした記事を見ると、ワールドメイトでは、本当に世のためになっている福祉活動や公益活動などが幅広く行われているので、最初にワールドメイトと出会えて幸せだったなあとつくづく思います。

週刊誌の報道すべてを信じることはできませんが、とにかく、一人でも多くの方の御魂が救われるよう、祈るばかりです。

 

創価学会や池田大作博士を賞賛する(自称)元会員コト 馬コト ゆきちゃんは、大川きょう子支持に回ったということはいえそうです。

ワールドメイト会員を虐めて楽しむ元会員(他団体スパイか)の存在が明らかに?!


ワールドメイト元会員と名乗り、ワールドメイト会員をネット上で虐める「元会員」コト「馬」コト「ゆきちゃん」というおばはんの行為については、数々の違法性がある可能性が高いことが確認されております。

 

さらに、この「元会員」コト「馬」コト「ゆきちゃん」は、他団体からワールドメイト会員を虐めて楽しむための情報や資金をもらっているらしき噂もあります。

 

毎日、大晦日も正月も、朝昼晩、ネットで他人の悪口を書いている上に、ブログにSEO対策まで施しています。それなのに、収入源があり自分が働いていると言っているのです。ブログを書くことでお金が入る仕組みになっているとしか考えられません。

 

しかも、ワールドメイトの会員しかもらえない、メールマガジンなどを貼り付けたりするなんて、他団体のスパイとも親密な仲ということですね(ニッコリ)

 

ワールドメイトに不満があるのに、ワールドメイトの会員を続けるわけはないので、ワールドメイト会員に対して、虐める発言を繰り返す元会員コト馬コトゆきちゃんに情報を渡すなんて、馬さんとお仲間の他団体スパイとしか考えられませんね。

 

まあ、このご時世、どこの宗教団体も会員数が減っているらしいですが、ワールドメイトだけは、会員数が増加しているようです。

 

世界中に愛をワールドメイトは、やはり、中味も素晴らしいし、口コミで広がっているのでしょうね。深見東州先生のお人柄、実力、社会的な評価、どれをとっても、日本一の評価であることは、疑う余地はないでしょう。

 

深見先生に対して、嫉妬するどこかの団体やどこかの人がいるのは、ありえる話ではあります。

 

そして、馬さんは、深見先生と親しくお話ができる会員が羨ましくてしょうがないのです。ですから、執拗に、会員を虐めて攻撃して悪口を浴びせているのです。そんな暇があるのなら、少しでも、世の中に貢献できるような仕事やボランティア活動をするなど、生産的な生き方をしたらいいのです。

 

いつも、パソコンの前に座ってばかりいて、主婦とはいいながら、食事を作ることもないネット人生なんて(毎日コンビニ弁当や出前か?)、あまりに人生がもったいないと思わざるを得ません。

 

創価学会や池田大作博士を賞賛し、創価学会員についても何一つ文句を書くことなく、創価学会員を親密であり共に野球観戦をする一方、ワールドメイトの会員にたいし、虐める発言を繰り返すのは、いったいどんな意図があるのでしょうか?

WM(自称)元会員=馬=ゆきちゃんの組織ぐるみの中傷活動が明らかに


ワールドメイトに関する議論掲示板を閉鎖した原因をつくった馬(=ゆきちゃん=元・会員)さんは、毎日、日中に、ワールドメイトを罵倒する書きこみを続けていた時期に、なんと、職場から書きこみをしていたそうです。

(掲示板そのものは、ゆきちゃん(=馬=元・会員)が個人攻撃を行ったために、やむなく、閉鎖したそうです)

「ワールドメイトに関する議論掲示板」閉鎖の経緯

常識で考えて、勤務中にネットの掲示板を見たり、書きこみをすることは不可能だと思います。そんなことをしたら、即、クビでしょう。ということは、馬さんは、ネットの掲示板に書きこみをすることを目的とした職場で、掲示板に中傷書き込みをするという仕事をしていたということにほかなりません。

