多面的な公共福祉に役立つ活動を貫いているワールドメイトの運営方針

ワールドメイトのポリシーは、「世界中に愛をワールドメイトの活動ポリシーと宣言」というパンフレットに、わかりやすくまとめてあります。誰でも、希望する人がもらうことができるもので、ワールドメイトの活動が詳しく紹介されています。

これは、紀藤正樹弁護士から受けた指摘をもとに、外部の方から誤解を受けやすい部分がどこであるかがわかったために、組織運営を改善していく過程で出来上がったという側面もあると思います。紀藤正樹弁護士の指摘を受けた点に関し、ワールドメイトは、絶えず改善をし、誤解を受けることもないように配慮をしているのです。

先日、「やや日刊カルト新聞」の記事で、紀藤正樹弁護士が、「ワールドメイトは問題のある団体である」などとおっしゃっていた旨が書かれていましたが、随分昔の見解を書かれていると思います。近年では、雑誌でも、ワールドメイトの姿勢を評価して、他企業にもそういう精神を持つよう促す記事が出たほど、マスコミにも素晴らしい団体であると認識されている宗教グループなのです。

「世界中に愛をワールドメイトの活動ポリシーと宣言」(公式ホームページより引用)

【団体概要】

「世界中に愛をワールドメイト」は、

法令や社会規範を遵守し、

社会から、信頼される運営をめざしています。

「世界中に愛をワールドメイト」は、

静岡研に総本部をおく、神道系の宗教団体です。

総本部所在地 静岡県伊豆の国市立花3-162

会員数(信者数) 約7万人(2008年7月現在)

【「世界中に愛をワールドメイト」3つのスローガン】

「宗教団体としての、弱者救済の立場に立った、慈悲慈愛の実行」

「人道的見地に立った、会員や社会への対応」

「社会良識に基づく誠実な対応」

「世界中に愛をワールドメイト」では、この3つのスローガンを、組織運営の根幹に置いています。

そして、社会的な宗教勢力や、組織拡大を第一主義とせず、神心を第一とした、高い宗教性の質を追及しています。また、狭い宗教の枠を越え、多面的な公共福祉に役立つ活動を、設立当初より貫いています。さらに、会員の入退会は自由で、民主的で、明るい開放的なあり方を貫いています。

(以上、引用終わり)

まさに、ワールドメイトは、上記のポリシーやスローガン通りの、運営方針であると思います。教祖である深見東州先生の温かいお人柄も感じられる内容でもあります。私達会員は、そうした、ポリシーやスローガンに賛同し、社会に貢献したいと思っているので、続けているのです。

たしかに、17年前に、ワールドメイトが別派騒動で傷を受けたときのことを、社会的にいったら問題だと言う人がいるかもしれません。しかし、そういう見方をしたとしても、絶えず改善し続けているという姿勢が立派だと思います。

また、当初から、深見先生や、ワールドメイトは上記のような運営方針を、明文化していなくても実践されていたのは確かです。ただし、紀藤正樹弁護士の指摘を受け、誤解されることのないように、きっちり明文化して、わかりやすく公開したということだと思います。

創価学会や池田大作博を賞賛される、自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さんは、紀藤正樹弁護士に心酔しておられるようですが、紀藤先生の指摘を運営に活かし、改善を続けている団体であるという事実をご存じないのでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中