加害者団体・ワールドメイト救済ネットと元・会員のつながりとは

ワールドメイト元・会員のブログにて

「財産には強い因縁があり、これを払わないと先祖は救われない」といった理屈で印鑑や壺を売る霊感商法、という記事を書いてあります。

ワールドメイトでは上記のような案内を聞いたことはありません。

ワールドメイト元・会員のブログ管理人の「馬」コト(自称)「元・会員」コト「ゆきちゃん」コト「非NPO法人 性感開発協力機構」コト「非NPO法人 脱新興宗教&一般人”復帰”振興協会」ちゃんは、ワールドメイトを霊感商法であるなどというウソを書いていますが、完全にウソであることが証明されたかたちとなります。

ところで、「ワールドメイト救済ネット」という聞き慣れない団体について調べてみたところ、違法性の高い活動をしていたらしいことがわかりました。

ワールドメイト救済ネット

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ワールドメイト救済ネットは、2002年に設立された消費者訴訟で著名な弁護士らを中心とした、宗教団体のワールドメイトに纏わるひがいを救済する目的で立ち上げられた組織である。実際には、加害者の団体であるという見解もある。現在、休止中につき、入会・寄付・会員継続・変更などが一切できない状態である。 ワールドメイトに関する議論掲示板を運営していたが、掲示板で、個人名をさらして職場に通報する呼びかけなど、違法性の高い活動を活発化させたために、掲示板を閉じることとなった。現在の活動は確認されていない。

ワールドメイト救済ネット(Wikipedia)

また、救済ネットといいながら、実は加害者団体であるという批判も根強いようです。これまで一度もワールドメイトになんらかの働きかけなどをしたこともない形跡です。ワールドメイトにはひがいがあれば救済します課もありますから、トラブルが起こりえない体制なのでしょうね。

「ワールドメイト救済ネット」もんだい

ワールドメイト救済ネットに質問します

ワールドメイトと報道ひがい

最近ある質問 / よくある質問 / 世界中に愛をワールドメイト

創価学会と池田大作博士を賞賛する(自称)元・会員コト「非NPO法人 性感開発協力機構」ちゃんは、なぜ今活動が確認されていない「ワールドメイト救済ネット」という加害者団体についてお詳しいのでしょうか。なんらかの繋がりがあるのでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中