馬さんは、毎日、20個とか30個とか40個など書きこみしていたようですから、とても、仕事の合間に書きこみができるわけはありません。

個人攻撃をする組織集団が存在し、馬さんは、職場から上司や同僚とともに、中傷書きこみを行っていたということなのです。

要するに、馬さんは、組織ぐるみで、掲示板に中傷書き込みをする仕事をしており、今は、ブログを書く仕事をしているということなのかもしれません。

(馬=元・会員=ゆきちゃんの書きこみ)

なんであんたのために忙しいこっちが優しくしてあげなければならないのか全く理解ができません。」「傷ついたら気を紛らわせたらいいんです。好きな食べ物、音楽、映像、本等を見たらいいでしょう。それでまた翌日からまた同じ生産活動に携わる。」「私も2年ほど前に職場で私を狙い撃ちで侮辱する上司がいたのですが、社会に出たてならまだしももう中堅にもなってこんな言われ方をしなくてはならないのかと思いましたが、しばらくして移動してゆきました。振り返って、私も知らず知らずに上司の癇に障ることをしていたようですし、上司も私の成績(たいしたことはありませんが)が自分を上回っていて嫉妬していたようなのです。終わりは必ず来て、終わってみたらなんてことない、人間社会によくある話だと受け止められます。 」

2010/11/07(日) 21:03:39 |元・会員 #-

馬さんは、職場で書きこみをしていたら、気に入らない上司にいじめられて傷ついたそうですが、「好きな食べ物、音楽、映像、本等を見たら」回復する程度のたいしたことのない傷だったそうです。もっとも、原因は、「知らず知らずに上司の癇に障ることをしていた」馬さんにあるそうなので、上司にかわいがられることがなかったのも当然といえば当然でしょう。

きっと、上司に対して「なんであんたのために忙しいこっちが優しくしてあげなければならないのか全く理解ができません。」という態度を取ってしまったのでしょう。他人に優しくできないという性質だったから、ワールドメイトの支部長さんになりたかったけれども、周囲の方に拒否されたのでしょうね。それは、仕方のないことです。

まあ、上司といっても、「私の成績(たいしたことはありませんが)が自分を上回っていて嫉妬していた」という器の人らしいので、書きこみ部隊を取り仕切れるほどの腕ではなかったのかもしれません。

上司が、馬さんが、個人攻撃をするのを止められなかったために、かえって自分で自分のクビをしめることになってしまったようです。

組織的に、ワールドメイトの中傷活動を行う馬(=ゆきちゃん=元・会員)さんは、今度は、ブログを毎日アップしたり、毎日書きこみをしています。ブログを書く行為、書きこみする行為は、組織的活動なのです。そして、その資金源は、某組織です。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方、他教団を組織的に中傷しつづけている馬さんの矛盾が明らかになりつつあります。

ワールドメイト自称元・会員「馬」の中傷によりトクをするのは誰なのか?


ワールドメイトの自称元・会員コト ゆきちゃんコト 馬さんは、日夜、文字通り朝から晩まで、あるいは深夜や早朝5時などにも、ネットでワールドメイトの中傷工作を繰り広げる、カルト工作員です。その実態は、4人程度のグループであり、そのうちの一人は、支部長さんになりたかったけれどもなれなかった元会員らしいのですが、その他の三人は元会員だったのかどうかも疑わしいところがあります。

世界中に愛をワールドメイトでは、献金を要求されることは決してありません。数千円の会費玉串にしても払えなければそのまま、郵送物が来なくなったりするくらいだと思います。ワールドメイトは社会常識を重んじる団体なので、高額な寄付をしたくても原則として受け取ってもらえません。

また、悩みごとは、産土神社でのご祈祷や守護霊様にお祈りすることをすすめられることもあります。ワールドメイトのご祭神は、宇宙の大きな次元でお働きになられるので、個人的な悩みは、それにふさわしい次元界の産土さんや、守護霊に具体的に祈願したほうがいいそうです。

うちのグループに献金してください、などと言われることはないのです。悩みごとを祈りに託す「人形・形代(ひとがたかたしろ)」や護摩木(ごまぎ)にしたって、100円以上ご随意とか200円以上ご随意とか300円以上ご随意とかで申込みできるものばかりです。

