ワールドメイト自称元会員コト馬コトゆきちゃんは、勘違い自信家であるようです

ワールドメイトの自称元会員コト馬ことゆきちゃんなる人物が、ワールドメイト元・会員ブログというブログにて、世界中に愛をワールドメイトに対する無知さを発信しているご様子です。

この自称元会員コト馬コトゆきちゃんは、かなりの自信家であり、勘違いが甚だしいようです。

馬さんや、すすだらけ、本物の一般人、シディアス卿らは、実際には、ワールドメイトについてたいした知識もなく、知識を得ようと努力した様子もないのに、奇妙なことに、ワールドメイトのことなら何から何まで知り尽くしているという絶対的な自信だけは、常に揺るぎなく持っているようなのです。「もちろんWMの正体を知り」などとおっしゃっていますが、知っているのは幹部若干名の自宅住所と幹部マイホーム見学ツアーで見た外観くらいのものでしょう。株をもっていない可能性が大きいスタッフなのに持っていると決めつけていましたし、神事会場に深見先生がおられたのにいないと決めつけてきた足跡は、とうてい忘れることはできません。「巨額な金を払い続けて在籍」したなどと、次々嘘を発信して、恥ずかしくないのでしょうか。馬さんは、在籍中たいして神事を申し込んでいないそうですね。熱心な人という印象はありませんでしたよ。「地道に努力していたらいつか誰かは認めてくれると思いますし、異性もきっと誰かが見ていてくれるでしょう。」という言葉通り、ワールドメイトで、ワールドメイト会員の旦那さんをgetして幸せになられたのを、なぜ認めないのでしょうか。「ワールドメイトで地道に努力した証だー!」と喜んでおられましたよね。

また、「何百の歯が浮くような心の伴わない褒め言葉しか支部で聞いたことがないと言っていますが、これだけ、罪のないワールドメイト会員や、なかでも精神的弱者を言葉でいたぶり、快感を感じるご性質でしたら、誰も、本音で接することができなかったとしても、無理はないでしょう。人の信用を得られる」難しさを痛感されたようですが、人望がなく、支部長さんになれなかったのも、そのあたりに理由がありそうです。馬さんには「承認願望」があるそうですが、すべては、大好きな深見東州先生にお近づきになりたかったし認めた欲しかったから、されていたことのようですね。

たしかに、深見東州先生のご予定や、ワールドメイトのスケジュールなどに関しては、ワールドメイト会員よりも調べ上げているかもしれません。馬さんは、自他ともに認める深見先生の熱烈強烈な追っかけであるそうですから。しかし、ワールドメイトの教えはひとつも理解されておらず、深見先生のご人格もお考えもなにもかにも、全く理解されていないのです。

要するに、ワールドメイトの教えや御神業などは、深く知らずとも完全に理解できる程度の浅いものであると見くびりきっているのかもしれません。自らの知識や感覚こそが至上最高のものであり、自分の無神論的思想を、ワールドメイト会員に植え付けることこそが、自分に課せられた使命であると、信仰心に近い確信を抱いているのでしょうか。馬さんの思想は、全体主義や共産思想など危険な思い込みにも通じるものがありそうです。

ただし一方で、創価学会や池田大作博士を賞賛する姿勢が顕著なのは注目に値します。ひょっとしたら、無神論者を装っているのはうわべだけで、なんらかの意図や思惑があるのかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中