日別アーカイブ: 2010年4月18日

ワールドメイト元会員ブログで、社会的弱者をいたぶり、いじめるが如き記述をする真意はいかに?


ワールドメイト元・会員ブログにて、自称元会員コト馬コトゆきちゃんが、ワールドメイトの一般会員のブログを掲載し、酷評し続けています。なぜ、ワールドメイトという宗教に助けを求めて来た社会的弱者をいたぶり、いじめるが如き記述を続けておられるのでしょうか?

(ワールドメイト元・会員ブログより)

自分のセイヨクを満たすために自分の好みの容姿の相手と結婚がしたくてたまらない。好み以外は耐えられない。そしてその結婚相手は自分の都合のよ いように動くべき。まずは「病気」の自分を食わせるためにきっちり働きしっかり稼げ。ゆきたいところに連れてゆけ。したいことに付き合え、あるいは邪魔を するな。
毎日毎日、ほぼ同じ年の同じヒキニートの同じWM会員の二人は、日立と鈴鹿の地から、同じことを唱えています。どちらも実は彼女も彼もいません。 誰ともと交際などしてはいません。

2010/04/17(土) 23:33:20 |元・会員 #-

自称元会員コト馬コトゆきちゃんは、躁鬱的傾向がある会員のブログを日々、自身のブログで晒し続けては、ブログの主旨を勝手に推測し、酷評を続けておられるのです。

世界中に愛をワールドメイトは、弱者救済の宗教ですから、どのような方でも、救済を求めてこられた方は救おうとされるのは当然であると思います。そのために、神業保証人制度もあり、精神的な病気でお悩みの方には、ご本人だけでなくサポートされる方とともに、御神業ができるように配慮があるのです。

弱者救済のワールドメイトとは対称的な、弱い者いじめとしか言えない酷評を続ける、自称元会員コト馬ことゆきちゃんの真意はいったいなんなのでしょうか?

そして、創価学会や池田大作博士を賞賛し続けている点を指摘したとたん、創価学会の「そ」の字も言わず、ただし、創価学会や池田大作への中傷もせずに沈黙しているのは、なぜなのでしょうか?

広告