産土さんや守護霊さんに、こうお祈りしたほうがいいと、とノウハウを教えてもらったら、一生、会員をやめても使いこなせます。ですから、個人的な悩みを解決するのにも、たいしてお金がかからないのです。

ワールドメイトでは、大きな建物を買うのにお金が使われるなどということもありません。必要経費を除いたぶんは、福祉活動や公益活動に寄付をしているそうです。そうして、組織全体で徳分が積み重なり、所属する会員にも、善なる徳分を積んだという功(いさおし)が積まれるのです。

自称元会員は、自分は弱者であると言い張っていますが、いったいどんなトラブルにあったのかを語ることは決してありません。支部でお金をとられた、などと書いていますが、そんなことがもしあったら、とっくに大問題になっているはずです。ワールドメイトは情報がオープンなので、すぐに広がります。本当に問題のある会員がいたら、とっくに活動停止や除名などになっているはずですが、そんな話は聞いたことはありません。でっち上げに違いないと思います。

ところで、こんな良心的な団体であるワールドメイトの会員を中傷してやる気をなくさせて、トクをするのは誰なのか、という疑問がわいてくるところです。

実は、先日、支部に、今べつの宗教にいていっぱい献金してるんですけど疑問がわいてきたんです、という方がいらしてました。ワールドメイトは、他宗教に所属している人でも、キリスト教信者でもどなたでも入会できますから、その方も、ワールドメイトに入会してみて、他宗教と比べて、なんと良識的なところなのだと思ったようでした。

いま、全体的に宗教グループに在籍する人が減少傾向にあるようですが、ワールドメイトの会員は毎年増え続けています。そのなかには、いぜん、ほかの宗教にいて、ワールドメイトのほうがいいな、と思って入会される方も多いようです。

なるほど、ワールドメイトへの入会者を阻止することにより、トクをする組織が確かにあるということは見当がついてきますね。

創価学会と池田大作を賞賛し、お仲間と日々、一日中嘘デタラメ書きこみを書き続ける自称元会員「馬」さんの行為には、そのあたりの裏事情と密接なかかわりがあるということなのでしょうか?

ワールドメイト元会員ブログ「馬」は嘘だと百も承知の上、”事実”であるかのような嘘記事を書く職業ブロガー


ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんコト 「馬」は、嘘だと知っていながら、”あたかも”事実であるかのように嘘記事を書き続けている、職業ブロガーであるという噂が流れております。

“最古参幹部25人組”

がどうのこうのと、毎週のように書いておられますが、その中に亡くなっている人、もうご高齢で今は働いておられない人、などが含まれているのを、馬は知っているはずです。それなのに、25人がどうのこうのと嘘を書き続けています。

なぜ、危険をおかしてまで、事実とはかけ離れた中傷を、馬は日々書かなければならないのでしょうか?生活のために、仕方なく書いているのでしょうか?それとも、嘘を書くのが楽しくて楽しくて仕方ないのでしょうか?

いずれにしても、それ相応の深い事情が、裏に隠されているということが予想されます。ふつうに良心があって、良識や常識を兼ね備えていれば、嘘だと知っていながら嘘ではなく事実であると誤認させるような、内容を書けるはずはありません。

創価学会と池田大作博士を賞賛し、一度も批判しないのに、その他の宗教はぼろくそに書かれるスタンスにも不可思議さを感じざるをえません。

ワールドメイト元会員ブログ「馬(自称元会員)」が嘘を書くのは嫉妬のためか?


ワールドメイトの自称元会員コト ゆきちゃんこと「馬」が、毎日のように、嘘の記事やコメントを書き込んでおられます。馬が管理している「ワールドメイト元・会員ブログ」というブログには、嘘ばかり散りばめられており、社会の害悪となっているように思わずにはいられません。


(馬・自称元会員の嘘コメント、元会員ブログより)

WMの国内施設は栂村が死亡する前に名義変更もされていて、今は殆どが半田晴久名義になっています。
各人間牧場、「椿邸」、椿邸並びの土地などです。
これをもって、任意団体WMの不動産とも、半田晴久個人のものとも、どちらとも言えるかと思います。「ワールドメイトの実態」様もここに言及されています。2010/07/29(木) 08:56:01 |元・会員 #-

