元・会員コト馬:一般会員の投稿をスタッフと決めつけて中傷する手法

ワールドメイト元・会員のブログを書いている

元・会員と名乗る、ゆきちゃんコト「馬」さんは、

定例講演の最中にYahoo!知恵袋で書き込みをしているワールドメイト会員らしき人を、スタッフと決めつけて批判をしているようです。

聞いたところによると、スタッフさんは、全員、深見東州先生の講演に参加されるそうです。

ですから、関東定例セミナーのときに書き込みをした方は、スタッフさんではないということになります。

「博士の会員向けの話をありがたく聞く必要のない連中が組織内にいる。そういうことです。

2011/09/11(日) 13:53:10 | 元・会員 #-」

などと書いていますが、まったくワールドメイトのことを理解していないのに、勝手なことを書くのはやめてほしいと思います。

ワールドメイトアンチの方は、一般会員がアンチの人の言い分に対し、非常に頭に来ている、という至極当然の事実を、決して認めようとしません。

とくに、元・会員さんは、「自分のブログをみれば誰でも目が覚める」ことをうたい文句としているので、自分のブログを見て反感を感じる人は全員体制側の人である、という結論にしないと辻褄が合わなくなるというわけです。

馬さんに自覚が足りないようなのですが、ふつうの会員は、全員、「ワールドメイト元・会員のブログ」の存在に頭に来ているということを申し上げておきます。

ワールドメイト会員のツイッターを監視したり、

ワールドメイト会員のブログを勝手に掲載しては

「詐欺師」「史上最凶」だのと中傷ばかりしている元・会員の人間性に対し、腹立たしく思わない人などいないと思います。

ストーカーのように嫌がらせをする行為は一刻も早く停止してほしいと思います。

ただ、ワールドメイト会員やスタッフさんは、人がいい人ばかりなので、声を大にしていわないだけの話です。

ですから、会員のいち行為をすべてスタッフさんの行為であると、一方的に断定して批判しないと、元・会員さんの存在自体が意味がなくなってしまうというわけなのです。

しかし、定例セミナーの時間帯に書き込みをしているのでしたら、その人は、スタッフさんではない、ということになるだろうと思います。

そこは事実として認めたほうがいいと思います。

つまり、一般会員が、何人も、ワールドメイトアンチに対して不愉快に思っているということです。何人かの一般会員は、声を大にしてアンチの横暴を止めて欲しいと主張しているわけです。

わたしもそのうちの一人です。

「ぜんじ」さんも、お亡くなりになった一般会員であるということがわかったわけですし、誰でもスタッフさんであると決めつけるのは今後は止めてもらいたいものです。

馬さんは、連日、朝から晩までブログのコメントを書いたり、ブログコメントの監視をしているそうです。しかし、生活にまったく困窮していないのは、ブログ管理により報酬をもらっている証拠としか思えませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中