不動産に関しては、団体のモノとも言えるし個人のモノとも言えるなどという曖昧な登録は、一切存在しません。土地の登記や購入や所有には、必ず税金がかかります。税金を団体から払うのか、個人から払うのかが明確になっていなければならないはずですので、そういう意味においても、曖昧な登録はありえません。

馬さんは、以前、歌手をされており、結婚して主婦となったそうです。今は、職業ブロガーとして、日々中傷書きこみ活動に大忙しの毎日ですし、社会人としてふつうに会社勤めをされたこともないご様子です。ですから、社会常識をお持ちでないのは、ある意味、仕方ないことであると思います。

馬さんのブログに集う4〜5名のアンチ軍団は、昼も夜も一日中、ネットで書きこみをしているような人がほとんどなので、みなさん、自営業というわけでもなく、ふつうの会社で働いておられないということだと思います。元会員ブログで書きこみをしている人は、一日中書きこみをしていて、社会常識のない方ばかりなので、そのように誤解をしているということなのでしょう。

宗教団体が、土地や建物の登記をする際には、ふつう、団体名と代表者名を記載するということになっているのだと思います。自営業者が会社の登記をする際も同じようなことになります。ただし、そこに団体名が書かれているということは、団体所有であるということをあらわします。団体名が書かれている限り、そこに個人名が書いてあろうと、決して個人のものとは見なさないものだと思います。

そこを混同した場合、必ず、税務署が気づくはずです。しかし、ワールドメイトでは、今年、税務調査が入ったときに、とくに問題がなく、経理がきっちりしていると、税務署に認められたということですから、明らかに団体のものであるという登録であったのだろうと思います。

馬さんが、登記を持っているなどと言っておきながら、一切、公開しないのは、実際は、どうみても、団体所有である登録になっているからに違いありません。

ワールドメイト所有であることを知っていながら、深見先生個人の名義であるとか、個人の所有であるとか、嘘を書き続けるのをやめてほしいと思います。もし、そうだとしたら、先日の税務調査で、税務署が黙っているはずはありません。

それにしても、なぜ、馬コトゆきちゃんコト自称元会員は、こうまでして嘘を書き続けるのでしょうか。馬が嘘を書き続けることによって、得をする団体から、相当な圧力がかかっているのでしょうか。もしかして、無茶な内容を書き、危険を犯せば犯すほど、報酬がアップするような仕組みがあるのかもしれません。

創価学会と池田大作博士を賞賛する一方、人生の荒波に揉まれた経験もなく、毎日、ブログで、名も無き信仰者を迫害する”虐め記事”を書かなければ生きていけない境遇に幸福感を感じることができず、いっそう、辛辣なことを書いてストレス解消をしてしまうという負のスパイラル人生を歩んでおられる馬…。だからと言って、幸せな人生を歩んでいる名も無き信仰者の幸せに嫉妬して、個人情報を垂れ流したり、プライバシーを晒したり、虐め記事を書いてもいいということにはなりませんよ。

ワールドメイト元会員ブログ「馬」は金で雇ったスパイ会員?から情報提供を受けている


ワールドメイト会員から情報提供を受けていることを、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬が、ご自信のブログで激白されています。某組織から、お金でスパイを雇い、ワールドメイトの会員にさせて、情報を提供してもらっているご様子です。

今までの傾向ですと、スパイ会員は、関西のエンゼル会員であると思われます。アンチが叩いているのは、なぜか、関西出身のスタッフさんとエンゼル会員さんに集中しているのです。さらに、関西の最新情報を入手している旨、馬さんが高らかに宣言されていました。

(ワールドメイト元会員ブログより)
会員数は減少しているのに(拙宅には退会のご報告が多数入りますし、○○師募集のお寒い状況も情報提供していただいています)
2010/07/19(月) 08:22:58 | 元・会員 #-

拙宅には退会の「ご報告が多数入り」、お寒い情報も「情報提供」を受けているそうです。

なるほど。メルマガの貼り付けや、エンゼル会員しかわからないはずのメールの貼り付けは、お抱えの「スパイ会員」の仕業であったということですね。

ただし、馬さんの書きこみには明らかに嘘が含まれています。退会の報告が多数入るなどと書いていますが、いちいち、馬さんに退会の報告など入っているとは到底思えません。そんなコメントも見たこともありません。(このように書くと、とたんに、馬さんらお仲間による自作自演コメントが書き込まれるかも知れませんね。本当に単純です。)たんに、スパイ会員から入手した、「あの人が退会したらしい」などというちょっとばかりの情報を、大げさに、「多数入り」などと言っているのだと思われます。

そういえば、馬さんは、少し前に、関西の谷○さんという方が除名になったとか、活動停止勧告を受けたなどという、嘘情報を貼り付けていましたので、情報の信憑性は低いと言えますね。ワールドメイトでは、通常「除名」などという情報は、本人以外には連絡しないと思います。そうした谷○さん本人から直接教えてもらわなければ、わからないような情報を、馬さんが知っているはずはありません。

スパイ会員から、谷○さんという人がいる、という情報くらいは聞いたから自信を持って書いているのでしょう。やはり、スパイ会員は、関西にいるのは確からしいです。谷○さんは、女性関係のもつれによる恨みを受けているようすですから、そういうやっかみ的な情報が流れたのかもしれません。

ただし、谷○さん本人がスパイ会員だとして、谷○さんと手を結んで、谷○さんが除名になったとか活動停止勧告を受けたとかいう、嘘情報を貼り付けることにより、谷○さんがスパイではないというアリバイを作った、という可能性も否定できません。

いずれにしろ、谷○さんと接触のあった人物か、もしくは谷○さん本人であり、かつ関西のエンゼル会員が、スパイである可能性は非常に高いと思われます。

創価学会と池田大作博士を賞賛するというのも、スパイ会員を侵入させるためのお金をもらうために、なにか、都合がいいことがあるのかもしれませんね。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」は文化レベルの低いお育ちで社会常識がない件


ワールドメイトの自称元会員コトゆきちゃんコト馬さんは、ロンネフェルトの紅茶の美味しさも理解できないようです。失礼ながら、文化レベルの違いを感じますね。美味しい紅茶を飲む幸せを味わったこともないなんて、味気ない人生を送っておられるのだとしか思えません。

(馬さんのコメント)

紅茶なんかいったいどこがありがたいのか皆目わからん。ありがたがる人は贈答品の行き来のない家庭に生まれてんじゃないの?
2010/07/01(木) 11:13:44 | 元・会員 #-

うちは貧乏だけどデパートの外商が来てたが、かなりの量の英国ブランド紅茶とコーヒーをよく売り付けて行ったよ。当然余るので親族や近所にお裾分け。それでもまだ余った。
何故かと考えたが、デパートや問屋が必死に捌こうとするコーヒーや紅茶って中元歳暮用品の売れ残りだと思われるんだよね。生物じゃないし賞味期限も長いし需要がないわけじゃないし、売れ残りを再処分しやすいのだと思う。
ある一定以上の年齢の人(爆)には送り手受け手共に有り難き舶来品(笑)に見えるのかもしれないだろうしね、
円高時代に生まれた者には外国製品などひとつも有り難くも珍しくもないんだけどね(爆)
2010/07/01(木) 14:28:50 | 元・会員 #-

馬さんが紅茶好きでないのは、個人の嗜好の問題ですから仕方ないですが、まさか、あの有名な「ロンネフェルト」の紅茶もご存じないとは驚きですね。英国ブランドの紅茶とコーヒーがなにを指すのかわかりませんが、どうも、ドイツ製のロンネフェルトを売りつけられたようすでもないみたいです。イギリス製の紅茶でもまあまあ美味しいのはありますが、ただ、イギリスは、食文化そのものが未発達ですから、最高級とまでは行きませんよね。そんな売れ残りとロンネフェルトを一緒にしないでほしいと思います。

ロンネフェルトのホームページを見たところ、
“優れた品質と、時間と手間を十分にかけた製法で独自のブランドを創り出したロンネフェルトの紅茶は、ドイツ国内の5ツ星級のホテルはもちろん、世界で唯一の7ツ星ホテルである「バージアルアラブホテル/アラブ・ドバイ」でも使用されている世界に認められた紅茶です。”とのことでした。

私が、気軽に行く喫茶店でも、ロンネフェルトの紅茶がおいてあります。私は、ロンネフェルトの「クリームオレンジ」が好きですね。

ロンネフェルトの紅茶のおいしさを知らないなんて、美味しい紅茶を味わうという人生の楽しみを味わったことがない、不幸な方ですね。非常にお気の毒です。どうやら、子供の頃から、紅茶やコーヒーの美味しさとは縁のない家庭に育っておられたので、仕方ないことではあると思います。

私は、たいして裕福な生まれではありませんけれども、美味しい紅茶やコーヒー、日本茶などを飲むのは、非常に好きです。人生の楽しみの一つでもあります。美味しい食べ物、美味しい飲み物を味わう幸せも知らないなんて、本当に、馬さんがお気の毒で仕方ありません。

また、シディアス卿さんは、「紅茶の香りがきつかった」などと書いていましたが、きっと、入れ方がまずかったのだろうと思います。茶葉を多めに入れすぎたのか長時間出し過ぎなのではないでしょうか。

そんなの、紅茶好きの人からしたら、「ああ、これは茶葉の入れすぎだな」ということで終わりです。馬さんもシディアス卿さんも、美味しい紅茶に出会ったコトもないようすで、本当に人生の楽しみを知らないのだと思います。

世界中に愛をワールドメイトの会員でいると、自然と、芸術に親しんだり、日本文化に親しむ機会が増えます。さらに、最高級の紅茶やコーヒーにも親しむ機会が増えます。

文化レベルの高い人というのは、最高に美味しい紅茶をお気に入りの茶器で飲むという幸せを知っているものです。ふつうに生きていれば、同じ紅茶なら、おいしい紅茶やコーヒーを飲みたいなあと思うものです。

ロンネフェルトの紅茶の美味しさも知らない馬さんが、美味しい紅茶の価値を知らないのは仕方ないと思いますが、美味しい紅茶は「有り難き舶来品(笑)」だからではなく、美味しいという理由により、ふつうの文化レベルの日本人にはうれしいものであるという事実を知っておいたほうがいいでしょう。

創価学会や池田大作博士を賞賛される馬さんは、お仲間さんに社会常識を教えてもらったほうがいいと思いますよ。もっとも、ワールドメイトの教えを理解できないお仲間さんは、誰も、ロンネフェルトの紅茶を知らないようですから、それ以外のお仲間さんを探さないと無理でしょうかね。類は友を呼ぶ、とはよく言ったものです。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」は社会常識がない、一日中パソコンにはりつきの主婦なのか?


ワールドメイトの自称元会員ことゆきちゃんこと馬さんが、スタッフを中傷し続けておられます。

(馬さんのコメント)

流石に口こそ開かなかったようだが饅頭職人ごときがこんなところに何をしに来ているんですかね。これならハンダゴテウンコーイチもここにいてもいいわけだわね、こっちも高卒職人なのだから。使用人が学歴や職歴によって適材適所で生かされているわけではなく、どうやら誰かさんへのマンセー一本で幹部にまでなりあがれて、「不動産の因縁」があるにも関わらず西荻に一戸建ても建ち、たった4年で完済もできて、クラウンで【夜の誤珍業】にも出かけて闇夜に消えて、職人のままでいたらありえない席や立場まで味わえると。一方で楽天ミスズ店店長みたいな超高学歴が時計売りに甘んじていて本人も店頭でそれを愚痴っていると。高卒職人が代表取締役でいまや言論者で、国立大学院卒のバイオ研究者が一雑魚として単純作業に従事している逆転の構図はまるで「クメールルージュ」のようですなあ、 皮 肉 な こ と に。こんなもんを正しいと理由付けすると、刻苦して難関大学の狭い門を突破する理由がなくなることになりますし、「 予 備 校 」の存在をも否定することになりますね?

2010/06/30(水) 22:58:05 | 元・会員 #-

馬さんの理屈によると、高学歴な人は必ず職能力があるはずで、低学歴の人は職能力がないはずである、ということになります。しかし、こんな理屈は嘘っぱちであるということは、ごく一般の社会人であれば誰でもわかります。

経営の神様といわれる、松下幸之助氏は、小学校中退です。さらに、発明王のトーマス・アルバ・エジソンも、ケンタッキーの生みの親、カーネル・サンダースも、小学校中退でした。政治家の田中角栄だって、高等学校も卒業していません。

こうした方々を、学歴が低いという理由で、職能力が低いと言うおつもりなのでしょうか。

馬さんが、「饅頭職人」と揶揄されるスタッフの方を、個人的にも知っておりますが、かなり博識で気が利くということで有名な方です。社会人になってからも、日々、勉強をされておられるようです。文章も得意で、話の内容は論理明快、部下への指示も適切で、部下からの信頼も篤い方です。

彼のことを、職能力が低いと感じる方は、おられないと思います。彼が、菱法律経済研究所におられることに意義を唱えるスタッフの方にもお会いしたことはありません。学歴とは、10代、20代の頃の勉強の実力のことですから、40代、50代になってからも、全く同じように当てはまることはありません。

職能力とは、学力で決まるわけではなく、もっと全人格的なものを総称した実力のことです。やる気、意欲があり、協調性があり、論理性も兼ね備えて、なおかつその分野の知識を体得しているかどうか、というような、総合的な人間力のことを指すのです。

自宅で、1日中パソコンの前に座って、主婦をしている馬さんに、そうした社会常識が備わっておられないのは、仕方のないことですが、馬さんがいくらおかしな発言をされたところで、誰も欺くことなどできないということを知っておかれたほうがいいでしょう。

創価学会と池田大作博士を賞賛しあうお仲間さんにすこし、社会常識を教えてもらったほうがいいと思いますよ。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」は平日昼間から優雅に裁判の傍聴に行かれるご身分のようです


ワールドメイトの自称元会員ことゆきちゃんこと馬さんは、平日の昼間っから、自分の利益になんら関係のない、自分の身内でもなんでもない人の裁判に傍聴に行かれる生活を送っておられるようです。

(馬さんの自爆コメントより)

とにかく上部は宮崎姓だらけで裁判中に被告さんが混乱したくらいです。

2010/06/16() 23:40:34 |元・会員 #-

スタッフで、宮崎さんという姓の方は4人くらいしか思い浮かびません。4人くらいしかおられないのに、混乱されたということは、よくご理解をされていなかったというただそれだけのことではないでしょうか。

裁判は、平日に行われますから、ふつうに仕事をしている人が、なかなか傍聴に行けるものではありません。ということは、一日中、パソコンの前でブログやコメントを書き込んでいるか、ネットで深見東州先生の記事を検索するか、都庁に書類をもらいに行くか、法務局へ書類をもらいに行くか、裁判を傍聴している、という日々を送っておられるということのようです。馬さんは、生活に困っていないようですので、なんらかの収入を得ておられることとは思います。

やはり、一日中、パソコンの前で、早朝6時でも、朝8時でも、昼12時でも、午後3時でも、夕方5時でも、夜10時でも、深夜1時でも、ブログやコメントを書き込むことが、馬さんのご職業なのでしょうか? たまに、ブログの更新が止まっておられるときは、2ちゃんねるで、執拗な書きこみをされているのでしょうか? それとも、都庁へ書類をもらいに行ったり、法務局へ書類をもらいに行ったり、裁判を傍聴されているのでしょうか?

創価学会と池田大作博士を賞賛し、平日昼間の裁判の傍聴へ優雅に足を運ぶ馬さんは、いったい、どこから収入を得ているのでしょうか。そして、最近、お仲間を動員し、必死で、事実無根の中傷を書き続けられる目的はいったいなんなのでしょうか。よほど、都合が悪いことがあって、どこからか圧力がかかったようにしか思えないのは、私だけでしょうか? どうやら、馬さんの行動の謎の確信に迫ってきたようです。

ワールドメイト元・会員ブログの更新が止まると荒しコメントが増える謎


ワールドメイト元・会員ブログの更新が止まっているようです。コメントも殆ど見られません。

ところが、なぜか、世界中に愛をワールドメイト会員への嫌がらせコメントが集中的に行われております。

自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんの更新が止まるタイミングで、悪質な荒らしコメントが増えるのはなぜでしょうか。

2ちゃんねるでは、ワールドメイトのアンチは一人しかおらず、結局、その一人が、一日中書きこみをしているだけだという説もあります。

創価学会と池田大作博士を賞賛される一方で、ワールドメイトに対し事実無根の、悪質なクレームを書きこみ続ける馬さんのブログの更新の停滞と、激化した荒らしには、なにか、見えない繋がりがあるのでしょうか。

ワールドメイト元・会員ブログ「馬」の常識、良識のなさがまた一つ明らかになったようです


ワールドメイトの自称元会員、ゆきちゃんコト、馬さんが、またいつものように、自分の知識がないことを棚に上げて、不可解な発言をしております。

(ワールドメイト、自称元会員の馬さんの発言)

深見氏は、税金面で優遇されるのは、一番が宗教法人、その次が財団法人、その次が社団法人。財団法人、社団法人はなかなか許可が下りないし、会計 監査が厳しいと過去にこぼしているが、この新しくできた一般社団法人は、だれでも簡単に設立でき、NPO法人よりもさらに監視の目が緩やかで、ガラス張り になっておらず、官庁に事業報告書を提出する義務もなく、設立時の社員は2名であっても、設立後は1名でも存続可能な、団体にとって非常に都合のいい法人 と言える。

2010/06/15(火) 21:29:35 |元・会員 #-

深見東州先生が、上記のような発言をするはずのないことは、明らかです。なぜなら、上記の発言は、完全に誤った発言であるからです。一般社団法人、NPO法人など、さまざまな団体で普遍的宗教活動をされる深見先生が、このような誤った発言をされるわけはありません。事実無根の内容を記載して、イメージを作り上げようという、いつもの作戦でしょうか。

たとえ、宗教法人でも、財団法人でも、社団法人でも、NPO法人でもどんな団体でも、収益活動には課税されますし、公益活動には課税されないのです。宗教法人のみは、収益活動に税金の優遇措置はありますけれども、ワールドメイトは一切の収益活動を行っていないので、全く関係がありません。先日、名古屋の国税局の税務調査が来られたそうですが、全く問題ないということで、一切の収益活動が行われていないことが証明されたかたちとなったそうです。

あらゆる団体に公認会計士の監査の厳しいチェックが入りますし、厳しい税務調査が入ります。監視が緩やか、などということはあり得ません。いつ、いかなるときでも、税務署の監視は厳しいのです。

ワールドメイト深見東州先生が推進しておられる普遍的宗教活動は、公益団体で行われるのが常ですけれども、べつに、税金面で優遇されているとかいうことは、一切、関係ないと思います。公益活動を行っているから公益団体で行っているというだけの話です。収益活動を行っている株式会社もありますから、きちんと、収益活動と公益活動の場を分けているということだと思います。本当に、素晴らしい活動をされていると思います。社会に広く貢献している活動であり、なにも、法律に反していないし、なにも悪いところはありません。

馬さんは、もともとは、芸能人(歌手)で、今は主婦をされており、社会性がない方なので、税金の知識が全くないのもやむをえないことだと思います。しかし、誤っているということがわかったでしょうから、すぐに、ご自分の誤った発言を訂正していただきたいと思います。

本当に、ふつうに社会生活をされており、会社勤めをされているような方でしたら、勘違いのしようもないほど当然のことなのに、自分の知識がないことを棚に上げて、よく、全世界に向けて恥ずかしい気持ちもなく発信できると思います。馬さんは、社会の常識、良識に欠けているということがよくわかりますね。ご神業についても全く勉強されておらず、常識や良識にも欠けておられるから、会員を辞めていかれたのだと思います。

馬さんは、学会や池田大作博士を賞賛されていますけれども、賞賛をやめられる気配がないのは、馬さんにとって、よほど都合の良いことがあるのでしょうね。